9月15日

80年代洋楽の潮流、ジェリービーンといえば 12インチのリミックス!

12
0
 
 この日何の日? 
ジェリービーンのシングル「ザ・メキシカン」が、ビルボード・ダンス・クラブ・ソングチャートで1位を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
アーバンサウンドにウィスパーボイス!菊池桃子は唯一無二のアイドル・シティポップ

80年代のミックスメディア、君は「カセットブック」を知っているか?

奇跡の年【1984】第1回 MTV アワードを揺るがせたマドンナの媚態

アートスクール出身の歌姫、シャーデー・アデュとコリーン・ドリューリー

KONTAと杏子のWボーカル、バービーボーイズのスリリングな駆け引きロック

銀色夏生が紡ぐ言葉の魅力、孤独の意味とせつなさの理由は?

もっとみる≫




カナダで人気を博したイギリスのバンド “ベーブ・ルース”


80年代、僕が中学~高校生の頃、ディスコといえば “流行の曲がかかって踊るところ” というイメージがありました。そんな大人の遊びなどするはずもできるはずもなく、それに元来流行に疎い僕は、夜な夜なDJなる人々がかける音楽にはとんと通じていませんでした。

ところで、このコロナ禍でも職業柄自粛生活も実現せず、落ち着いて音楽を聴く余裕を持てるでもなく、鬱々と過ごしていた或る日のこと、どこでだったか70年代にカナダで人気を博したというイギリスのバンド、ベーブ・ルースの「ザ・メキシカン」に、ガァーッ! と心を鷲掴みにされてしまいました。

最大のヒットは「ザ・メキシカン」夕陽のガンマンのテーマがモチーフ


まさに奇遇… あるいは奇妙な偶然でしょうか、ファーストアルバムを買おうか迷っていたその2、3日の間に、福山にある知り合いの中古レコード屋さんが『ファースト・ベース』(1973年発売)の写真をアップロードしたのです。「これは運命の出会いだ!」と即決し、翌々日にはレコードに針を落とすことができました。有難や、ネット生活。

「ザ・メキシカン」は彼らの最大のヒットだったそうで、先日亡くなったばかりのエンニオ・モリコーネが作曲した、映画『夕陽のガンマン』のテーマ曲を下敷きにした佳作です。アルバム『ファースト・ベース』のジャケットのデザインはイエスやエイジアで知られ、本サイトでもおなじみのロジャー・ディーン。かなりキッチュでキモカワ系。ウケますが、謎な感じです。蛇足ながらセカンドアルバムの担当はヒプノシス。

肝心の音は、少し前に集中して聞いていたキング・クリムゾンに続く世代のハードロック+プログレのメロディアスな佳作揃い。音からジャケから色々ズルズル出てきて楽しめました。

ディスコシーンで大ヒット、ジェリービーンのリミックス!


さらに、なんとなしにネットで情報をザッピング(…っていうんですかね)。すると、1984年にジェリービーンという人が、わざわざ本家本元のボーカルであるジェニー・ハーンを起用して、「ザ・メキシカン」のリミックス・ヴァージョンを作り、ディスコ・シーンで大ヒットしたそうです。ほぅほう、なるほど。

それで、ジェリービーンさんとはどんな人なのかと見ていたら、80年代には超のつくほど売れっ子のDJ兼リミキサーでした。知らないと恥ずかしいくらいの “超” っぷり。本サイト Re:minder で検索をかけたらマドンナの「マテリアル・ガール」(1984年)とダリル・ホール&ジョン・オーツの「セイ・イット・イズント・ソー」(1983年)のロング・ヴァージョンで名が出てきます。ほうほぅ。

ちょうど洋楽にハマり始めた頃のおなじみの曲ばかりなので、どれどれと調べ始めたら、このジェリービーンこと、ジョン “ジェリービーン” ベニテスさん、まさに時代の寵児だったんですね。ものすごいラインナップが出てきました。ウィキペディアの日本語版にはこの人物の記載がありませんが、英語版(https://en.wikipedia.org/wiki/John_Benitez)には彼が手がけた数々のリミックスが網羅されています。是非ご一瞥を。

ジェリービーンといえば12インチ、12インチといえばジェリービーン


代表的なところだと、マドンナのセカンドシングル「バーニング・アップ」(1983年)のリミックスを担当。ついでに恋人も担当。その他にも…

■ ライク・ア・ヴァージン / マドンナ(1984年)
■ マテリアル・ガール / マドンナ(1984年)
■ ブルー・ジーン / デヴィッド・ボウイ(1984年)
■ セイ・セイ・セイ / ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン(1983年)
■ アイズ(Eyes Without A Face) / ビリー・アイドル(1984年)
■ パワー・オブ・ラヴ / ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース(1985年)
■ セット・ゼム・フリー(If You Love Somebody Set Them Free) / スティング(1985年)
■ ヒーロー(Holding Out for a Hero) / ボニー・タイラー(1986年)

…と、出るわ出るわ、聞き覚えがあるどころか、当時のヒットチャートそのもので、その全てのリミックス… つまり12インチヴァージョンはジェリービーンさんが手がけています。これは驚愕の事実!

オリジナル・シングルの別ヴァージョンとしての12インチを商業主義の産物のように思い込んでいましたし、そもそも僕はディスコとかダンスとかブレイク・ビーツとかハウスとかにも関心ないし。リミックスといったってどうせ二番煎じで、売れた曲いじって踊りやすく長くして、それでファン心理につけ込んで12インチで売るんでしょ!みたいな。それでリミックスや、流行りのそれをかけるDJはだいぶ縁遠い存在でした。ほらっ、僕、健全だったし。

リミックス、これぞ80年代洋楽の楽しみ方!


それなのに。80年代の3大リミキサーのひとり、ジェリービーンさん(他2人はアーサー・ベイカーとシェップ・ペティボーンだそうです)を通してみると、80年代洋楽は創作 / ヒットチャート / MVばかりでなく、ミックス / リミックス / 独自のチャートという、これまた別の流れもあるんですね。これまでの素朴な視聴経験とはぜんぜん違う、かつての大人の世界。そんなかつての大人の年齢を遥かにすぎた今さらながらに、少し興奮してます。

2020.08.30
12
  Apple Music


  YouTube / morxis80s
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
ジャン・タリメー
コラムリスト≫
23
1
9
8
2
憧れの12インチシングル、ジギー・スターダストをカヴァーしたバウハウス
カタリベ / ソウマ マナブ
66
1
9
8
4
ナイル・ロジャース、マドンナをプロデュースしたシックという劇薬
カタリベ / 中川 肇
14
1
9
8
3
プログレメタル「クイーンズライク」の原点は4曲入りのミニアルバム
カタリベ / KazーK
43
1
9
8
5
ポリス活動停止、ソロになったスティングの「ブリング・オン・ザ・ナイト」
カタリベ / 中川 肇
22
1
9
8
8
人種の坩堝で昇華されたスティングの魅力「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」
カタリベ / まさこすもす
12
1
9
8
8
愛に溢れたスティングの声、この世の脆さや危うさを母のように訴える
カタリベ / ろーず真理