12月9日
ジョン・レノンが射殺されたことを知った冷たい風が吹きまくる冬の夕方
60
2
 
 この日何の日? 
ジョン・レノンがニューヨークのダコタ・ハウス前で射殺された日(日本時間)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.8

小さなスタジオで聞いたジョンの訃報、そして形にできなかった音たち

スターティング・オーヴァー、ジョン・レノンの死で始まった1980年代

バカヤロー、演歌はコブシだ!猪俣公章先生にも怒られた「夕焼け父さん」

【R.I.P.】安らかにグレン・フライ、イーグルスよ永遠に!

NHK紅白歌合戦、ジャニーズの出場は「たのきん」を皮切りに37年連続!

もっとみる≫

photo:Discogs  

1980年12月9日夕刻、当時は今よりもずっと寒かった。僕の育った場所は埼玉県北東部のとある街で、いわゆる関東平野のど真ん中。県境には利根川が流れ、冬になると関東のからっ風とか赤城おろしとか言われる、乾燥した冷たい風がビュービュー吹きまくっていた。

中学生の夜は早く、祖父母が一緒に住んでいたせいもあって夕飯どきは早かった。この季節は日も暮れるのが早いから、だいたい5時過ぎくらいからだったろうか? テレビで九州場所を観戦しながら晩酌していた祖父を思い出す。つまみはいつも湯豆腐だった。よくもまあこんなものを毎日食えるもんだなと子供心に呆れていたが、今となっては何とまあ粋な爺さんだろう。

相撲中継が終わるとそのままNHKの「6時のニュース」。全国ニュースからローカルニュースに切り替わって暫くした後に、TBSにチャンネルチェンジ。日本のウォルター・クロンカイトとも称された古谷綱正がキャスターを務める「ニュースコープ」の時間が始まる。これが完全なルーティン。一糸乱れず整然としたこの流れの中で僕は毎日夕食を食べていた。九州場所は閉幕していたが、この日もいつもと変わらない、そんな冬の夕方。僕が接した最初の報は「6時のニュース」だった。もちろん、トップニュースである。

>元ビートルズメンバーのジョン・レノンが射殺されました。

「えっ!うそ!」

家族の反応を明確には覚えていないのだが、母や祖母は、ジョン・レノンがどうこうよりも「あれあれ、アメリカは怖いねえ…」みたいなリアクションだった気がする。当時僕の両親は45歳前後、戦前の生まれだから、ビートルズに熱狂する世代よりもひと回り上だった。ましてや田舎だしね。

僕はちょうどビートルズを聴き始めた年頃でもあったから、「6時のニュース」に始まり6時半の「ニュースコープ」、さらにはルーティン外の「7時のニュース」まで、目を皿のようにして凝視し続けた。どのニュース番組も、騒ついたダコタ・ハウス前の映像を繰り返し流し続けた。だからか、今でもニューヨークと聞くと、反射的にこの時の中継映像が頭の中を駆け巡る。

ショックを受けたと言うよりも、「ああ、ビートルズの再結成はもうないんだなあ…」って落胆の気持ちのほうが強かった。まだジョン・レノンのソロアルバムをほとんど聴いたことがない受験を控えた中学生だったし、自分の中ではジョンよりもビートルズの存在感のほうがまだまだ大きかった。

だから、僕がジョン・レノンの作品に耳を傾けたのはその死後。なんにせよ多感な十代、彼が残した楽曲に影響を受けるのは当然の流れなのだが、死して美化され神格化された部分も多分にあった。素直に接することが不可能なくらい、バイアスのかかった音楽評論やイメージや空気が蔓延していた。恐らく僕だけじゃない。多くの音楽ファンがジョン・レノンに対し、必要以上の複雑な感情を持って接さなければならなかったはずである。

割を食ったのはポール・マッカートニーだ。これは僕の例だが、その後二十歳過ぎくらいまで、つまり80年代後半くらいまで、ビートルズの曲を「これはジョンの曲、これはポールの曲」と、明確に区別(いや、差別)して聴いていたのである。いいなと思ったポールの作品も、心の横に置いていた自分が恥ずかしい。そんな分け方は全く意味のないことだと気付くまでに何年も費やしたのだから。ごめんね、ポール。

その後、僕がジョン・レノンに対して抱いていた何かなんかモヤモヤとした感情をぶった切るような作品が、同世代のミュージシャンによって発表される。真心ブラザーズの「拝啓、ジョン・レノン」。ジョンの死から16年後のことである(えっ、今から20年も前!)。

2016.12.09
60
  YouTube / MCfunner


  YouTube / byn00576
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田 秀樹
おおお、それはなんとまた共有感満載ですね。これが世代というものなのか。ただ、僕の場合は何年もポールを軽んじてましたけど。Rockshowをなんかのタイミングで見て、すまんポール、みたいな。
2016/12/09 11:13
2
返信
1965年生まれ
宮木 宣嗣
僕が訃報に接したのは「ニュースコープ」。期末試験の勉強に備えての昼寝から起きてでした。
「ビートルズの再結成が無くなった」という感想も全く同じです。

そしてやはり数か月だけ、ポールを少し軽んじていた時期がありました
2016/12/09 10:49
6
返信
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
38
1
9
8
2
ふたりの Sir が作った究極のジョン・レノン追悼曲:ポール篇
カタリベ / 宮木 宣嗣
16
1
9
7
8
偉大なるパロディ「ラトルズ」を見ずしてビートルズは語れない!
カタリベ / DR.ENO
53
1
9
8
0
ポールが最も好きなジョン・レノンの曲「ビューティフル・ボーイ」
カタリベ / 宮木 宣嗣
56
1
9
8
2
ふたりの Sir が作った究極のジョン・レノン追悼曲:エルトン篇
カタリベ / 宮木 宣嗣
16
2
0
1
6
80年代はビートルズファンにとって失われた10年だった
カタリベ / 佐々木 美夏
64
1
9
8
0
スターティング・オーヴァー、ジョン・レノンの死で始まった1980年代
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー