10月6日

大映ドラマ栄光の80年代「スクール☆ウォーズ」と胸アツ!カヴァー主題歌

43
1
 
 この日何の日? 
TBS系ドラマ「スクール☆ウォーズ」の放送が始まった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
あのネーナが大復活、ロックバルーンは美魔女になっていた!

ヒットの威力を思い知る!女子高校生バンドの定番だった「六本木心中」

アン・ルイス「六本木心中」おしゃれなディスコでも、この曲だけは!

ポール・ウェラーの魅力、華やかなファッションセンスと骨太のメッセージ

運動会を休んでまで観た「炎のキン肉マン」最高にカッコよかったぜ!

岡田有希子「恋 はじめまして」アイドルの品格を上げる竹内まりや提供曲

もっとみる≫




ドラマ「スクール☆ウォーズ」の強烈なインパクト


「スクール☆ウォーズ」―― いまだにこんなインパクトを残したドラマを知りません。

山下真司はいまだに滝沢先生のイメージだし、松岡修造の熱血っぷりを見てもこのドラマの影響を想像してしまいます。こんな名セリフもことあるごとに引用、パロディ化されますし。
 
「お前ら、悔しくないのか!」
「悔しいです!」

「俺はこれからお前たちを殴る!!」

実在のモデルだった平尾誠二や大八木淳史などもコメンテーターとして関西のテレビ等に出演していたので、どうしてもこのドラマは忘れられません。

大映テレビ制作、大げさな表現に突っ込みどころたっぷり


でもやっぱり大映ドラマ、大げさな表現に突っ込みどころはたっぷり。

芥川隆行のナレーション「この物語は~」で始まるオープニングには、実際のモデルとなった伏見工業の試合映像が使用され、もはや実録ドキュメンタリー状態。

デフォルメ化された、悪の極みともいえる不良、やたらと多い出演者、そしてその出演者がやたらと死亡するストーリー。しかし、その大げさな演出に応える出演者の熱すぎる演技が胸を打つのです。

言わずもがなの山下真司に、「悔しいです!」の宮田恭男、そしてイソップ!(スミマセン、役名しか、しかもそのあだ名しか知りません)。献身的すぎるマネージャーの岩崎良美や部員が集うラーメン屋の梅宮辰夫… だいたい死んでしまうのですが、みんないい味出してます。

このジェットコースター的展開を理解するためにDVDで一気見して欲しいですね。特に『ラグビーワールドカップ2019日本大会』でラグビーを知った若い世代に。

主題歌は麻倉未稀、ボニー・タイラー「ヒーロー」をカヴァー


主題歌を歌うは『スチュワーデス物語』に続いての麻倉未稀。

ヒット曲満載のサントラが話題となった『フラッシュダンス』の成功にヒントを得て、サントラ主導で映画をつくったという『フットルース』から、ボニー・タイラーの「ヒーロー」をカヴァー。

なんと分かりやすい展開!

そして、この「ヒーロー」をつくったジム・スタインマンというソングライターが大映テレビとは深い縁で、彼のつくった楽曲はこれだけの大映ドラマに使用されているのです。

『スクール☆ウォーズ』主題歌
■ ヒーロー / 麻倉未稀
■ Holding Out For A Hero / Bonnie Tyler

『ヤヌスの鏡』主題歌
■ 今夜はAngel / 椎名恵
■ Tonight is What It Means To Be Young / Fire Inc.

『このこ誰の子?』主題歌
■ 悲しみは続かない / 椎名恵
■ Good Girls Go To Heaven, Bad Girls Go Everywhere / Pandora's Box

『スクール☆ウォーズ2』主題歌
■ FIRE / 丸山みゆき
■ Out Of The Frying Pan / Jim Steinman

ジム・スタインマンの楽曲は大映ドラマにぴったり!


ジム・スタインマンの作品は批評家から、すべてにおいて大げさ!と言われたりしますが、ミートローフと制作したアルバム『地獄のロック・ライダー』は4千万枚!を超えるヒットを記録するなど、かなりのヒットメイカー。

ドラマチックに盛り上がる楽曲を作らせれば彼の右に出る人はいません。

まさに大映ドラマにぴったり!

今でもカヴァーされ、至るところで演奏される「ヒーロー」なんか、楽曲使用料だけで食ってっていけそうですね。


※2016年8月13日、2019年10月6日に掲載された記事をアップデート



2020.10.06
43
  YouTube / bonnietylerVEVO


  YouTube / Fujita Akira
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田 秀樹
平尾誠二が死んでしまった。僕なんかはこのドラマを観て彼を知ったクチだけにこの曲が頭から離れない。ヒーローを聴きながら彼の著書を読み返している土曜の深夜。

音楽ではないけど、この本は面白いですよ。特に河合隼雄との対談がとても興味深く、面白いのなんの。
https://www.amazon.co.jp/「日本型」思考法ではもう勝てない-平尾-誠二/dp/4478372853?at=1000lorw/?tag=remindertop01-22

「本当の意味でパスの本質を教わったのは大学生になってからです。それまでは、こういうふうに放れという形だけを教えられてきました。手首のスナップをこう使えとか、もっと腰を入れろとか。ところが、パスというのは自分よりも有利な選手にいかにしてボールを移動させるかが本質なんです」
2016/10/23 03:51
3
返信
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
13
1
9
8
4
巷にあふれるラグビーソング、いや「ノーサイド」と「ヒーロー」だけで十分だ!
カタリベ / 吉井 草千里
24
1
9
8
4
不良少女とよばれて、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌
カタリベ / DR.ENO
41
1
9
8
3
大映ドラマ栄光の80年代「スチュワーデス物語」と胸アツ!カヴァー主題歌
カタリベ / DR.ENO
10
1
9
8
3
麻倉未稀だけじゃない!映画「フラッシュダンス」の正統派日本語カヴァー
カタリベ / 鈴木 啓之
25
1
9
8
5
ヤヌスの鏡、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌
カタリベ / DR.ENO
35
1
9
8
4
MVチラ見のお預け状態、史上最強サントラ「フットルース」が席巻した夏!
カタリベ / goo_chan
Re:minder - リマインダー