5月1日

野口五郎の魅力が詰まった「コーラス・ライン」悩める時代にシンプルに響く名曲!

28
1
 
 この日何の日? 
野口五郎のシングル「コーラス・ライン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
壮大なSFファンタジー「地球へ…」のエンディングは慈愛に満ちた名曲

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.6

おんな城主 直虎に、男装の麗人ベルサイユのばらのオスカルを見た!

マクセル「RIDE ON TIME」キャンペーンで当たったものは!?

山下達郎がもたらした響き、80年代を彩るメジャーセブンス(その1)

山下達郎がもたらした響き、80年代を彩るメジャーセブンス(その2)

もっとみる≫




デビューからおよそ半世紀、新御三家のイメージはやっぱり2枚目


新御三家と呼ばれるアイドル… 郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎がデビューしてから、およそ50年が経つ。

昭和・平成・令和の男性アイドル史を考えた時、SMAPの登場がひとつの大きな転換点となったことに異論は無いだろう。SMAP以降のアイドルは、格好良さと面白さを兼ね備えた “2.5枚目” であることが標準となっていったのに対し、新御三家の頃の男性アイドルは、幼少時の私から見ても “2枚目” のイメージが強かったからだ。

80年代には『カックラキン大放送』のような、アイドルがコントをする番組はあったが、ヒデキや郷ひろみのような2枚目が面白いことを言うのは、どことなくむずがゆい感じがあった。もしかしたら子供心に “ギャップ萌え” を感じていたのかもしれない。

ギャップ萌え・オブ・ザ・昭和アイドル、野口五郎


そんな彼らは、歌番組の中でも時々、意外性のあるユーモアセンスを見せてくれることがあった。例えば、郷ひろみと樹木希林の「林檎殺人事件」。曲のイントロと間奏部分で即興のアドリブっぽいギャグが入る、あのくだらなさが大好きだった。

ジュリーの「酒場でDABADA」での一件も忘れられない。確か、『紅白歌のベストテン』出演時のことだったと思うが、司会の堺正章に「サビの歌詞が “沢田デンデンムシ食べた” に聞こえる」と冗談を言われ、その後ステージに向かったジュリーは、本当に歌の中で「沢田デンデンムシ食べた」と歌ってしまったのだ! これは子供心に衝撃を受けた。

そして、ユーモアと言えば、忘れてはいけない存在が野口五郎だろう。彼こそまさに “ギャップ萌え・オブ・ザ・昭和アイドル”。そんなGORO(以下、親しみを込めて敬称略)のギャップ萌えぶりを遺憾なく発揮してくれた1980年のシングル「コーラス・ライン」を今回は取り上げたい。

野口五郎10周年記念曲「コーラス・ライン」ライブ盤で発売


1971年5月1日に「博多みれん」でデビューした野口五郎は、そのちょうど9年後の1980年5月1日にシングル曲「コーラス・ライン」をリリース。これは当時のアイドルとしては珍しい “ライブ盤のシングル” として発売された。70年代後半には、アメリカ録音でのアルバムリリースが毎年の恒例となっていたGOROだが、このシングルは、録音時の豪華演奏陣が揃って来日した10周年記念リサイタル『U.S.A. STUDIO CONNECTION』の音源を収録したものであった。

「コーラス・ライン」の作曲は、リサイタルの総指揮者でもある東海林修さん。曲の特徴としてはAメロが大半を占めており、当時の歌番組でも “一緒に歌える” ことをやたら強調していた。歌詞もほとんど同じフレーズの繰り返しだ。

 くちびるから くちびるへ
 愛を 伝えよう
 心をひらいて つなごう
 コーラス・ライン

70年代終盤は筒美京平作品を中心に、意欲的なシングルを次々とリリースしていたGOROだったが、この時期セールスは下降気味であった。そこで、「コーラス・ライン」では、親しみやすさを前面に押し出して、GOROの魅力をアピールしよう、そんな企みがあったのかもしれない。

GOROの即興コメントが楽しい、一緒に歌える「コーラス・ライン」


「コーラス・ライン」は、一緒に歌えることを売りにしていただけあって、歌番組でも視聴者参加型の演出が多かった。私は、一番の終わりの小休止部分で毎回入るGOROの即興コメント… これがとても楽しみだった。ここでは印象的な放送をピックアップしてみよう。

