8月25日

日本中を沸かせたハウンド・ドッグ、いまなぜ誰もその名を口にしないのか?

43
2
 
 この日何の日? 
ハウンド・ドッグのアルバム「Spirits!」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
音楽が聴こえてきた街:歌舞伎町ディスコに響き渡るBOØWY「NO. NEW YORK」

スティーヴィー・ワンダーはポップミュージックにおける唯一絶対の正解!?

音楽の美しい連鎖、スティーヴィー・ワンダーとホール&オーツ

爆発のときを待っていた渡辺美里、すべては「GROWIN' UP」から始まった!

ワールドカップ予選突破なるか!80年代ニッポンのロックボーカリスト最強イレブン

80年代の不倫ドラマ「金曜日の妻たちへ」あの頃とは違う “今のせつなさ”

もっとみる≫



photo:SonyMusic  

ハウンド・ドッグ、シンプルこの上ないロックンロール!


どうにも不可解だ。なぜ、誰もその名を口にしないのか? 世にいう “ロック好き” なら敬遠するバンドというものがあるらしい。

中学から高校にかけての或る時期、僕はハウンド・ドッグのファンだった。いや、ファンなんて生易しいものじゃない。それは信仰だった。僕は信者だった。

ずっとずっと以前のあの頃、「ROCKS」で目が覚め、バラードで寝についた。日中は「ff(フォルティシモ)」が頭の中を流れ続けた。中古で全アルバムを買い揃え、足繁くライブに通い、会場で腕を振り上げ高校生・男児・異性愛者の僕が「コーヘー(大友康平)!」と絶叫し、「♪ あーいが、すべーてさ」と合唱した。シンプルこの上ないロックンロールとマッチョな男性ヴォーカルを僕は崇拝していた。

それなのに。何にでも終わりはある。流行は過ぎ去り、熱は冷め、以後人前では努めてその名を口にしない。

一体となって「ff」を熱唱、日本武道館での15日連続コンサート!


かつて酒の場でのこと。うっかり若気の至りの想い出話をしてしまった。にぎやかだった場が急に静まり、ロック談義は中断され、皆が眼をそらし、空気が重く感じられた。やってしまった…。

それにしても、あの頃のハウンド・ドッグは、コンサート会場の頂点であった日本武道館での15日連続コンサートを開催して大いに日本中を沸かせていた。“ロック好き” でも、その場にいた人は少なくないはず。

断言できる。僕だけではない。あそこではみんなが一体となって「ff(フォルティシモ)」を熱唱した。教祖様に心酔していた。

だから不思議なのだ。僕の周りにはどうしてハウンド・ドッグ好きがいないんだ?


※2017年11月15日に掲載された記事をアップデート

2020.08.25
43
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1972年生まれ
dere
不思議ですね...
私の周りには沢山DOGファンいますよ??

↓のように、ファンが集まるイベントも開催されてますし。
是非チェックしてみてくださいね。
https://www.facebook.com/DogDaysYumenoshima/
2017/11/17 00:08
1
返信
1970年生まれ
ジャン・タリメー
そ,そーなんですね???HD,皆が避けているのかと思いました.貴重な情報を有り難うございます.
2017/11/17 22:37
0
1972年生まれ
dere
避けてる人はいませんよ。たまたま周りにいなかっただけなんです。紹介したイベントは終わってしまったばかりですが、来年は11月10日に開催予定です。機会ありましたら是非来てください!HOUND DOG漬けな一日です!
2017/11/18 08:46
1
カタリベ
1970年生まれ
ジャン・タリメー
コラムリスト≫
37
1
9
8
6
エアロスミスを世界にリマインドした RUN DMC「ウォーク・ディス・ウェイ」
カタリベ / 中川 肇
51
1
9
8
2
彼女はデリケート、佐野元春のビートが僕の未来を約束してくれた
カタリベ / 本田 隆
33
1
9
8
1
ストレイ・キャッツ初来日、いい席を取るにはプロモーターの事務所へ行け!
カタリベ / 平マリアンヌ
16
1
9
8
2
HOUND DOG「涙のBirthday」もう一度、あのシャウトを聴かせてくれ!
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
35
1
9
8
6
PUNKって何だ? その答えはラフィンノーズのDIY精神にあり
カタリベ / 本田 隆
51
1
9
8
5
ジョニー大倉に捧ぐ… 矢沢永吉がソロ10年目で歌った「二人だけ」
カタリベ / 本田 隆