5月11日
少年チャンピオンのバンド漫画「気分はグルービー」幻の曲に出会えた感動
86
0
 
 この日何の日? 
週刊少年チャンピオンの連載漫画「気分はグルービー」最終話が掲載された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
コートニー・コックスも踊る!デ・パルマが撮ったスプリングスティーン

髪型マネていいっすか?イアン・マッカロクのヘアスタイルに挫折した日々

ベガルタ仙台の応援歌に継承された80年代の馬鹿ロックアンセムとは!?

リマールの抜けたカジャグーグー、私は断然ニック・ベッグス派♡

佐野元春がひとりぼっちで生み出した勇気、今こそ鳴り響く「VISITORS」

アレンジの値段は適正か?ユーリズミックスそっくりな山下久美子の曲

もっとみる≫


ありがとう、Re:minder!

今回のコラムはRe:minderへの感謝から始めたい。

何故ならば、もしRe:minderでコラムを書かせてもらっていなかったら、高校生の時に大好きだった漫画に登場する「ア・パート・オブ・ユア・ライフ」という曲と実際に出会うことが出来なかったのだから…

読者の皆さんは、1981年~1984年の間に週刊少年チャンピオンに掲載されていた『気分はグルービー』(作・佐藤宏之)という漫画を覚えているだろうか?

僕は未だに、この作品が「バンド漫画」の最高傑作だと思っている。高校生バンドを描いた痛快でリアルな青春物語で、描かれる期間は主人公のケンジが高校1年生~3年生の卒業まで。ちょうど僕も主人公と同じ齢だったためか、非常に感情移入もし易く、まるで主人公が自分であるかの如く物語に夢中になり、ヒロインのヒサコに恋をした。楽器が弾けずバンド結成の夢を諦めていた僕は、この漫画の主人公が自分だと妄想していたんだね、きっと。

物語の詳細を書き始めるととてもとても長くなってしまうので割愛するけど、読んだことがない方のため簡単に紹介すると――

母親から勉強の邪魔になるとドラム演奏を禁止された主人公・ケンジが、同級生だけどひとつ年上のヒサコ(訳あってダブったため)にバンドに誘われるところから物語が始まる。ヒサコがキーボードを担当するバンドの名前は「ピテカントロプスエレクトス」(以下ピテカン)。コンテストで全国優勝を目指す実力派バンドだ。

母親の反対を押し切りドラムとしてピテカンに参加したケンジとヒサコの恋愛模様を軸に、硬派に全国優勝を目指すバンド活動と、個性的なバンドメンバーが繰り広げる学園生活… 青春コメディという感じかな。

青春コメディと言っても、終盤はケンジとヒサコの高校卒業に合わせたかなりシリアスな内容になってくる。この二人やメンバーの進路問題がかなりリアルかつ見事に描写されていて、この漫画を名作と言わしめる理由はここにあると僕は思う。

大学進学か就職か、それともプロミュージシャンを目指すのか…

ヒサコはプロになる気持ちはなく大学進学を目指し無事合格します。ケンジもプロを諦め大学進学を目指すものの不合格。プロを目指すメンバーから一緒にやらないかと誘われ、考えに考えた末にプロになると決断したケンジに今度は大学から補欠合格の通知が届く。

ケンジはプロか大学かどちらの道を選ぶか迷い悩みます。ヒサコは、ケンジが大学を選べば一緒にいられるが、プロの道を選べば別れなければならないかもしれないと、ケンジの進学を望みます。そして、それぞれが複雑な心情を抱えたままピテカンの解散コンサートが開かれるのです。

そんなコンサートの終盤で、ケンジとヒサコがデュエットする曲があるんだ。そう、それが冒頭に紹介した「ア・パート・オブ・ユア・ライフ」という曲。

プロの道を選んだケンジとの別れを覚悟したヒサコの涙とともにこの曲が作中で歌われるシーンは、『気分はグルービー』ファンなら誰もが涙したはずだ。

漫画なので音はなく、英語の歌詞が書かれているだけなのに、号泣させられた曲。

曲名などのクレジットは入っていたし、当時から実在する曲をカバーしているということは読者としてわかっていたけど、インターネットなど無い時代で原曲を探す術もなく、一度も聴いたことがなかった。そんな曲に、このコラムを書くにあたりいろいろ調べていたら巡り合うができたという感動――。

「ア・パート・オブ・ユア・ライフ」のオリジナルはチャーリー・リッチで、それをカバーしたのがクリス・クリストファーソン&リタ・クーリッジ。こちらは夫婦のデュエットなので、作中で歌われるシーンは、二人をイメージした方がいいのではないかと思う。

それにしても、原曲を聴いてみてびっくりしたのは漫画の中で、絵や文字のみでイメージしていたのと原曲の曲調がほぼ同じだったこと。このコラムで「ア・パート・オブ・ユア・ライフ」を初めて聴く『気分はグルービー』ファンの感想は果たしてどうだろうか。

1984年に漫画の中で出会った70年代前半の曲に、Re:minderを通して2018年に出会うことが出来たという事実。YouTubeがスゴイという言い方もあるけど、やっぱりRe:minderに感謝でしょ。

2018.01.21
86
  YouTube / Gen Minamoto


  YouTube / cwestlake
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
40
1
9
7
8
すすめ!!パイレーツとマカロニほうれん荘、漫画がロックになった日
カタリベ / 鎌倉屋 武士
26
1
9
8
2
早打つ鼓動を抑えつつ。漫画オリンピアとTOTOの「ロザーナ」
カタリベ / 時の旅人
39
1
9
8
1
1982年のアカデミー歌曲賞は名曲「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」
カタリベ / DR.ENO
46
1
9
8
0
あしたのジョーとジョー・ストラマー、二人のジョーを受け継ぐ森山達也
カタリベ / 本田 隆
36
1
9
8
8
1988年の夏休み、40ベイビーズとVESPAとスライダーズ
カタリベ / inassey
Re:minder - リマインダー