■『夜のヒットスタジオ』(1980年5月12日放送分)
『夜ヒット』での初披露回。曲の途中で徐に、野口五郎ファンクラブの皆さんがスタジオに入場。大勢での合唱が続く中エンディングのテロップが流れ、井上順さんから「えー、いつ終わるか解りませんけど…」と実況が入るが、そのまま歌唱中に番組終了。このときのGOROコメントは、

「テレビをご覧の皆さんも、ボリュームちょっと上げて、一緒に歌ってみませんか?」

初期の頃は、まだオーソドックスなコメントだったGORO。

■『夜のヒットスタジオ』(1980年6月9日放送分)
夜ヒットで2度目の披露。この日はなんと、野口五郎の近所の町内会の皆さんがスタジオに入場。22時台の放送の筈だが子供達の姿も。CMを跨いだ大合唱となった。このときのGOROコメントは、

「上手い方はより美しく、そうでない方はそれなりに歌えます。コーラス・ライン、ご一緒にどうぞ」

ちゃっかり、流行りのCMのフレーズを織り交ぜたGORO。

■『 ザ・ベストテン』(1980年6月19日放送分)
第10位で4週目のランクイン。習志野文化ホールで『カックラキン大放送』の収録後、そのままホールの前から大勢のファンが見守る中で中継。このときのGOROコメントは、

「習志野の皆さん、皆さん一緒に歌いまして、声を慣らしの…」

ダジャレの出来が悪いと自覚したのか、ついハニかんでしまうGORO。そんなGOROにギャップ萌えしたギャラリーからは歓声が。

―― こういったサービス精神の甲斐もあって「コーラス・ライン」はオリコン最高位24位ながらも、ザ・ベストテンには3作ぶりにランクイン。4週間10位以内をキープするスマッシュ・ヒットとなったのだった。

あなたが挙げる野口五郎の代表曲は? 次世代に伝えていきたいGOROの魅力


「GOROの代表曲は?」と尋ねられて、あなたは何と答えるだろう。おそらく「私鉄沿線」を挙げる人が一番多いかもしれない。他には、初のヒット曲となった「青いリンゴ」を挙げる人もいるだろう。ただ、1972年生まれの私には、残念ながらこの頃のリアルタイムの記憶が無い。それに最近だと、シティポップの観点から「グッド・ラック」や「女になって出直せよ」だったり、あるいはGOROのギタープレイが光る「真夏の夜の夢」あたりも再評価する声が多い。

だけど、もし私が「GOROの代表曲は?」と尋ねられたら真っ先に「コーラス・ライン」と答えるだろう。テレビの前で一緒に口ずさんだこのメロディ。そして、歌の中で見せたユーモラスな魅力… 誰が何と言おうと、これが私にとってのGOROの原風景だ。

彼の素晴らしい曲の数々は、現在、サブスクリプション等でも触れることが出来るようになったが、こういったテレビならではの魅力は継承していくのが難しい。“記憶というのは儚いもの” と言ってしまえばそれまでだが、テレビ局には是非、貴重な映像を時々蔵出しして欲しいと思うし、記憶を持つ我々も「くちびるから くちびるへ」GOROの魅力を次の世代に伝えていきたい。

悩める時代に、心の奥にシンプルに響く「コーラス・ライン」。新型コロナウィルスが過ぎ去ったその日には、行きつけの昭和歌謡バーで、仲間たちとこのメロディを腹の底から大合唱したいと思っている。



2021.05.01
28
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1972年生まれ
古木秀典
コラムリスト≫
45
1
9
8
4
郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎「新御三家」がくぐり抜けたそれぞれの80年代
カタリベ / goo_chan
48
1
9
7
8
筒美京平が生んだ “強気な野口五郎” 3部作、はじまりは「グッド・ラック」
カタリベ / 平マリアンヌ
44
1
9
7
9
ギタリスト野口五郎「女になって出直せよ」LAフュージョンをお茶の間に披露!
カタリベ / 彩
43
1
9
7
9
野口五郎「真夏の夜の夢」の衝撃 ♪ ゴロンボ刑事よフォーエバー!
カタリベ / 親王塚 リカ
33
2
0
2
1
沢田研二ソロデビュー50周年「ザ・ベストテン」で1等賞にこだわったジュリー!
カタリベ / 鈴木 啓之
23
1
9
8
0
ジュリーが演じた光源氏!「源氏物語」と「あさきゆめみし」に捧げる沢田研二の曲は?
カタリベ / 親王塚 リカ