11月17日
ブロンド好きのスーパースターがカープール・カラオケにやってきた!
54
5
 
 この日何の日? 
ロッド・スチュワートのアルバム「ブロンズ・ハヴ・モア・ファン」が全米でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1978年のコラム 
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 女の静と動を描く阿木燿子の才能

今聴いてもやっぱり名曲、色褪せない青春ソング「時代遅れの恋人たち」

ユーミンサウンドとオトナの胸キュンドライブ「埠頭を渡る風」

EW&Fと六本木、僕の妄想は大箱ディスコとユーロビートに侵略された

ハイ・ファイ・セット vs 浜田省吾、女と男のひとりぼっちのクリスマス

ヒリヒリと身をよじらせて歌いたくなる吉田拓郎の「外は白い雪の夜」

もっとみる≫

photo:TODAY  

ずっと前から感じていたことだが、僕たちの世代は、本当にロッド・スチュワートとの相性が悪いと思う。何故なら(一部の早熟な音楽ファンを除く)殆どの人にとって、初めて聴いた彼の曲が「アイム・セクシー(Da Ya Think I'm Sexy?)」だったからだ。

運の悪いことに、この曲は超ディスコサウンドだった。確かに当時は空前のディスコブームで、ローリング・ストーンズ「ミス・ユー」、クイーン「地獄へ道づれ(Another One Bites The Dust)」に代表されるように、ロック界の大物たちがこぞってそれ風のサウンドを採り入れていたが、ロッドのそれは他の追随を許さないほど強烈なものだった。

更に、この曲が収録されたアルバム『ブロンズ・ハヴ・モア・ファン』には『スーパースターはブロンドがお好き』なんて邦題が付けられていて、彼に対してロックミュージシャンと言うよりはハリウッドのセレブリティのような印象を持ってしまっても仕方なかった。

このように僕たちの世代は、彼がジェフ・ベック・グループやフェイセズのリードボーカルだった頃のことも、「マギー・メイ」や「今夜きめよう(Tonight's The Night)」の大ヒットもよく知らずに、彼のことを過小評価していた気がする。だが、彼はその後、何度も僕たちに再発見・再評価の機会を与えてくれた。

93年には旧友ロン・ウッド(ザ・ローリング・ストーンズ)とMTV Unpluggedに出演し、ブライアン・アダムスとスティングの2人と一緒に「オール・フォー・ラヴ」をヒットさせた。21世紀に入ってからは、スタンダードナンバーをカバーした『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック』4部作を全て全米TOP5入りさせたと思えば、直後にロック回帰を宣言してカバーアルバム『グレイト・ロック・クラシックス』をヒットさせている。

2015年には、ラッパーのエイサップ・ロッキーが「エヴリデイ」という曲の中で、ロッドが72年にオーストラリア出身のバンド、パイソン・リー・ジャクソンと共演した「イン・ア・ブロークン・ドリーム」をサンプリングしたことで、ロッドの声が再びヒットチャートに戻って来た。そして満を持してロッド本人が、カープール・カラオケに登場。これは、いわゆる大御所アーティストとして初めてのことだった。

映像を観るまでもなく、70歳を過ぎてなおミュージシャンとして、男として “現役感” 溢れる感じは本当にあっぱれだし、ミック・ジャガー(ザ・ローリング・ストーンズ)よりも、ロバート・プラント(レッド・ツェッペリン)よりもずーっとカッコいいと思うのだが、皆さんはどう思われるだろうか?


Da Ya Think I'm Sexy? / Rod Stewart
作詞・作曲:Rod Stewart, Carmine Appice
プロデュース:Tom Dowd
発売日:1978年11月10日


■Rod Stewart
「Maggie May」(71年10月2日1位)
「Tonight's The Night(Gonna Be Alright)」(76年11月13日1位)
「Da Ya Think I'm Sexy?」(79年2月10日1位)
『Blondes Have More Fun』(79年2月10日1位)
「All for Love」(94年1月21日1位)
『The Great American Songbook』(02年11月9日4位)
『Still The Same…Great Rock Classics of Our Time』(06年10月28日1位)

■The Rolling Stones
「Miss You」(78年8月5日1位)

■Queen
「Another One Bites The Dust」(80年10月4日1位)

2017.03.02
54
  YouTube / The Late Late Show with James Corden 


  YouTube / RHINO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田秀樹(ohtachan)
それだけディスコ旋風が半端なかったということでしょうね。ディスコにすれば大体売れる、みたいなことを諸先輩方は言ってました。もういっそのことディランとかもディスコやってたら面白かっただろうなあ、と今にして思います。
2017/03/03 07:53
1
返信
1966年生まれ
太田秀樹(ohtachan)
今のティーンエイジャーには全くピンとこないと思いますが、やはり当時は単純だったのかもしれません。ロックとディスコの構図は、反体制と商業主義、ひいては善と悪のような二元論で語られることが多かった気がします。
2017/03/03 07:47
1
返信
1965年生まれ
中川 肇
そう言えば、中村俊輔がCelticに在籍していた頃、日本でもGlasgowでの試合の様子がTVで頻繁に観られましたが、スタンドにいるRodさんの姿がよくカメラに抜かれてましたね :D
2017/03/02 23:40
0
返信
1965年生まれ
中川 肇
彼ほどカッコいいボーカリストは中々いないと思うのですが、同世代の人間に共感してもらいにくいのは本当に残念です :(
2017/03/02 23:39
1
返信
1965年生まれ
宮木 宣嗣
相性が悪い、全くもって同感です。「アイム・セクシー」は本当に苦手でした。未だその余波は残っている気がします
2017/03/02 11:11
1
返信


カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
46
2
0
1
7
愛にすべてを… クイーンのフロントマンにふさわしいのは誰?
カタリベ / 中川 肇
51
1
9
8
1
燃えろ青春、明るく突き抜けた80年代のロッド・スチュワート!
カタリベ / 藤澤 一雅
60
1
9
8
0
クイーンの「ザ・ゲーム」、僕が選ぶ歴代ナンバーワンアルバムはこれだ!
カタリベ / 藤澤 一雅
31
1
9
8
5
長髪のフレディを知らない子どもたち、の迷いごと ~ クイーンに捧ぐ
カタリベ / ソウマ マナブ
30
1
9
7
9
NYの伝説的ディスコ「スタジオ54」セレブの集まるクールな社交場
カタリベ / 中川 肇
40
1
9
9
0
CBSの「カープールカラオケ」番組ヒットの功労者はマライア・キャリー!
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー