2月14日

不遜で異物でメチャクチャな忌野清志郎、こんな大人がいるのか! 

30
0
 
 この日何の日? 
忌野清志郎+坂本龍一のシングル「い・け・な・いルージュマジック」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
ジーンズ履かない!ヘアカット100にすりこまれた親不孝なファッション教義

もはやAORではない、ポール・デイヴィスと振り返る絶頂期のアメリカ

小田和正が見せた涙。言葉にできない ~ 前篇

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 パレットキャットとルージュマジック

電話好きっ子 ラジオっ娘 男の子にはナイショなの 💕

気分はテカテカロックンローラー、横浜銀蝿は地元の先輩だった!

もっとみる≫







「い・け・な・いルージュマジック」をテレビで観た時、僕にとって忌野清志郎は文字通り「異物」だった。1982年3月、僕は小学校を卒業するかしないかのほんの12歳の少年で、まだ知らないことが多すぎた。

坂本龍一のことは知っていたし、YMO は好きだったから、ポップなこのレコードも嫌いじゃなかった。ラジオでもよく流れていたし、他の歌謡曲と同じように、よく友達と一緒に口ずさんだりしていた。

僕が異物感をもったのは、彼らが『ザ・ベストテン』に出演した時だった。普通テレビに出る人達はみんな礼儀正しくて、気の利いた会話とおもしろい冗談のひとつでも言えれば好感度が上がる。そういうものだと思っていた。でも、回転扉から登場した清志郎は、最初からどこか違っていた。あまりしゃべらず、顔は笑っていても、全然協力的には見えなかった。

そして、曲が始まると、その歌い方やパフォーマンスは独特で、少し気持ち悪かった。バックにはプロモーションビデオが流れ、派手な化粧をしたふたりが札束をばらまいたり、夜の町を走り抜けたり、挙げ句は長いキスをしたりと、一体これをどう受け止めたらいいのか、僕にはわからなかった。翌日の学校では、清志郎と坂本龍一のキスシーンが当たり前のように話題になった。何人かは「かっこいい」と言っていたが、僕も含めた多くは「なんだか馬鹿みたいだ」と思っていた。

本当の衝撃がやってきたのは、翌週か翌々週だったか、『ザ・トップテン』に出演した時だった。この番組は観客を集めた公開放送ということもあり、清志郎は『ザ・ベストテン』の時とは比較にならないほど生き生きとしていた。

とにかく「不遜」なのだ。

司会者と坂本龍一が話しているのに、鼻にティッシュを詰めて飛ばしたり、「好きです。結婚してください」と意味不明なことを言ったりする。その態度はふざけているというか、小馬鹿にしているというか、「テレビでこんなことをしていいのだろうか」と、小学生の僕は思ったものだった。

そして、演奏が始まると、これがもう輪をかけてメチャクチャなのだ。フロアをごろごろと転げ回り、ほふく前進をしながら卑猥に腰を動かし、坂本龍一の顔をチロチロと舐める。

途中で服を脱ぎ捨て、自由奔放に歌い踊る清志郎を、僕は呆気にとられながら観ていた。「こんなことをして後で怒られないのだろうか?」と、やはり心配になったのだった。

ただ、ひとつ違っていたのは、これを「かっこいい」と思ったことだ。そして、それがすべてだった。とにかく画面から目を離すことができなかった。あの声が胸に響いて、少し怖かったのを覚えている。それはタブーの扉をひとつ開けた瞬間だったのかもしれない。

あんなに自由に振る舞う大人を観たのは、清志郎が初めてだった。大人というのは、いつもちゃんとしていて、分別があって、子供に「おとなしくしてろ」と注意する人達のことだと思っていた。でも、そうじゃない大人もいることを知った。それは胸がときめくほどに、かっこいいことだった。

中学生になると、いつしか僕も自由に憧れ、そのための生き方を探すようになった。もちろん清志郎みたいにはなれないし、今もなかなか難しいのだけど、僕なりのやり方で僕なりにやってきた。きっとこれからもそうしていくのだと思う。

そして、たまにあの時の清志郎の姿を思い出し、勇気をもらうのだろう。

2019.02.13
30
  Apple Music


  YouTube / The Great RC Succession Ⅲ
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
67
1
9
8
1
大事なことはだいたい坂本龍一の「サウンドストリート」に教えてもらった
カタリベ / かいなってぃー
82
1
9
8
2
ヘンタイよいこ白昼堂々秘密の大集会、ラストを飾ったルージュマジック!
カタリベ / 佐々木 美夏
75
1
9
8
0
YMO の必然と黄金の6年間、変わっていく時代と新しい音楽のカタチ
カタリベ / 指南役
22
1
9
8
3
YMOの音楽講座、NHKで行われた伝説のジャムセッション
カタリベ / 鎌倉屋 武士
34
1
9
7
9
結成♪小さな秘密結社「YMOクラブ」黄色魔術楽団の謎を探れ!
カタリベ / 阿野仁マスヲ
75
1
9
8
0
妄想探偵の追跡捜査、YMOの「ビハインド・ザ・マスク」を追いかけろ!
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー