10月
オージー勢の大逆襲、もうダウン・アンダーとは言わせない!?
36
1
 
 この日何の日? 
メン・アット・ワークのシングル「Down Under」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
まさに人間山脈!アンドレのテーマは「ジャイアント・プレス」

オリビア・ニュートン=ジョン、実はエロかった80年代最大のヒット曲!

聖母たちのララバイ、火サスの音楽に秘められたイメージ戦略を暴く!

ジャーニー、30年の月日を経てやっと許せた「産業ロック」

さだまさしのハミングに騙された。ほのぼのなんてしない「北の国から」

さだまさしのセイ!ヤング、ラジオから流れるユーモアと流暢なおしゃべり

もっとみる≫

photo:Discogs  

ポップミュージック(ポップス)の起源には様々な説があるが、ざっくり言ってしまえば、旧大陸(欧州)の音楽「クラシック」に対する新大陸(米国)の音楽「ポップス」と定義できる。そして、米国のヒットチャートは、主に「米国のアーティストが米国のオーディエンスに対して発信」した結果が反映されたものであった。

ところが、ビートルズが「I Want To Hold Your Hand」で米国上陸を果たすと、雪崩を打つように英国のアーティスト達が流入し、瞬く間に米国の音楽市場は「米英のアーティストが世界に発信」する場へと進化した。70年代に入ると英国以外の外国人アーティストも増え、そのトレンドは80年代にピークを迎える。具体的に言うと、80年代全522週のシングルチャートのうち、米英以外のアーティスト15組が21曲で45週もの間、No.1の座を奪ったのだ(全体の9%)。

中でも、80年代前半のオーストラリア勢の活躍には目を見張るものがあった。ビルボードによると、80年代に最もヒットしたシングルはオーストラリア出身の女性シンガー、オリビア・ニュートン-ジョンの「フィジカル」である。更に、2004年に出版された『100 Best Selling Albums of the 80's』によると、マイケル・ジャクソンの『スリラー』に次ぐヒットアルバムは、オーストラリアのハードロックバンド、AC/DCの『バック・イン・ブラック』であった。この後も、エア・サプライ、リック・スプリングフィールド、メン・アット・ワーク、インエクセスなどが続いた。

それにしても、当時のオーストラリアは人口が1,500万人程度で、その中からこれだけのアーティストを輩出したのだから大したものだ。その一方で、オーストラリアは旧宗主国である英国の人々から「地図の下の方」「地球の裏側」の意で「ダウン・アンダー」と呼ばれてきたが、少なからず蔑視的な意図も込められていたのではないかと思う。現地では「No Longer Down Under」と書かれた南北逆さまの世界地図が売られている。


Down Under / Men At Work
作詞・作曲:Colin Hay / Ron Strykert
プロデュース:Peter McIan
発売:1981年10月


脚注:
「I Want To Hold Your Hand」(1964年2月1日1位)
「Physical」(81年11月21日1位)
『Thriller』(82年12月25日1位)※アルバム
『Back in Black』(80年8月23日4位)※アルバム

2016.04.14
36
  YouTube / MenAtWorkVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
31
1
9
8
4
オーストラリアのINXS? やだ、音もルックスもカッコいいじゃん!
カタリベ / 平マリアンヌ
89
1
9
8
4
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.2
カタリベ / KARL南澤
24
1
9
8
0
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.7
カタリベ / KARL南澤
16
1
9
8
4
双璧だったマイケルとプリンス、そしてスリラーとパープル・レイン
カタリベ / ジャン・タリメー
37
1
9
8
7
80年代のビートルズ、誰にも真似なんてできない史上最強バンドの行方
カタリベ / 中川 肇
26
1
9
8
4
カーズ、マイケルのスリラーをおさえてMTV大賞を勝ち取ったバンド!
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー