3月

故意かはたまた偶然か?あまりにツェッペリンなキングダム・カム

20
0
 
 この日何の日? 
キングダム・カムのアルバム「キングダム・カム」全米リリース
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
NOKKOも描いた母娘の確執。口づけをかわした時、ママが前から歩いてきた

プリンセス プリンセス「19 GROWING UP」あぁ、これは私たちの歌だ!

MOON、幽霊の声が入っていると騒がれたティーンエイジの名曲

プリミティヴスに思う愛しの連鎖反応 ~ 大好きな人から大好きな人へ

ブルーノートの社長は名プロデューサー、Was (Not Was)やってました

渡辺篤史と小田和正 ー 土曜の朝を彩る、名人の話芸とさわやかな歌声

もっとみる≫






photo:FANART.TV  

音楽シーンにおいていつの時代も “お騒がせネタ” としてあるのがパクリ疑惑。訴訟問題にまで発展することが現在でもありますよね。しかしこのケースは曲が似ているくらいの論争ではなく、そのシーンにおいてはかなりセンセーショナルなものでした。

88年、ラジオから流れてきたある楽曲に衝撃を受けました。

「何これ、もろツェッペリン!っていうか『最終楽章(コーダ)』(レッド・ツェッペリンの未発表楽曲を集めたアルバム)以降にまだあった未発表曲やろか?」

バンド名はキングダム・カム、曲名は「ゲット・イット・オン」と紹介されました。ヴォーカルの声はもろロバート・プラント、曲のリフはもろ「カシミール」(あと「ブラック・ドッグ」っぽいリフも)。

「パロディーか何かかな? そうでなければもろパクやなー」

そう思いながらも曲としてはかなり良い出来映えでした。当然、話題になります。音楽誌のニュースなどでも「ツェッペリンの真の継承者」といった絶賛もあれば「パクリ野郎」「クローン・ツェッペリン」といった批判もあって評価はまっぷたつ。というか批判のほうが多かった記憶があります。しかしながら曲としては完成度の高い「ゲット・イット・オン」。何度も聴きたい衝動にかられました。迷った挙句アルバムを購入することに。

ロバート・プラントに似ているとはいえ、あのハイトーンを全盛期のプラント並みに歌いこなすこと自体相当レベルが高い。曲の構成もしっかりしている。当然アルバムもいいんです。「カリフォルニア」っぽいツェッペリンライクな曲はあるものの、それほどツェッペリン臭がしない曲も結構あって割とバラエティに富んだ楽曲群。オールドスタイルのハードロックがうまく80年代風に昇華されており、かなりいいアルバムです。全米でも12位まで上がるヒットを記録しました。

キングダム・カムはドイツ出身のヴォーカリスト、レニー・ウルフによるグループ。レニー・ウルフはアメリカでストーン・フューリーというバンドを結成し、84年に「ブレイクダウン・ザ・ウォール」(これも名曲! 必聴!)をヒットさせ86年に解散。一度ドイツに戻ったあと、再度アメリカに渡って結成したのがキングダム・カムです。その後、ツェッペリン臭をなるべく消してセカンドアルバム『イン・ユア・フェイス』を89年に発表しますが、前作のバッシングのせいか思ったほど伸びずそのままバンドは解散となりました。

批判のもとになった「ゲット・イット・オン」。しかしこの「ゲット・イット・オン」が収録されてなければやっぱり物足りない。複雑な気持ちになりますが、アルバム『キングダム・カム』は私の中ではやっぱり名盤です。

80年代は、こうした「もろツェッペリン」なバンドがいくつか登場しました。なかでもおススメはモーターヘッドのファスト・エディ・クラークとUFOのピート・ウェイが結成したファストウェイ。収録曲「イージー・リヴィン」はもろ「ロックン・ロール」な名曲です。「ゲット・イット・オン」同様いろんな意味で楽しんでいただけると思います(笑)。あとは、グレイト・ホワイトというのがありますが、これはまた別項で。

ちなみにツェッペリンサイドがこれらのバンドを訴えたことはありません。逆に最近、「天国への階段」がパクリということで訴えられ、ジミー・ペイジが証言台に上がるっていうことはありましたが。

2017.11.09
20
  YouTube / TheStealthGamer


  YouTube / shuvy07


  YouTube / Skezza
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
22
1
9
8
9
昭和から平成へ。キングダム・カムのハードロックと自粛ムード
カタリベ / 中塚 一晶
20
1
9
8
4
LAメタルのいぶし銀、カヴァーも達者なグレイト・ホワイト
カタリベ / DR.ENO
24
1
9
8
0
爆走ロックンロール! スピードの魔力を教えてくれたモーターヘッド
カタリベ / 中塚 一晶
17
1
9
9
0
スティールハート、渾身のバラードで名を馳せたハードロック・バンド
カタリベ / KazーK
35
1
9
8
4
英国三大ギタリスト「クラプトン、ベック、ジミーペイジ」それぞれの40代
カタリベ / 中川 肇
28
1
9
8
4
リッチー・ブラックモアとレインボー、黒の美学・ハードロックの美学
カタリベ / ジャン・タリメー
Re:minder - リマインダー