12月8日

80年代のジャクソン5、ニュー・エディションが放った甘酸っぱいヒット曲

17
0
 
 この日何の日? 
ニュー・エディションのシングル「ミスター・テレフォン・マン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
ハイスピードで突っ走る17才!堀ちえみ「Strawberry Heart」は 80's 洋楽の香り

1984年の快進撃「もっと!チェッカーズ」アイドルグループとロックバンドの両立

1984年のチェッカーズ旋風、大人になっても心は「Jukebox センチメンタル」

追悼:レナード・コーエン ② ~ 永遠の名曲「ハレルヤ」

ワム!「ラスト・クリスマス」を名曲にした9th(ナインス)の魔法

復活!80年代に公開された “ゴジラ映画” はたった2作だけだったけれど…

もっとみる≫




15才前後の数年間、ビルボードのヒットチャートを毎週ノートにつけていたことがある。今となっては隔世の感もあるが、お気に入りの曲のチャートアクションに一喜一憂しながら、最新のヒット曲を聴くのは楽しかった。

「ミスター・テレフォン・マン」もそうした中で知った曲のひとつだ。甘酸っぱいイントロを聴いただけで好きになった。メロディーも秀逸で、自分がこういうメロウなソウルナンバーに惹かれやすいと気づいたのも、この頃だったように思う。

ニュー・エディションは黒人男性5人のコーラスグループで、メンバーは僕とほぼ同年代。全員が10代半ばだった。ミュージックビデオの冒頭で5人が横一列に並んで街を歩くシーンなどは、そのまま自分たちの姿と重なった。15歳や16歳の少年なんて、アメリカでも日本でも似たようなものだ。それは今も変わらないのかもしれない。

この曲のオリジナルはジュニア・タッカーというジャマイカのR&Bシンガーで(彼もまた10代半ばだった)、作詞作曲とプロデュースはレイ・パーカーJr.。1983年発表のファーストアルバムに収録されている。ニュー・エディションはそのわずか1年後にカヴァーしたことになる。

ただ、ニュー・エディションのヴァージョンもプロデューサーはレイ・パーカーJr.なので、おそらく彼がまだ子供だったメンバーに自分の曲を歌わせたのだろう。そう思うと傲慢な気がしないでもないが、この曲に関して言えば、レイ・パーカーJr.のしたことは正しかった… ということになる。

ジュニア・タッカーのメロウなオリジナルヴァージョンも素敵だが、それに対してニュー・エディションは、メンバーが交代で各パートを歌い継いでいくスタイルをとっている。これがグループの個性にぴったりとはまった。

「ミスター・テレフォン・マン」には、ジャクソン5をはじめとするR&B系キッズグループの伝統がしっかりと息づいている。はつらつとした歌声を聴いていると、まだ何も失われていない無垢で未整理な魂が、互いに背伸びをしながら、生き生きと輝いているのがわかるのだ。

歌の内容は、好きな女の子に電話をかけるとなぜか回線が途切れてしまう。なんとかしてくれよ… といった他愛のないもの。少年にとっては一大事だが、大人からみれば微笑ましい。つまり、これは10代のための歌なのだろう。

高校生だった頃、ひとりで下校中にヘッドフォンから「ミスター・テレフォン・マン」が流れてくると、よく一緒に口ずさんだ。すると、仲間と並んで歩いているような気分になれた。ちょうどミュージックビデオの冒頭のように。

今ではもうそんな気分にはならないし、もし電話回線が途中で切れたとしても、さほど気にしないだろう。でも、「ミスター・テレフォン・マン」は口ずさんでしまうかもしれない。

プツリと回線が切れた瞬間、スイッチがパチンと入って、あの人懐っこいメロディーが口をついて出て来そうな、そんな気がするのだ。

2017.07.28
17
  YouTube / NewEditionVEVO 


  YouTube / hideudong
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
46
1
9
8
8
なかなか売れないニューキッズ、これがホントのステップ・バイ・ステップ?
カタリベ / 喜久野 俊和
180
1
9
8
1
ジョン・ベルーシ、80年代に「監獄ロック」を連れてきてくれたソウルマン
カタリベ / 藤澤 一雅
22
1
9
8
5
音楽の美しい連鎖、スティーヴィー・ワンダーとホール&オーツ
カタリベ / 宮井 章裕
67
1
9
9
1
ホイットニー・ヒューストンの国歌斉唱、スーパーボウルに神が舞い降りた!
カタリベ / 中川 肇
11
2
0
2
0
不退転のロッカー THE MODS 森山達也、35年ぶりのソロアルバム「ROLLIN’ OVER」
カタリベ / 本田 隆
36
1
9
8
7
ライナーノートに導かれ 〜 EPOが仕掛けたソウルクラシックの宝探し
カタリベ / せトウチミドリ