5月23日

金子正次 幻の遺作「ちょうちん」陣内孝則とエヴァン・ルーリーの哀愁

34
3
 
 この日何の日? 
陣内孝則の主演映画「ちょうちん」が劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
ブルーハーツはいまも目の前。あきらめるなんて死ぬまでないから

サンバ歌謡の隠れた名曲!? おニャン子クラブの「かたつむりサンバ」

ブルーハーツの「終わらない歌」この曲は95%僕のことを歌っている!

誰あろう、森高千里。その最高傑作はデビュー曲「NEW SEASON」である

ビートルズの「サージェント・ペパーズ」が日本で完成したのは1987年!

モーリシャス、そしてエルメス、さらに中森明菜! 僕のバブル絶頂期!!

もっとみる≫







金子正次。

『竜二』で知られる脚本家、さらには主演まで務める夭逝の作家は、病院のベッドで『ちょうちん』という遺作を書き上げる。

『竜二』『チ・ン・ピ・ラ』『ちょうちん』を以って金子3部作と呼ばれているが、ジム・ジャームッシュやレオス・カラックス3部作と比べても全く引けをとらない仕上がりとなっていて、日本が世界に誇る事が出来る作品だ。

その大トリを飾る『ちょうちん』。僕はこの映画が一番好きだ。前二作も必見の作品である事に間違いはないが『ちょうちん』は幻の作品となっている事が神秘性を高めている。版権の関係なのか、近年その映像にお目にかかったことがない。主演は陣内孝則と石田えり。

石田えりのキャスティングに違和感はなかったが、ロッカーズのヴォ―カリストだった陣内に果たして主役の演技が出来るのか未知数であった。倉本聰脚本の『ライスカレー』というテレビドラマに抜擢され、しばらくしてこの映画の主役を張った。

このときの陣内の格好良さときたら30年経った今でも脳裏に焼き付いて離れない。夜でもレイバンのウェイファーラーをかけてリーゼントパーマ。

イタリア製、ジャンマルコベントゥーリの白いトレンチコートを羽織り、スーツは太縞模様の白✕グレーのストライプ。

派手な出で立ち。いくらバブル時代とはいえ、目立たないはずがない。キメ台詞はカタルシス満載。

「親や世間に逆らって、重ねた悪事もこれまでか。一に窃盗、二に詐欺で、三度の喧嘩にパクられて、検事判事のいる前で、一度は強情張ったけど、所詮叶わぬ現行犯。昼は厳しい監視の目、夜は冷たい鉄格子。瞼閉じればありありとエプロン姿のかわいい娘 」

ここで鳴り響くジョン・ルーリーの実弟で元ラウンジ・リザーズ、エヴァン・ルーリー書き下ろしのイントロ。アルゼンチンタンゴの哀愁が劇場に拡がる。

「いつまでもフラフラしてらんねぇだろう、ちょうちんみたいによぉ」

陣内演じる村田千秋という主人公自体が《ちょうちん》だったのだ。これに憧れない男がいるのだろうか? ここではない何処か。自分ではない誰かを模索する当時の自分の姿そのものではないか…

次の日、レイバンのウェイファーラーを買った。


追記、『ちょうちん』DVD化、切望します。

2017.09.05
34
  YouTube / wing8254


  YouTube / 為沢幹太
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
『竜二』は私の映画です! そして私のサングラスもウェイファーラー(夜でも絶対外さない)! そしてまさかのジョン・ルーリーつながり! 勉強になります。幻の一本を観られたなんて羨ましい! 東映はなかなかソフト化しないことで有名なので、この機会にぜひ!!
2017/09/05 22:00
0
返信
1969年生まれ
inassey
あと『獅子王たちの夏』っていう作品もあったかな⁈未完みたいな感じだったけど。『ちょうちん』は本当に格好良く2度観に行った。
ロッカーズも聴いてたし本当に陣内には憧れた。
2017/09/06 23:02
0
1969年生まれ
inassey
あと『獅子王たちの夏』っていう作品もあったかな⁈未完みたいな感じだったけど。『ちょうちん』は本当に格好良く2度観に行った。
ロッカーズも聴いてたし本当に陣内には憧れた。
2017/09/06 23:02
0
1970年生まれ
ジャン・タリメー
良い曲ですね.全然知りませんでした.
2017/09/05 08:11
0
返信
1969年生まれ
inassey
ありがとうございます。ジョンルーリーとはまた違う作風でグッときます。
2017/09/05 09:57
0
カタリベ
1969年生まれ
inassey
コラムリスト≫
29
1
9
8
3
やくざ映画のニューウェイブ「竜二」とショーケンの歌う「ララバイ」
カタリベ / 本田 隆
12
1
9
8
6
世良公則の「バカくさ」に惚れた!チンピラ映画としての「極道の妻たち」
カタリベ /  白石・しゅーげ
25
1
9
8
9
考えるな! 感じろ! 陣内孝則率いる「ザ・ロッカーズ」の本質
カタリベ / 本田 隆
26
1
9
8
7
陣内孝則の快進撃!ライスカレーからの「火の玉KISS」
カタリベ / inassey
27
1
9
8
1
80年代の奇才、ジム・ジャームッシュ「パーマネント・バケーション」
カタリベ /  白石・しゅーげ
64
1
9
8
5
エイティーズの象徴「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「パワー・オブ・ラヴ」
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー