2022年 7月27日

増田惠子インタビュー ③ たゆまぬ挑戦を続けるケイちゃんの「今」と「未来図」

26
0
 
 この日何の日? 
増田惠子のアルバム「そして、ここから…[40th Anniversary Platinum Album]がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2022年のコラム 
佐野元春インタビュー ④ 僕のリリックはコヨーテバンドの演奏でより豊かに響く

Re:mind 80ʼs「⻩金の6年間 1978-1983」Spotify

今こそ聴きたい「FM STATION 8090」サブスクでは味わえないテイスト満載!

増田惠子「そして、ここから...」歌手としての多彩な魅力が味わえるソロ40周年アルバム

増田惠子インタビュー ① 40周年アルバムのテーマは “アンチ・アンチエイジング”

増田惠子インタビュー ② 極寒の雪山で水着姿になった激動のピンク・レディー時代

もっとみる≫




『増田惠子インタビュー ② 極寒の雪山で水着姿になった激動のピンク・レディー時代』からのつづき

社会現象となったピンク・レディーのデビューから45年、中島みゆきから提供された「すずめ」でのソロデビューから40年。その間にフランスデビューを果たすなど、歌手として着実にキャリアを重ねてきた増田惠子のソロ40周年記念アルバム『そして、ここから…[40th Anniversary Platinum Album]』が7月27日にリリースされた。豪華作家陣による新曲5曲を含む同アルバムは、ソロ名義で発表した全シングル表題曲に加え、ピンク・レディー時代のソロ音源も網羅されたアニバーサリー企画にふさわしい内容。9月2日の誕生日には記念公演『増田惠子40th Anniversary & Birthday Live“そして、ここから…”』の開催が発表されるなど、いつにも増して精力的な活動を展開中だ。その “ケイちゃん” へのロングインタビュー。最終回は進化し続けるソロシンガーの今の想いと “野望” を訊く。

歌い方を変えて見えた“新しい景色”




― 最新アルバム『そして、ここから…』に収録される新曲5曲のうち3曲(「Del Sole(デル・ソーレ)」「Et j'aime la vie(エ・ジェム・ラ・ヴィ)~今が好き」「こもれびの椅子」)が4月以降、順次先行配信されてきました。周囲の反響はいかがですか?

増田惠子(以下、増田):「3曲ともタイプが違うけど、どの曲もケイちゃんの歌になっているね」ということは複数の方から言われました。自分ではなかなか客観的に見られないので、そういう評価は嬉しいし、ありがたいです。

― 確かに曲調も詞の世界観も全く異なりますが、ケイさんは表情豊かに歌い分けていて、無理がありません。

増田:本当ですか!? ボイストレーニングをしてきてよかったです。でもそう聴こえるのは西澤さん(音楽プロデューサーの西澤雅巳氏)のボーカルディレクションのおかげで、私自身はまだまだ自分のものになっていないと感じています。歌うたびに違う歌い方になっていますから。この間もね、うちで「Et j'aime la vie」を歌っていたとき「掴んだ!」と思う瞬間があって、その感覚を忘れたくないから、しばらく固まっていました(笑)。

― 動くと忘れてしまいそうだと?(笑)

増田:そうなの! 学生時代も暗記したことを忘れちゃいけないと思って、試験のときはお手洗いに行くのを我慢していたんです(笑)。残念ながら今回は翌日になったらまた違う歌い方になってしまって「まだまだ揺らいでいるな」と思いましたが、練習を重ねるなかで気付きもありました。これまでの私は「ちゃんと歌いたい」という気持ちが強くて、「ピッチやリズムは正確に」とか、そういうことに意識を向けてきたんですけど、もっと自由に歌ってもいいのかなと。

― なにかきっかけがあったのでしょうか、

増田:つい最近のことなのですが、「こもれびの椅子」を練習しているとき、兄夫婦のことを思いながら歌ったら、すごく優しい気持ちになって。それまで私は詞の世界を自分に置き換えて歌っていたんですけれども、兄夫婦の姿に重ね合わせたら、新しい景色が見えたんです。

― 「こもれびの椅子」は長い時間を一緒に過ごしてきたカップルの姿を描いていますが、その対象を替えたら違う解釈が生まれたと。

増田:ええ。今さらかもしれませんが、「歌ってそういうものなんだな」って。「こう歌おう」とあらかじめ歌い方を決めるのではなく、そのときどきの想いを乗せて歌えばいい。そう思えるようになりました。それに今はカラオケで練習していますけど、ライブになったら楽器の編成が違う。目の前にはお客さんもいらっしゃるわけですから、今とは違う感覚になると思うんですよね。以前、私のライブを20年くらい支えてくれているピアニストのヒロちゃん(森丘ヒロキ氏)から「ケイさんは僕が違ったフレーズを弾くと、それに合わせて歌い方が変わる。すごいプレッシャーだけど、それがケイさんのいいところだと思う」と言われたことがあるので、もともとその場に合わせた歌い方をしていたのかもしれないんですけど、今回初めてそれを意識することができました。

挑戦できることがまだあるんだ、と分かったことが幸せ


― 5曲もの新曲ができたことで、新しい気付きがあったのかもしれませんね。ところで、今回のアルバムには限定盤付属のDVDに昨年11月に開催した配信ライブの映像が収められています。無観客の配信ライブは初めての経験だったそうですが、やり終えてみていかがでしたか。

増田:すっごく緊張しました。観てくださっている方の反応が分からないので、手探りのライブでしたけど、新しく挑戦できることがまだあるんだと分かったことが幸せだったし、そういう機会を与えていただいたことに感謝しています。当日はピアノ、ギター&チェロ、パーカッション、コーラスという少人数のアコースティック編成でピンク・レディーの歌も歌ったのですが、最初は「あのサウンドを再現できるのかな?」という不安もあったんです。ところが蓋を開けてみたら素晴らしくて。跳ねたサウンドの中に大人のムードもあって「こういうことができるんだ!」とカルチャーショックを受けました。固定観念に捉われていてはいけない、新しい可能性を信じて冒険しなくちゃ! という学びもあった配信ライブでしたね。

― その配信ライブからは「UFO」「すずめ」「白い小鳩」(オリジナル歌唱:朱里エイコ)の3曲の歌唱映像がアルバム発売に先駆けて配信されました。なかでも「UFO」はdTVのLIVE映像ランキング(楽曲ごと)で1位になるなど、大きな評判を呼んでいます。

増田:嬉しいです! あの映像では後ろにコーラスのYUKAちゃんがいるんですけど、1人「UFO」が新鮮だったみたいで、多くの反響をいただいて。「声が変わっていなくて、ケイちゃんの『UFO』という感じがする」とか「昔は入院ばかりしていたイメージがあるけど、こんなに躍動感のあるケイちゃんを観られて嬉しい」と書き込んでくださる方もいて、ありがたいなと思いました。「すずめ」には「もう恋だの愛だのという年齢じゃないけど、一層心に響いて泣けた」、「白い小鳩」には「ケイちゃんはこういう曲が合う」というコメントをいただいて、それも励みになりましたね。

変わる音楽環境、新しいツールも活用したい




― 昭和から平成、令和と時代が変わり、音楽を取り巻く環境は激変しました。今回のアルバムもCDの発売に先行して音源や動画が配信リリースされたり、「増田惠子が選ぶ「Del Sole」と聴きたいピンク・レディー(Selected by Pink Lady "KEI")」のプレイリストが公開されたりしています。リスナーとの接点が増えたことに関してはどう捉えていらっしゃいますか。

増田:わざわざCDショップに行かなくても手軽に音楽を聴けるというのは便利ですよね。「UFO」の歌唱映像が多くの方にご覧いただいているのも、ピンク・レディーのキラキラした衣装を着たサムネイル画像を見て興味を持ってくださる方が多いのかも。

― 往時を知るファンだけでなく、最近は昭和好きの若年層にもピンク・レディーの魅力が浸透しているようです。

増田:それは嬉しいなぁ。かつてのようにお小遣いを貯めてレコードやCDを買わなくても、動画サイトや配信サービスを通じて多くの方に知っていただける時代になったからかもしれませんね。それ自体は素晴らしいことだと思うのですが、今は個人で音楽を聴くことが多いでしょう? もちろんそういう聴き方もいいんですけど、昔のようにテレビやステレオを囲んで、みんなで楽しむ聴き方もあっていいと思うんですよね。

― 今はそれがライブなのかもしれませんね。気になる音楽をネットで探して、気に入ったらそのアーティストのライブに足を運んで、同じ推しを持つ仲間と盛り上がる。そういう流れがあるように思います。

増田:なるほど~。これからは新しいツールも活用していかないといけませんね。そうそう、遅ればせながら私も最近インスタグラムを始めましたので、よかったら皆さんフォローしてください!(笑)。

