8月24日

音楽の美しい連鎖、スティーヴィー・ワンダーとホール&オーツ

22
0
 
 この日何の日? 
スティーヴィー・ワンダーのシングル「パートタイム・ラヴァー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
【R.I.P.】ジギー・スターダストよ永遠に!コミカルな姿も忘れられない

どっちもイイね! DIOのメロイックサイン、BABYMETALのフォックスサイン

どれも名曲、サザンオールスターズが名曲を生み出すキーコード♪ ④

スティーヴィー・ワンダーはポップミュージックにおける唯一絶対の正解!?

爆発のときを待っていた渡辺美里、すべては「GROWIN' UP」から始まった!

日本を沸かせたハウンド・ドッグ、いまなぜ誰もその名を口にしないのか?

もっとみる≫







「スティーヴィー・ワンダーも、ホール&オーツの前でこの曲は歌えないよなぁ」と友人が笑いながら言ったので、僕も笑って「そうだよなぁ」と答えた。

あの時は本当にそう思ったのだ。

何の話かと言えば、スティーヴィーの新曲「パートタイム・ラヴァー」が、その3年前に大ヒットしたホール&オーツの「マンイーター」によく似ているから、真似したスティーヴィーは、元歌を作ったホール&オーツの前では、恥ずかしくてこの曲を歌えないだろうということである。

でも、改めて聴いてみればわかる通り、この2曲はほとんど似ていない。それなのに、当時は僕らと同じように感じた人が結構多かったのだ。それはなぜかと言えば、イントロのリズムが同じだったからだろう。

そのリズムとは「モータウンビート」と呼ばれるもので、代表的な例としては、シュープリームスの「恋はあせらず(You Can't Hurry Love)」などが挙げられるだろう。モータウンといえば、すぐにこのリズムが浮かんでくるくらい有名なもので、スティーヴィーはそのモータウンの所属アーティストである。

しかも、「マンイーター」がヒットしていた頃、モータウンの黄金時代を支えたソングライターチーム、ホーランド=ドジャー=ホーランドのラモント・ドジャーは、この曲を初めて聴いたとき、自分が書いた曲だと勘違いしたらしい。そんなエピソードからもわかる通り、ホール&オーツが敬愛するモータウンの楽曲を意識して「マンイーター」を書いたのは想像に難くない。

でも、「マンイーター」は時代の空気を見事に反映していたし、その斬新なサウンドは、この往年のビートをまったく新しいリズムのように響かせた。だからこそ、その年を代表するヒット曲になり得たのだと思う。

そして、ここからは僕の推測なのだが、おそらく「マンイーター」がなければ、「パートタイム・ラヴァー」は生まれなかった気がする。もし「マンイーター」がなかったら、果たしてスティーヴィーはこのあまりに有名な記号となったビートを、あのように前面に押し出した曲を作っただろうか?

作ったかもしれないし、作らなかったかもしれない。でも、スティーヴィーは「マンイーター」を知っていたはずだし、事実として「パートタイム・ラヴァー」は生まれている。そして、ふたつの曲から伝わってくる不穏でクールな雰囲気に、何らかの共通点を見出すこともできるかもしれない。

つまり、モータウンに影響を受けたホール&オーツがリスペクトを込めて作った曲が、今度はスティーヴィーに影響を与えたというのが僕の考えだ。もしこれが正解であるなら、先人に対するこれ以上の恩返しの方法が他にあるだろうか。

音楽とは、こうした相互影響の下で繋がり、輪となり、次第に送り手と受け手の境界線を曖昧にしながら、地続きに受け継がれていくのだろう。この美しい連鎖に気づくたび、僕は幸せな気持ちになるのだ。

では、冒頭の友人の言葉に戻ろう。スティーヴィーは「パートタイム・ラヴァー」をホール&オーツの前で歌えるのか? 多分、歌えると思う。でも、少し恥ずかしいとは感じるかもしれない。でも、ホール&オーツはきっと嬉しいはずだ。今はそんな風に思っている。

2018.08.24
22
  Spotify


  YouTube / Daryl Hall & John Oates
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
57
1
9
8
2
恋はあせらず — 80年代に引き継がれた僕たちのモータウンサウンド
カタリベ / 中川 肇
31
1
9
8
3
80’s POPs を彩るモータウン・ビート、ジェームス・ジェマーソンに花束を♪
カタリベ / せトウチミドリ
89
1
9
8
5
スティーヴィー・ワンダーはポップミュージックにおける唯一絶対の正解!?
カタリベ / 中川 肇
41
1
9
8
1
エンドレス・ラブ、史上最強デュエットソングは「女王」最後の全米No.1
カタリベ / 中川 肇
9
1
9
8
6
ブリティッシュソウルのプライド、実はスターだったビリー・オーシャン
カタリベ / KARL南澤
35
1
9
8
7
ライナーノートに導かれ 〜 EPOが仕掛けたソウルクラシックの宝探し
カタリベ / せトウチミドリ
Re:minder - リマインダー