10月28日

特別だった “1983年度の松田聖子”「瞳はダイアモンド」と「蒼いフォトグラフ」

66
0
 
 この日何の日? 
松田聖子のシングル「瞳はダイアモンド / 蒼いフォトグラフ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
熱狂的人気のロボットアニメ「銀河漂流バイファム」全編英語詞の主題歌に驚け!

鬼門? セールス低迷期のディランが開けてくれた「ロック天国」への門

謎の男「ジョーカーマン」ボブ・ディランの音楽はイマジネーションの泉

青春のマリアージュ、ドラマ「青が散る」と松田聖子「蒼いフォトグラフ」

胸キュンドラマ「青が散る」主題歌、松田聖子が描いてみせた “蒼い” 青春の光と影

松田聖子「蒼いフォトグラフ」松本隆が描く “風街発横浜” の風情

もっとみる≫




ファンにとって特別な意味を持つ “1983年の松田聖子”


一冊の写真集がある。

タイトルは『のちの想いに…』。発売日は1983年8月5日、撮影は武藤義、発行元はワニブックスである。装丁(表紙カバー)は白地に、胸元まで露わな被写体のフォト。その表情は物憂げで俯き加減、髪形はナチュラルで美しい。そう、言わずと
知れた “1983年の松田聖子” がそこにいる――。

正直―― 当時、10代だった男子は書店で同写真集を見かけると、100人が100人、こう思ったに違いない。

「聖子が脱いだ!」

―― だが、それは写真集にありがちな “表紙MAX” の法則であることを、後に少年たちは学ぶことになる。

以前、当リマインダーの僕のコラム『究極のアップデート “1983年の松田聖子” を超えるアイドルは存在しない!』でも触れたが、聖子ファンの間で “1983年の松田聖子” は特別な意味を持つ。

若松宗雄と松本隆が仕掛けた、松田聖子復活のシナリオ


ただし、出だしは、かなり危うかった。2月に出した「秘密の花園」は、オリコンこそピンク・レディーの持つ連続1位記録を上回る10作連続1位の新記録を樹立したものの―― セールス自体は低迷(※楽曲自体は悪くなかったものの、少々インパクトに欠けた)。結果、デビュー曲の『裸足の季節』に次ぐワーストに終わる。正直、この時点で聖子はピンチだった。背後には前年デビューの中森明菜が「セカンドラブ」を大ヒットさせて、猛然と迫っていた。

しかし、ここから彼女は奇跡の復活を遂げる。そのシナリオは若松宗雄プロデューサーと、作詞家の松本隆サンによって巧妙に仕掛けられた。

まず4月27日―― 13枚目のシングル「天国のキッス」をリリース。作曲はシングルとしては初めて細野晴臣サンを起用した。その転調が繰り返される独特の細野メロディは圧倒的に新しく、初期・聖子ソングを彷彿させるポップで明るい曲調も好評を博した。何より、前作より髪も伸び、ストレートパーマをかけた聖子の新しい髪形は、完璧なアイドルのフォルムを形成した。今でも、天キスのヘアスタイルをナンバー1と評するファンは少なくない。

かくして、 “1983年の松田聖子” が幕を開ける。いや、正確には年度替わりの “1983年度の松田聖子” と表記した方がいいかもしれない。



アイドルからアーティストへの転機「ガラスの林檎」


そして8月1日、この年の聖子最大のヒットとなる14枚目のシングル「ガラスの林檎」がリリースされる。作曲は前作に続いて細野サン。スケールの大きなスローバラードを見事に歌い切った聖子に、評論家筋から “「赤いスイートピー」から試みたキャンディボイスが完成の域に達した” という声が寄せられる。もはや彼女は、アイドルからアーティストへと脱皮しつつあった。それを裏付けるように、ジャケットの写真も憂いを帯びた表情が実に美しく、まるで “アート作品” のようだった。