― 是非インスタライブもお願いします(笑)。常に前向きな姿勢でキャリアを重ねてきたケイさんですが、歌手・増田惠子の持ち味、個性はどこにあるとお考えですか。

増田:う~ん、なんだろう。決して歌は上手くないし… やっぱりこの声ですかね。かつては「絶望的な声」と言われましたけど(笑)、最近は会話をしているときの相槌が心地いいと言われることがあって、もしかすると癒しの声になりつつあるのかも。でも絶望的な声もどこかに眠っているはずだから、今の声と融合させて、私じゃなきゃ表現できない楽曲を歌えたらいいですよね。

新しい曲を1つでも多く歌いたい




― その第一歩が『そして、ここから…』になるのではないでしょうか。制作を通じて多くの方との出会いがあったようですが、そのなかで感じたこと、変化したことなどがあればお聞かせください。

増田:異なる色を持つ新曲を5曲も歌わせていただいたからだと思うのですが、歌の世界を伝えることには「ここまででいい」という限りがない。だからもっともっと勉強して、表現者として磨きをかけていかなければと。今までは「あと何年歌えるか分からないけど、歌える限りは…」くらいの気持ちだったのが、「残された時間で、いろんなジャンルの曲をできるだけたくさん歌いたい」と思うようになりました。

― 歌への想いがかき立てられて、さらなる可能性を試したい、新たなジャンルに挑戦したいという貪欲さが生まれたと。

増田:そうなんです。“歌いたい願望” がさらに強くなっちゃったの!(笑)。もちろん今までの曲も大切に歌っていきますけど、新しい曲を1つでも多く歌いたいと思っています。

― それはコロナ禍で有観客のライブが制限されて、歌う機会が激減したことの反動という側面もあるのではないでしょうか。

増田:はい、その通りです。昨年挑戦した無観客の配信ライブはとても意義がありましたけれども、その反面、お客さんの反応が見えない寂しさもありました。「ファンの方たちに支えられている」ということは以前から分かっていたことですが、直接会えない期間が長くなったことで、「ケイちゃん!」って声を掛けられること、お客さんとコミュニケーションをとりながら歌えることが自分にとってかけがえのない歓びなんだということに気付くことができたんです。

40周年記念公演開催決定! 「そして、ここから…」に込められた想い


― 9月2日、ケイさんの誕生日に40周年の記念公演がビルボードライブ横浜で開催されることが決定しました。有観客のワンマンライブは2019年12月の大手町ホール以来2年9ヶ月ぶり。想いが爆発するステージになりそうですね。

増田:久しぶりに皆さんと会えることが楽しみで、今からワクワクしています。これからはなるべく多くのライブを開催していきたいと思っていますので、9月は予定が合わないという方はこの先の発表をチェックしていただけたら嬉しいです。

― 最後にファンの方へのメッセージをお願いします。

増田:アルバムタイトル『そして、ここから…』の「…」にはこの先の未来に対する想いが込められています。どこまで続けられるかは分かりませんけど、「・」の数が6つ、7つと増えていくように自分を磨いて、心を磨いて歌い続けていきますので、「ここからも」私と一緒に時間を紡いでいってくれたら嬉しいです!

(取材・構成 / 濱口英樹)


チャレンジ精神旺盛で、新しいことに挑み続ける増田惠子さん。お話を伺って実感したのは、いつも感謝の気持ちを忘れない…という姿勢。往年のファンはもちろん、若い人たちにも想いは伝わっています。きたる40周年記念公演が今から本当に楽しみです。貴重なお話、ありがとうございました!

特集! ピンク・レディー伝説

▶ 増田惠子のコラム一覧はこちら!



2022.07.31
26
  YouTube / Victor Entertainment


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
濱口英樹
コラムリスト≫
45
2
0
2
2
増田惠子「そして、ここから...」歌手としての多彩な魅力が味わえるソロ40周年アルバム
カタリベ / 濱口 英樹
41
1
9
8
8
言葉の魔術師、阿久悠の80年代仕事 — 円熟を極めた素晴らしき作品群
カタリベ / 鈴木 啓之
93
1
9
7
7
歩き出す一人のアイドル、桜田淳子の第二章は「しあわせ芝居」から
カタリベ / 指南役
26
2
0
2
2
増田惠子ソロ40周年の新曲、上田知華が作曲した「Et j’aime la vie ~ 今が好き」
カタリベ / 長井 英治
53
2
0
2
2
増田惠子インタビュー ① 40周年アルバムのテーマは “アンチ・アンチエイジング”
カタリベ / 濱口 英樹
23
1
9
8
1
わずか4年の活動期間、ピンク・レディーは僕らのヰタ・セクスアリス
カタリベ / 時の旅人