11月5日
ユーミンサウンドとオトナの胸キュンドライブ「埠頭を渡る風」
43
6
 
 この日何の日? 
松任谷由実のアルバム「流線形'80」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1978年のコラム 
アチャー!からの、ノーゴダイゴ、ノーライフ

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 女の静と動を描く阿木燿子の才能

今聴いてもやっぱり名曲、色褪せない青春ソング「時代遅れの恋人たち」

ブロンド好きのスーパースターがカープール・カラオケにやってきた!

EW&Fと六本木、僕の妄想は大箱ディスコとユーロビートに侵略された

ハイ・ファイ・セット vs 浜田省吾、女と男のひとりぼっちのクリスマス

もっとみる≫

photo:HIP TANK RECORDS  

ドライブデートが当たり前だった80年代。

電車が走っていない深夜の時間、朝日が眩しい時間… 車はいつでも、恋人たちをどこまでも遠くへ運んでくれました。

二人だけの「密室の空間」として。


前回は、大人のラブラブモード全開。ユーミンサウンドの代表曲、車デートの真骨頂の「中央フリーウェイ」でしたが、2回目もユーミンの曲の中で代表的な存在、「埠頭を渡る風」(1978年)です。


埠頭は、東京の「晴海埠頭」。コンビナートの夜景とドライブ。またまた映像が目に浮かんできますね。

ですが、あまりにも有名なユーミンのドライブの曲なのに、曲の中で描かれる男女の関係性がわからない! 知っている人がいたら、教えて!! と、言いたくなってしまいます。

でも、なぜか泣ける、胸キュンになります。そこが、さすがユーミン! なんですよね。


 青いとばりが道の果てに続いてる
 悲しい夜は私をとなりに乗せて
 街の灯りは遠くなびくほうき星
 何もいわずに 私のそばにいて

 もうそれ以上 もうそれ以上
 やさしくなんてしなくていいのよ
 いつでも強がる姿うそになる


この2人が恋人として、付き合っているのかどうか… はっきりとした、明確な言葉は出てこないのです。

ただ、女性目線から、男性に読み取っていただきたいのは、女性は好きな男性が悲しみを抱えている時こそ、そばにいたい。自分をそばに置いて欲しい… と思っています。

そばにいることしかできないかもしれない、悲しみの解決にはならないかもしれない。

優しい態度で気を遣って、強がらずに、今、私といる時は背中を丸めて悲しみの姿を見せてもいいのよ、と。

そして、女性からのさりげない男性への愛情表現。


 白いと息が闇の中へ消えてゆく
 凍える夜は 私をとなりに乗せて
 ゆるいカーヴであなたへたおれてみたら
 何もきかずに横顔で笑って


これこそ、クルマ、車の中でしか、ドライブでしか出来ない愛情表現なんですよ。そして、お互い言葉を必要としない。ゆるいカーヴなんて倒れる訳がないんだけど(笑)。

女性は好きな相手でなければ、男性に身体を寄せることはしません。

もしかしたら、女性は、はっきりと男性に「愛してる」と言えない立場、もしくは、気持ちを重く感じさせないように気を使いたかったのかもしれない。

「あなたのことが好きよ」と、この気持ちが、「あなたに倒れてみたら」のように自然と、気持ちと身体が男性に倒れていった、寄り添ったのかなと。

男性の皆さん、助手席の女性が、緩いカーヴで倒れてきたことはありませんか。

助手席の女性は、ドライブ中に「あなたが好き」の何かのサインを出していたと思いますよ。ユーミンの歌詞は、現実に、そう思わせてくれますよね。

そして、あなたが悲しい時は、是非、彼女を隣に乗せてあげてくださいね。


たまには強がらずに。

2017.05.28
43
  YouTube / 松任谷由実


  YouTube / ユーミンの曲 口ずさんで 海を見ていた午後
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
みのすけ
TwitterからRe:minderを知りカタリベ雪路さんへとたどり着きました。この時代。私にとっても、まさしくドハマりな時。色んな胸キュンな思い出が一気に蘇ってきます。束の間私は、十代のあの頃へ、、
2017/05/29 18:51
1
返信
1968年生まれ
稲田 雪路
Mr.東京タワーさま
素敵なメッセージをありがとうございます!!
励みになります。
本当に名曲過ぎる名曲ですが、ユーミンと正隆さんの素晴らしいサウンドの世界観は永遠ですね。
2017/05/29 02:11
1
返信
Mr.東京タワー
天賦の才が冴えわたる曲と女性の切ない気持ちを切り取った歌詞、正隆さんらしいゴージャスなサウンド、非の打ちどころがない名曲ですね。女性目線でのレビューとても勉強になります。続編とも言える「星空の誘惑」もお願いします!
2017/05/28 11:21
1
返信
若大将
音楽は、メロディが心地よいかどうか、で聴いてきた私にとって、歌詞の意味をあまり深く考えたことがありませんでした。今回の女性目線からの解説で、ユーミンの素晴らしさを再確認させていただきました。ありがとうございます!
2017/05/28 09:49
1
返信
1968年生まれ
稲田 雪路
若大将さん
素敵なメッセージをありがとうございます!
嬉しいです。

メロディーの心地よさ、わかります!
この曲はイントロから印象的で心地よさを感じますよね。
「ゆるいカーブで〜」は女性からの「愛してる」の意味で、さり気なく伝えているのが切ないですね。
そして、女性たちはこれをよく使いました(笑)。
奥ゆかしかったんですよ、みんな(^。^)
2017/05/29 02:15
0
カタリベ
1968年生まれ
稲田雪路
コラムリスト≫
31
1
9
7
6
ユーミンサウンドとオトナの胸キュンドライブ「中央フリーウェイ」
カタリベ / 稲田 雪路
30
1
9
8
3
ユーミンサウンドとオトナの胸キュンドライブ「星空の誘惑」
カタリベ / 稲田 雪路
44
2
0
1
7
ムッシュとユーミンのただならぬ関係、中央フリーウェイで楽しいバス旅行
カタリベ / 佐々木 美夏
60
1
9
8
1
究極のラブソング、松任谷由実の「A HAPPY NEW YEAR」
カタリベ / 藤澤 一雅
18
1
9
8
2
ユーミンの都市伝説と女子高生、ショッピングモールでトレンドを摑め!
カタリベ / 時の旅人
48
1
9
8
2
1982年夏の最強タッグ、ユーミンと聖子がいなかったら夏休みは始まらない
カタリベ / 親王塚 リカ
Re:minder - リマインダー