6月25日

寺尾聰の大人のつぶやき「ルビーの指環」~ 僕が歌謡曲に夢中だった頃

68
0
 
 この日何の日? 
寺尾聰の「ルビーの指環」がザ・ベストテンで12週連続1位になった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1981年のコラム 
ベタでもいい!佐野元春「サムデイ」は私にとってかけがえのない名曲

西城秀樹の新境地「セクシー・ガール」ソングライティングは横浜銀蝿

日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その2)

ディスコ・メドレーになったビートルズ、ビックリ仰天、ショッキング!

石毛礼子の旅の手帖、美しく可憐な歌声と清里あたりの初夏の景色

夏の切ない湘南ソング「ホテル・パシフィック」と ブレッド&バター

もっとみる≫




僕が歌謡曲を熱心に聴いていた期間は短い。小学5年生の途中から小学6年生の終わりまでの2年弱だろうか。もんた&ブラザーズの「ダンシング・オールナイト」にそれまで経験したことのない感動を覚えて以来、僕の興味の中心は釣りや漫画から音楽へとシフトしていた。そしてその翌年、体感的には「ダンシング・オールナイト」を上回る大ヒット曲と巡り会うことになる。それが寺尾聰の「ルビーの指環」だった。

最初に聴いたのはラジオで、ディスクジョッキーが曲をかける前に「今年は寺尾聰の大人のつぶやき歌が流行りそうです」と言った。哀愁を帯びたメロディーと口ずさむような歌い方は、確かに大人のつぶやき歌と呼ぶにふさわしく、いい曲だなと思った。けれど、そのときはまだ特別ではなかった。

数日後、友達のひとりがこの曲をしきりに誉めるので、なんとなく気になっていたら、ちょうどラジオから「ルビーの指環」が流れてきた。今度は背中がぞくぞくし、肩がぶるっと震えた。それは「ダンシング・オールナイト」のときとはまた違う深みのある感動だった。曲は僕のまだ知らない大人の世界のことを歌っていたが、実際にあった話を聞いているようなリアリティがあった。

その頃から「ルビーの指環」はラジオで頻繁にオンエアされるようになり、僕らの間でも「寺尾聰って何者だ?」という話がよく出るようになった。元々はグループサウンズのバンドにいたが、今は役者で、ドラマに刑事役で出演しているという。ニヒルな刑事役の男と「ルビーの指環」のイメージがきれいに重なった気がした。

そんな僕らが寺尾聰の姿を初めて見たのは、「ルビーの指環」が『ザ・ベストテン』にチャートインしたときだった。回転扉から出て来た寺尾聰は、痩せていて、サングラスをかけ、はにかむように笑い、小さな声で穏やかに話した。それはまさしく僕の想像していた通りの男だった。

放送の翌日は、確か学校の終業式だった。小学5年生が終わり、明日からは春休み。そんなどこかふわふわした空気の中で、僕は友達と寺尾聰の話をした。「いい曲だったよな」、「絶対1位になるよね」、そんなことを興奮気味に話しながら、廊下を歩いて体育館へ向かったのを覚えている。

3週間後、僕らは小学6年生になり、始業式で再び集まった。その頃にはもう「ルビーの指環」は1位を独走し始めていた。「やっぱり1位になったね」、「本当にいい曲だよな」、新しい年度が始まろうとしていた春のうららかな陽射しの中、友達とそんなことを話しながら、靴を履き替えて校庭に出たことを覚えている。

それからのことはご存知の通り。「ルビーの指環」は12週連続1位という『ザ・ベストテン』史上最長記録を樹立。年間ランキングでも1位を獲得し、レコード大賞も受賞した。また、この曲を収録したアルバム『Reflections』は、当時のアルバム売上枚数の最高記録を更新。まさに記録尽くめの1年間だったと言える。

「ルビーの指環」が1位を続けていた数ヶ月間は、僕がもっとも歌謡曲に夢中になっていた時期と重なる。田原俊彦や近藤真彦や松田聖子が2位を何週も続けた後に陥落していくのは、子供心に痛快だった。

また、この曲より先にリリースされていた2枚のシングル「SHADOW CITY」と「出航 SASURAI」も、寺尾人気に引っぱられる形でヒット。3曲が同時に『ザ・ベストテン』にランクインしたときは本当に興奮した。そして、「ルビーの指環」がずっと1位でいてほしくて、僕は毎週のようにリクエストハガキを送り続けたのだった。

だから、この曲の12週連続1位には、僕も多少は貢献したことになる。それもまた楽しい想い出だ。

2018.04.23
68
  AppleMusic
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
39
1
9
8
1
寺尾聰「ルビーの指環」聴き手の際限なき想像に耐える松本隆の歌詞強度!
カタリベ / 郷ルネ
27
1
9
8
4
昭和を彩った80年代男性ヴォーカル “泣ける失恋ソング” ランキング
カタリベ / 広瀬いくと
68
1
9
8
0
黄金の6年間:中島みゆき「ひとり上手」フォークからポップミュージックへ
カタリベ / 指南役
239
1
9
8
6
河合奈保子「涙のハリウッド」あえてキラキラポップスに挑んだ隠れた名曲
カタリベ / 臼井 孝
51
1
9
8
2
EPICソニー名曲列伝:渡辺徹「約束」歴史的必然だったシティポップ歌謡の誕生
カタリベ / スージー鈴木
258
1
9
8
5
早見優「PASSION」アイドルポップスとロックのバランスが絶妙!
カタリベ / 臼井 孝