そう、冒頭に挙げた写真集が発売されたのが、まさにこのタイミングである。ナチュラルな髪形、すっぴんに近いシンプルなメイク、ほんの少し幼さを残した物憂げな表情―― それは、松田聖子史上最も美しい瞬間でもあった。若松・松本両氏が仕掛ける楽曲・ビジュアル両面の ”二正面作戦” は着実に実りつつあった。



「SWEET MEMORIES」のブレイクから続く奇跡


―― とはいえ、本当の奇跡はここからだった。それは、若松・松本両氏も予想だにしない展開だった。

まず、サントリーCANビールのCMが評判となり、急遽「ガラスの林檎」のB面曲が、両A面として10月20日に再発売されたのだ。言わずと知れた「SWEET MEMORIES」のブレイクである。作曲は、聖子の数々の楽曲の名アレンジャーでもある大村雅朗サン。そして驚くべきことに、両A面となった同シングルは10月31日、実に11週ぶりにオリコン1位に返り咲いたのだ。

さらに奇跡は続く。翌週の11月7日、松田聖子15枚目のシングル「瞳はダイアモンド」がオリコン1位に立つと、2位には前週1位の「ガラスの林檎 / SWEET MEMORIES」が留まり、1・2フィニッシュ。以後、9週間に渡り、このシングル2枚は同時にベストテン入りを続けるのである。

いかがだろう。1983年度の松田聖子――。少々前置きが長くなったが(長すぎる!)、今回は、今から39年前の今日、かような奇跡の最中にリリースされた「瞳はダイアモンド」の話である。作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂。ユーミンは「秘密の花園」以来、実に3作ぶりの登板だった。

本格的な失恋ソング「瞳はダイアモンド」


 映画色の街 美しい日々が
 切れ切れに映る
 いつ過去形に変わったの?

同曲もまた、前作同様にバラードだった。しかも、シングルとしては初めてとなる本格的な失恋ソング。それまでも “別れ” を匂わせる楽曲は「風立ちぬ」や「SWEET MEMORIES」でも見られたが、リアルタイムで失恋が進行するのは同曲が初めてである。その意味で、エポックメーキングなナンバーとなった。

 あなたの傘から飛びだしたシグナル
 背中に感じた
 追いかけてくれる優しさも無い

あぁ、なんと視覚的な詞だろう。1行、1行がまるで映画のワンシーンのように脳裏に浮かぶ。これがプロの作詞だ。もちろん、松本隆サンは “別れ” や “失恋” といった直接的なワードは用いない。あくまでも2人の描写の中で、そのすれ違いを間接的に表現する。

サビに込めた “ダイアモンド” に見る松本隆の冴え


 ああ 泣かないで メモリーズ
 幾千粒の雨の矢たち
 見上げながら うるんだ
 瞳はダイアモンド

サビまで来ると、もう完全に映画のクライマックスである。傘を飛び出して雨の中を走り続けるも、彼が追いかけてくる気配はない。立ち止まって空を見上げると、激しい雨の矢が瞳をうるわす―― そう、まるでダイアモンドのように。さて、ここで僕らは疑問を抱く。

「彼女の瞳を濡らしているのは雨か涙か?」

―― その答えは、都合3回繰り返されるサビで明らかになる。気丈に振る舞う現代的な女性か、あるいは――。それにしても、まさか“ダイアモンド” がダブルミーニングで使われるとは、完全に一本取られてしまった。恐るべし、天才・松本隆。まぁ、この先の種明かしまで解説するのは野暮というもの。あとは各々で考察してください。きっと、その答えに深く頷きます。それにしても、現代の日本のヒットチャートを賑わせている楽曲に、ここまで聴き手に考えさせる歌詞はあるだろうか。

ちなみに、「瞳はダイアモンド」がTBSの『ザ・ベストテン』に初めて登場したのは、1983年11月17日の2位である。この日、9位には「SWEET MEMORIES」も初登場を果たし、聖子サンは都合、2曲を歌った。初登場で同一シンガーの曲が2曲ランクインするのは、彼女が史上初めてだった。これまた、奇跡である。

