3月19日

悲劇の死から40年 “ランディ・ローズの80年代” はわずか2年と109日

106
1
 
 この日何の日? 
ランディ・ローズが軽飛行機の墜落事故で亡くなった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
英国シンセポップデュオ “ヤズー” が生み出した天使の涙「オンリー・ユー」

イエスからエイジアへ ② アルバムアートの巨匠、ロジャー・ディーンの世界

哀悼ジョン・ウェットン:エイジアに学んだ、好きなものは好きと言う勇気

ランディ・ローズはまだ生きている!走り続けるクレイジー・トレイン

山下達郎のあまく危険な香りは茶の間をアーバンでアダルトな世界に誘う

ランディ・ローズ、夭折のヒーローはイケメン天才ギタリスト!

もっとみる≫




3月19日はランディ・ローズの命日


ここ数年、ヘヴィメタル / ハードロック(以下、HM/HR)シーンでは、多くのアーティストが立て続けに惜しまれながらこの世を去った。そうした機会が急増するにつれて、それぞれの命日まで記憶するのが大変になってしまった。

しかし、“3月19日” だけは特別だ。数多くのHM/HRファンが「ランディ・ローズの命日」として、しっかり記憶しているのではないだろうか。

僕がロックを聴き始めて以来、アーティストの死として初めて記憶しているのが、レッド・ツェッペリンのジョン・ボーナムだ。新聞の片隅に載った記事を見て、子供心に屈強なアーティスト達も不死身ではないことを悟った。そして、ランディ・ローズの死により、僕は大好きなアーティストとの突然の別れを、初めて経験することになった。

ランディの名を広めたオジー・オズボーンのアルバム「ブリザード・オブ・オズ」


ランディを世に広く知らしめたオジー・オズボーン初のソロ作『ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説』を初めて聴いたのは、NHK-FMの番組だったと思う。リリースタイミングで組まれた特集でオンエアされた数曲を聴いて、オジーの特異なヴォーカルよりもむしろ、ランディのギターに衝撃を受ける。それは当時使っていたオンボロのラジカセからでも、明確に突き抜けてくるギタートーンで、初めてエディ・ヴァン・ヘイレンを聴いた時の感覚に近かった。

「ミスター・クロウリー<死の番人>」のソロに代表される “もの哀しさ” を湛えた美旋律は、どこかマイケル・シェンカーを想起させた。ランディの初印象は、自分が大好きな2人のギタリストのいいとこ取りだったのだ。しかし、当時の情報源だった『ミュージックライフ』誌のアルバムレビューは決して良くなく、ランディのプレイも粗削りで未完成だったので、のちに名盤として語られるとは想像もつかなかった。

それでもこのアルバムをきっかけに多くのHM/HRファン同様、僕もランディ・ローズに夢中になり、聴くだけでなくギターフレーズのコピーにも励むことになった。

そして、間髪を入れずに翌年発売されたオジーのソロ第2弾『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』でさらに驚かされる。アルバム自体のクオリティの高さもさることながら、ランディのギタープレイが短期間で格段に向上していたのだ。よりクラシカルな旋律をミックスした独自のスタイルは早くも完成に近づいているように感じた。

今もHM/HRファンの心を惹きつけるランディ・ローズ


そんなランディの突然の死を知ったのは、確かこれもNHK-FMの音楽番組を通じてだったと思う。その第一報を聴いても信じられないというか実感がわかず、それから暫く経過して音楽雑誌の記事を読んで、それが現実であることを受け止めた。

その後、オジーの次作を聴いた時にも、ジェイク・E・リーには申し訳ないが、ランディを失った事の大きさを改めて感じることになる。ランディが1982年にこの世を去って随分長い歳月が経過したが、今もなお彼は多くのHM/HRファンの心を惹きつけてやまない。

それは、25歳というあまりにも短すぎた生涯、突然の飛行機事故という悲劇、クラシカルな要素をHM/HRのジャンルに取り入れた革新的なギタープレイ、天使のような金髪の愛らしいルックスと物静かな佇まい、残された映像や音源の少なさなど、様々な要因が重なった稀有なギタリストだからであろう。僕たちは永遠の “ランディロス” の中にいる。

オジーとの最後のツアー中には、バンドを脱退して音楽学校でクラシックギターを勉強し直したいと周囲に打ち明けていたというだけに、ランディが生きていても、ロックギタリストとして今も活躍していたかはわからない。それでも、もし80年代のHM/HRムーブメントの中で活動を続けたならば、史上に残る素晴らしい作品を数多く残してくれたに違いない。

今年の命日も、ランディのベストプレイのひとつだと思う「S.A.T.O」~「ダイアリー・オブ・ア・マッドマン」のメドレーを聴いて、彼の残した偉大な軌跡に改めて浸りたい。


※2018年3月19日、2019年3月19日に掲載された記事をアップデート

▶ ランディ・ローズのコラム一覧はこちら!



2022.03.19
106
  YouTube / Ozzy Osbourne


  Songlink


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
中塚一晶
コラムリスト≫
86
1
9
8
2
何から何まで天下一品!ゲイリー・ムーアの大出世アルバム「大いなる野望」
カタリベ / 藤澤 一雅
24
1
9
8
6
ポップでキャッチーな LAメタル「ポイズン」今風にいえばチャラメタ?
カタリベ / 飛影
13
1
9
8
7
ゼン・ジェリコは徒花じゃない!時代の狭間に響くストレートなバンドサウンド
カタリベ / 岡田 浩史
25
1
9
8
5
ディープ・パープル再結成!武道館に「ハイウェイ・スター」が鳴り響く
カタリベ / 宮井 章裕
34
1
9
8
1
アイアン・メイデン不動のリーダー、スティーヴ・ハリスの先見の明
カタリベ / 中塚 一晶
4
1
9
8
6
アイドルはジョン・ボン・ジョヴィ! — 禁じられた愛とガールズトーク
カタリベ / clake