4月

地味ながらセンス抜群、天才テリー・ホールの魅力「カラーフィールド」篇

9
0
 
 この日何の日? 
カラー・フィールドのアルバム「ヴァージンズ・アンド・フィリスタインズ」が全英でリリースされた時期
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
リック・スプリングフィールド、煙草とソーダ水と美形の先輩 

ティル・チューズデイ、ネコっぽいルックスのエイミー・マンに恋してた♡

吉川晃司と上條淳士。錆びないアーティストたちの、鍛え続ける日々

聴き惚れたホルンの音色、ストロベリー・スウィッチブレイド礼賛

長州力のパワーホール、革命に酔い、心がざわめく圧倒的インパクト!

夏はネオアコ!地味な夫婦デュオ「EBTG」がつくるちょうどいい清涼感

もっとみる≫



photo:AllMusic  

あるアーティストを好きになって追いかけていくと、そのアーティストの音楽性の広さに引きずられて自分の音楽の趣味まで広がるということってありますよね。

例えばポール・ウェラ-なんか好きになってしまうと、ザ・ジャムでパンクにはまり、スタイル・カウンシルでUKソウル~ハウス、ソロで正統派UKロックが好きになるというパターン。アーティスト本人の音楽性は実は一貫性があったりするのですが、小さいときからロック、ソウル、ジャズなどを聴き込んだりしてないと、そのセンスたるもんはなかなか発揮できません。

私の場合は、スペシャルズで活躍したテリー・ホールから色々学びました。順番がメチャクチャなんですが、まず好きになったのがカラー・フィールド。彼がスペシャルズを脱退し、ファン・ボーイ・スリーというトリオを結成したあとのグループです。アコースティックでポップで爽やかなメロディーを醸す素晴らしい作品を残しました(当時はネオアコと言われてました)。特にファースト・アルバム「ヴァージンズ&フィリスタインズ」は美メロ泣きメロ楽曲満載の名盤です。

この人の特徴としてオリジナル楽曲が素晴らしいんですが、その元ネタだろうと思える楽曲もわざわざカヴァーしたりする変わったところがあります。でもやっぱりそのカヴァー・センスはさすが。カラー・フィールドでは、ミシェル・ルグランの「風のささやき(映画「華麗なる賭け」より)」、スライ&ファミリー・ストーンの「ランニング・アウェイ」、モンキーズの「She」。当時、元ネタを聴いたことがなかったのでやっぱり掘りたくなりました。

カラー・フィールドの後結成したテリー、ブレアー&アヌーシュカではキャプテン&テニールの「ラヴ・ウィル・キープ・アス・トゥゲザー」、ユーリズミックスのデイヴ・スチュワートと組んだヴェガスではコステロのカヴァーでもお馴染みシャルル・アズナブールの「She」とカヴァー楽曲がアルバムの中でも光ってしまいます。ロック中心に聴いてきたせいか、70年代くらいの洋楽ポップスあたりがちょっと疎かったりしたので大変勉強になりました。(続く)

2016.06.15
9
  YouTube / TralfamadorianRed


  YouTube / Blair Booth
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
41
1
9
8
9
新入社員の僕が背中を押されたポールの「フィギュア・オブ・エイト」
カタリベ / 宮木 宣嗣
36
1
9
8
2
輸入盤のドラッギーな魅力!真空パックを破ると漂う…あの匂い
カタリベ / ソウマ マナブ
47
1
9
8
3
オリーブ少女の憧れ。ニック・ヘイワードこそ理想のボーイフレンド!
カタリベ / 平マリアンヌ
23
1
9
8
5
すべてがそこに詰まっていた。一生モノのレコード ZELDA「空色帽子の日」
カタリベ / ソウマ マナブ
58
1
9
8
8
パティ・スミスの「People Have the Power」音楽が政治的で何が悪い
カタリベ / 浅井 克俊
44
1
9
8
3
僕らの世代にとってデヴィッド・ボウイは最初からスーパースターだった
カタリベ / 宮井 章裕