ドラマ「青が散る」の主題歌で両A面に昇格


いや、まだ終わらない。“1983年度の松田聖子” の奇跡は、更に続くのである。

ほら、勘のいい方なら、もうお分かりですね。「瞳はダイアモンド」と言えば、B面曲は「蒼いフォトグラフ」―― そう、テレビドラマ『青が散る』の主題歌だ。

同ドラマ、視聴率は伸び悩むが、2世俳優ばかりを集めた異色のキャスティングや、大学のテニス部という当時流行りの舞台設定(※80年代はテニスブームでした)が若者層の関心を集め、回を重ねるごとに、そのキャッチーな主題歌も評判になった。そんな次第で、間もなく「蒼いフォトグラフ」は両A面へと昇格。新たなプレス分から、ジャケットの曲名のフォントが拡大されたのである。

そう、2作連続両A面――。それも、最初からその形態でリリースされたものではなく、まずB面曲が注目を浴び、ファンに後押しされる形で急遽両A面に仕立てられたというバックストーリー付き。もはやそれは、若松・松本両氏が当初立てた戦略の遥か上を行くものだった。これもまた、奇跡である。



年を挟んだロングセラー「瞳はダイアモンド / 蒼いフォトグラフ」


さて―― そんな両A面効果もあったのだろう。同シングルは『ザ・ベストテン』で11月24日に1位に立つと、年を挟んで翌1984年1月12日まで、なんと8週連続で1位を続けた。これは、聖子自身の同番組の自己最長1位記録でもある。言わずもがな、最初は「瞳~」がチャートをけん引し、ドラマが中盤に差し掛かるころから、今度は「蒼い~」が人気を博し、同シングルのロングセラー化を後押ししたのである。

そして、翌月の同年2月―― 松田聖子16枚目のシングル「Rock’n Rouge」がリリース。作詞・作曲は前作と同じ座組である。同曲はカネボウのタイアップが付いたので、リリース前からそのサビがCMで頻繁に流れた。しばらくバラードが続いていたので、聖子自身がアップテンポを要求し、その通りに明るく軽快なポップナンバーに仕上がった。

これが売れた。春色のミニスカートで明るく歌う聖子と、ディスコ調のサウンドが見事にマッチした。松本サンが書いたストレートなデートシーンは一周回ってオシャレに聴こえ、ユーミンが紡いだ珠玉のメロディはユーロ・ポップ風で新しかった。同曲はたちまち街に氾濫した。高校生はダビングテープをウォークマンに入れて持ち歩き、大学生はカーステレオにかけて大音量で流した。

え? いつの間にか1984年の話になってるって? ―― だから言ったじゃないですか。正確には “1983年度の松田聖子” だって。そう、“奇跡” の年度は3月まで。

現に、次の17枚目のシングル、1984年5月にリリースされた「時間の国のアリス」以降、聖子はそれまでの勢いに、若干陰りがみられるように――。年度が替わり、魔法が解けたのである。


※2021年2月27日に掲載された記事をアップデート

▶ 松田聖子のコラム一覧はこちら!



2022.10.28
66
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
34
2
0
1
9
大滝詠一はグルーヴ感あふれる優れたロックンロールのヴォーカリストなのだ!
カタリベ / 前田 祥丈
91
1
9
8
3
黄金の6年間:編曲家 大村雅朗と松田聖子の「SWEET MEMORIES」
カタリベ / 指南役
64
1
9
8
3
究極のアップデート “1983年の松田聖子” を超えるアイドルは存在しない!
カタリベ / 指南役
41
1
9
8
4
中森明菜「飾りじゃないのよ涙は」井上陽水が手がけた至高のアイドルポップス
カタリベ / 鈴木 啓之
19
1
9
8
4
時代を駆け上がった松田聖子、人気絶頂の佐野元春が提供した「ハートのイアリング」
カタリベ / 本田 隆
66
1
9
8
4
松田聖子もオモテナシ ♡ ワンパク坊主、ビリー・ジョエルの素顔のままで
カタリベ / 喜久野 俊和