11月21日

RCサクセション「BLUE」ー 熱狂と孤独、その向こう側にある一筋の光

31
1
 
 この日何の日? 
RCサクセションのアルバム「BLUE」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1981年のコラム 
1981年秋冬の全米ビルボードチャート、歴史に残る熾烈な首位争い!

ツッパリと笑いのマリアージュ、アラジンとビー・バップ・ハイスクール

リンゴ・スターの心地よさ、立ち止まってバラの香りを嗅いでごらん?

駆り立てられるこの一瞬、トワイライトは朝に向かうための時間

シュガー「ウエディング・ベル」最大級の愛情表現 “くたばっちまえアーメン”

天使の涙、透き通る歌声、薬師丸ひろ子に心掴まれたあの日

もっとみる≫



photo:UNIVERSAL MUSIC  

清志郎は生涯自らをバンドマンと名乗っていた。そして、そのイメージを決定づけたのが、80年の6月5日に発売されたライブアルバム『RHAPSODY』だろう。

僕は13歳でこのアルバムに出会い、初めてロックンロールバンドが何であるかを体感した。僕と同世代のロックフリークがみんなそうであるように…

仮にそれを「寂しさや切なさと背中合わせの喧騒」とでも言っておこうか。ステージに立つバンドマンは、孤独を抱え、それと向き合いながら、ワン・ナイトの熱狂を駆け抜ける。そして、同時に自分自身を俯瞰して眺める立ち位置を併せ持つ。メイクを施した派手なステージアクションとは裏腹のそんな心象風景が、僕をロックンロールの深い森へと誘ってくれた。


 スーツ・ケースひとつで
 ぼくの部屋に ころがりこんで来ても
 いいんだぜ Baby
 ギター・ケースひとつの
 ぼくのとこで 明日から始めるのさ
 たった二人の勇気があれば
 ダイジョブ ダイジョブ
 きっと うまくやれるさ

 バンドマン 歌ってよ
 バンドマン 今夜もまた
 ふたりのための ラプソディー


愛と勇気、そして音楽があれば、あとは何もいらない。学歴や名声、お金さえもそんな大した問題じゃない。日本のロック史上に燦然と輝くライヴアルバムの名盤には、真空パックされた熱量と共に親も学校の先生も誰も教えてくれなかった真理が潜んでいた。

「孤独」と「熱狂」―― 僕にとって、この相反するふたつのイメージを結びつけてくれるのがバンドマンの存在だ。そして、その想いを確固たるものにしてくれたのが、『RHAPSODY』から1年半後にリリースされた『BLUE』だった。


 Oh 神様 あの娘とブッとんでいたい
 Oh 神様 でも目を覚ませばステージの上
 役立たずの神様 ハードロックが大好き


盤に針を落とすと「ロックン・ロール・ショー」からスタート。ライブバンド・RCサクセションの艶めきが凝縮され、スポットライトに紫煙ゆらめくステージが蘇る。清志郎がシャウトすれば、一夜の狂騒が瞼の裏に浮かぶ。

そして、2曲目の「Johnny Blue」もまた、バンドマンの刹那的な一夜を見事に再現している。チャボが在籍していたフォークデュオ・古井戸のブルージーな楽曲「飲んだくれジョニィ」をアップテンポなダンスナンバーにアレンジしている。

そして極めつけは「チャンスは今夜」。チャボがボーカルをとり、RC で唯一のチャック・ベリースタイルのロカビリーナンバーだ。ここには十代の僕が恋焦がれたバンドマンへの憧憬のすべてがあった。

でも、それだけじゃない。続く「よそ者」では孤独と寄り添い、自分の存在証明を模索する心情を吐露している。


 俺たち よそ者 何処に行ったって
 だからさ そんなに
 親切にしてくれなくてもいいのに

 いつの日 どこかに 落ち着くことができる
 そんな夢を見ながら今夜
 ここで 踊るだけでいいのに


RCサクセションのナンバーからは、多くの人々が音楽に求める、癒しや連帯感といったものが、ひとつも見当たらない。そこにあるのは、孤独と向き合い、その向こう側にある一筋の光を信じる力だ。僕は『RHAPSODY』以上に『BLUE』にそれを強く感じた。

その力に根拠はなくとも、それを信じるのがバンドマンの宿命であり、僕らファンの証しだと思う。

2018.12.04
31
  YouTube / UNIVERSAL MUSIC JAPAN


iTunes / BLUE RCサクセション

 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
本田隆
コラムリスト≫
24
2
0
0
0
大滝、細野、清志郎 — 奇跡の楽曲「ハンド・クラッピング・ルンバ」
カタリベ / 山口 順平
45
1
9
8
1
音楽が聴こえてきた街:仙台ロックンロールオリンピックと地方都市の渇望
カタリベ / 本田 隆
63
1
9
8
0
梅津和時が語るRCサクセション ① やっぱり特別!久保講堂ライブ「RHAPSODY」
カタリベ / 本田 隆
24
1
9
8
8
僕が選んだ筋肉少女帯、モーレツア太郎が教祖様ブームを打つ!
カタリベ / ジャン・タリメー
92
1
9
8
3
RCサクセション伝説のライブ!この夏 “KING OF LIVE” までの道のりを目撃せよ!
カタリベ / 本田 隆
46
1
9
8
8
日本語ロックの到達点で邂逅した2人、忌野清志郎と桑田佳祐
カタリベ / 山口 順平