11月21日

なめ猫は死なない、M-BANDが作り出す日活映画さながらの世界観

29
1
 
 この日何の日? 
又吉&なめんなよのシングル「なめんなよ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1981年のコラム 
1981年秋冬の全米ビルボードチャート、歴史に残る熾烈な首位争い!

ツッパリと笑いのマリアージュ、アラジンとビー・バップ・ハイスクール

リンゴ・スターの心地よさ、立ち止まってバラの香りを嗅いでごらん?

駆り立てられるこの一瞬、トワイライトは朝に向かうための時間

RCサクセション「BLUE」ー 熱狂と孤独、その向こう側にある一筋の光

シュガー「ウエディング・ベル」最大級の愛情表現 “くたばっちまえアーメン”

もっとみる≫



photo:Amazon  

レトロという言葉が一般的に使われ始めたのは、おそらく80年代後半だと思うが、それ以前のアーリー80sにも、その兆候があった。その顕著なものが50sブームなのだが、要するに、古いものが新しいという価値観は、80年代に生まれたものだと思う。

僕が高校1年だった84年に日活が70周年を迎えた。その記念に、往年の日活映画をダイジェストで編集した『アゲイン』が公開され、石原裕次郎、赤木圭一郎、小林旭、宍戸錠といった大スターが無国籍感溢れる、時には荒唐無稽な物語の中で暴れまわるその姿に夢中になった。

その中でも、登場人物の不良然としたしゃべり方や、マンボズボンにアロハシャツ、ダブルのズートスーツというスタイルに夢中になり、実際のところ、ストーリ―よりも彼らの服装ばかり目で追っていたように記憶している。

スクリーンの中で暴れまわるスターたちは、僕にとってレトロなんかではなく、まさしくニューウェイヴだった。

この日活映画の雰囲気をそのままに82年にデビューしたのがM-BANDだ。この時期は、「キッスは目にして」のヴィーナスや、原宿クリームソーダの店員が結成したブラックキャッツなど、フィフティーズの匂いをふんだんにちりばめたバンドが数多く活躍していたが、日本の50年代、60年代をコンセプトにしたバンドはM-BANDだけだろう。

このバンドの作詞作曲を手掛け、プロデュースしたのが津田覚氏。80年のツッパリブームの象徴的なキャラクターともいえる「なめ猫」の仕掛け人でもある。

猫にボンタン、中ランのような改造学生服や革ジャンを着せ、「死ぬまで有効」「なめられたら無効」と書かれた免許書は爆発的な大ヒットとなった。そして、このなめ猫の名前が「又吉」だったことを記憶している人も多いだろう。

ここでお気づきの方もいるかもしれないが、このM-BANDのMは又吉のMなのである。

しかし。甘いルックスと、60年代のエレキインストを基盤にリバーブを効かせた、いわば懐かしさを超えたサウンドがウリの彼らが、活動期間中このようなことは一切公言していなかった。

M-BAND解散後、津田覚氏がこのようなことを述懐している記事を読み、当時大ファンだった僕は大きな衝撃を受けた。


 みゆき通りは横丁曲がると
 マンボズボンの気取り屋娘
 恋の大穴見つけにきたぜ
 さがしにきたぜ
 いかすこの街へ

(3rd.シングル「GO! GO! 銀座」)


こんな、日活映画の雰囲気そのままの歌詞を、白い揃いのズートスーツというスタイルもそのままに、ロカビリーでお馴染みのヒーカップ唱法(エルヴィス・プレスリーの歌い方でお馴染みのしゃくりあげるような歌い方)で歌うその姿は、映画のワンシーンのようにイカしていた。

バンドマンとして生まれ変わった「なめ猫」たちは、銀幕の中のスターのようにアルバムごとに彼らが主人公のドラマを作り上げ、通算6枚のアルバムを発表。88年に一度解散している。

ボーカルの藤タカシ氏は、解散後は役者として、原田知世主演の角川映画『黒いドレスの女』など、数多くの映画やテレビに出演。90年代後半にM-BANDを復活させた後も精力的に音楽活動を行い、2005年には、自主レーベルを発足。現在も当時の世界観をそのままに活動中。

まさに A CAT HAS NINE LIVES(なめ猫は死なない)なのだ。

2017.05.15
29
  YouTube / 5021104's channel


  YouTube / 5021104's channel


  YouTube / MATUKI40
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
本田隆
コラムリスト≫
52
1
9
8
4
音楽が聴こえてきた街:新宿ロフトで観た「暴威 BOØWY」と一筋の光
カタリベ / 本田 隆
106
1
9
8
6
大瀧詠一のプロデュース仕事、クレイジーやトニー谷や橋幸夫や小林旭を復刻!
カタリベ / 鈴木 啓之
34
1
9
8
6
ポップスターの悲劇? チェッカーズとお酒と西麻布のレッドシューズ
カタリベ / 佐々木 美夏
40
1
9
8
2
めんたいロックじゃ括れない!博多ビートグループの研ぎ澄まされた音楽性
カタリベ / 本田 隆
20
1
9
8
7
親しみやすいエディ・コクラン、サマータイム・ブルース は スーダラ節?
カタリベ / 本田 隆
107
1
9
8
5
メロディーメーカーとしての尾崎豊論 ー あれ? なんか新しい
カタリベ / 指南役