4月4日
キャンディーズは解散することで新しい時代をスタートさせたんじゃないか
71
2
 
 この日何の日? 
キャンディーズの「ファイナルカーニバル」が後楽園球場で開催された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1978年のコラム 
パンクキッズが宇宙人に恋をした ー パーティで女の子に話しかけるには

見たいテレビがあるんです!東京12チャンネルの「ロックおもしロック」

中学時代はKISSが全て、あまりのカッコ良さに理屈抜きで吹っ飛ばされた!

伝説のファイナルカーニバル、キャンディーズ解散と私の社会人デビュー!

京浜急行を南下せよ!横須賀港にかもめが翔んだ日、真知子は清濁併せ呑む

伝説のひと、YAZAWAくんの語る山口百恵の「プレイバックPart2」

もっとみる≫

photo:SonyMusic  

すでに触れている方もいらっしゃるけれど、1978年4月4日に後楽園球場で行われたキャンディーズの解散コンサート『ファイナルカーニバル』は、僕自身にとってもとくに印象に残るイベントのひとつだった。

でも、なぜあのコンサートがそんなに印象に残っているのか、改めて考えてみた。

第一に、後楽園球場で行われたこと。

あの時代、後楽園球場でのライブと言えば、1971年7月17日に行なわれた伝説の “雨のグランドファンク” ライブのイメージだった。そもそも後楽園球場と言えばジャイアンツであり、コンサートなんかほとんど行われない場所だった。

そんな場所で、キャンディーズが解散コンサートをする。そのこと自体、場違いを越えた強烈なインパクトがあった。今からすれば、それは音楽シーンが大きく動いているな、という実感でもあったんだと思う。

そもそも、キャンディーズは “あっち側” に居たハズだった。それが、気づいたら “こっち側” に来ていた。そんな感じだった。“あっち側” “こっち側” と言っても今となってはピンとこないかもしれないけれど、当時の音楽好きな若い世代にはわりと一般的な感覚だったんじゃないかと思う。

簡単に言えば、フォークやロックなど、あのころ新しく台頭してきた音楽の流れにシンパシーを抱いていた僕にとって、マス市場を牛耳っていた既成の歌謡界は、感覚的にはあい入れないものだった。だから “あっち側” だった。

その感覚で言えば、渡辺プロダクションの申し子だったキャンディーズは完全に “あっち側” の存在だった。正直に言えば、“あっち側” だけど嫌いじゃない、という感じだった。

そんなキャンディーズに対するイメージがグラつき出した。77年3月に出たシングル「やさしい悪魔」は喜多条忠・作詞、吉田拓郎・作曲、同年9月に発表された「アン・ドゥ・トロワ」も同じ作家陣が曲を提供していた。

もともとGS出身の作曲家、穂口雄右が手がける軽快でポップな楽曲を数多く歌っていたキャンディーズに悪い印象はなかったけれど、この吉田拓郎のコラボレーションによって、僕はさらに彼女たちに目を向けるようになっていた。

そして、この吉田拓郎提供の2曲の間に起きたのが解散宣言だった。ステージ上で突然の発表。それはスタッフサイドの演出ではなく、彼女たちが周囲を押し切って発表したのだという話も伝わってきた。

あの解散宣言については「普通の女の子に戻りたい」だけがクローズアップされ過ぎているけれど、僕がなによりインパクトを感じたのは “あっち側” の子が、“大人たち” の思惑を超えて、自分たちの意思を貫いたということだった。

「解散」を巡ってはいろいろめんどうなことがあったハズだ。あの時点でのキャンディーズは、まだまだ商品価値も高かったのだから。しかし、それでも自分たちの意思を貫こうとする彼女たちを、ファンクラブの「全キャン連(全国キャンディーズ連盟)」がバックアップした。

彼らはキャンディーズの解散を支持する「宣言」を出し1978年4月4日の解散コンサートまでの彼女たちの活動を、事務所とは一線を引いた “有志” 的立場で盛り上げていった。

ファンクラブがタレントの解散を支持し、応援する。そんなムーブメントを起こした “あっち側” の歌手を僕は知らなかった。僕は、キャンディーズに対する好奇心を刺激されまくっていた。

ライターの仕事を始めたばかりだった僕は、幸運にも当時はサブカル雑誌だった『宝島』で彼女たちにインタビューをさせてもらった。解散コンサート直前というけっこうな騒ぎの渦中に居たハズの彼女たちが、気負いもなく素直に想いを言葉にしてくれたのを今でも覚えている。ともあれ、キャンディーズの解散は、芸能ニュースとなるだけでなく、サブカルシーンにも興味を抱かせるインパクトをもっていたのだ。

4月4日の後楽園球場には、歌謡ショーを観に行く時に感じるアウェイ感は無かった。逆に、僕にとって親しみのある野外ロックフェスに通じる空気感があった。これが最後のステージだという湿っぽさよりも、かけがえのない時間を一緒に作り上げていくんだというポジティブな意識が客席にも満ちていた。

今思えば、僕はその現場で、なにかがの終わりではなく、なにかの始まりを目撃していたんだと思う。それは、“こっち側” “あっち側” というそれまでの概念が変形していった80年代という時代の予兆だったのかもしれない。

このキャンディーズの解散宣言から後楽園コンサートまでの流れをプロデュースしていたのが大里洋吉さんだったということも象徴的だ。渡辺プロダクションでキャンディーズのマネージャー体験がある大里さんは、この時期、新たなプロダクション、アミューズを立ち上げたばかりだった。

大里さんは、キャンディーズの解散コンサートを成功させた直後にサザンオールスターズをデビューさせて、本格的に80年代のシーンを切り拓いていくことになる。

2018.04.04
71
  YouTube / Sony Music (Japan)


  YouTube / 厳論竹林
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1948年生まれ
前田祥丈
コラムリスト≫
108
1
9
7
8
キャンディーズ「微笑がえし」突然の解散宣言からの全キャン連宣言
カタリベ / 指南役
52
1
9
7
8
伝説のファイナルカーニバル、キャンディーズ解散と私の社会人デビュー!
カタリベ / 福岡 智彦
30
1
9
8
2
ナベプロのキュートな3人組アイドル、ソフトクリームの魅力💕
カタリベ / 鈴木 啓之
36
1
9
8
3
もしかして復活!? 80年代に追い求めたキャンディーズへの夢
カタリベ / 鈴木 啓之
32
1
9
9
4
カバーはオリジナルを超えるか? 中島みゆきと吉田拓郎のファイト! 後篇
カタリベ / goo_chan
23
1
9
7
8
ヒリヒリと身をよじらせて歌いたくなる吉田拓郎の「外は白い雪の夜」
カタリベ / 藤本 真
Re:minder - リマインダー