11月1日
80年代女子高生の恋愛事情〜レベッカ「76th Star」できらめいて
27
1
 
 この日何の日? 
レベッカのアルバム「REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜」がリリースされた日(76th Star 収録)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
夢やぶれて...夢、これ以外将来を作り出すものはない 〜 レ・ミゼラブル

ディオンヌが教えてくれた「愛のハーモニー」人の優しさと現実の厳しさ

西海岸のハイウェイで聴いたドッケン、シスコ ↔ ロスの日帰りドライヴ!

切れ味鋭いコピーライター、NOKKOは作詞家としてもっと評価されるべき

ポリス活動停止、ソロになったスティングの「ブリング・オン・ザ・ナイト」

浜田省吾が癒してくれる「ひとりぼっちのクリスマス・イブ」

もっとみる≫

photo:SonyMusic  

とりあえず都心の女子校に進学すれば、恋も友情も勉強も、充実した高校生活が送れると思っていた。

友情や勉強は、まぁ、いい。
やっかいなのが「恋」。
出会いって難しい。

でも、1980年代といえば、空前の女子大生ブーム。女性向けファッション誌では、ゴージャスな装いの女子大生が大量のブランド品をひけらかし、男性誌では、女子大生の座談会がレギュラー化。

「こんな男がモテる!」や「女性が喜ぶデートコース」、「こんな男には幻滅!」などのテーマの座談会が開かれ、派手に着飾った女子大生たちが勝手きままに語っている。一部の高飛車な意見が、この時代の指標となっていたすごい時代だ。

その影響を少なからず受けるのが高校生である私たち。ただ漠然と共学よりは女子校の方が、きらびやかで楽しい高校生活が送れるのではないか? と錯覚して女子校に進学した人は、きっと私だけではないはずだ。

女子高生たちは女子大生ブームの陰に隠れてしまっているけれど、渋谷の “チーム” の原点は私たちの時代が作ったし(チーム・・最初は複数の有名附属高校の男子がイケメン度を競うサークルみたいなものでした)、ミニ丈の制服に市民権を与えたのも、ルーズソックスになる前のクシュっとした靴下も、後の女子高生ファッションの原点をつくったのは、渋谷で遊んでいた女子高生である私たち。

窮屈な制服をいかにかわいく、いかに魅力的にみせるかを、ずいぶんと研究してきた。小物とメイクと髪型と。校則ぎりぎりラインで精一杯おしゃれする。すべては、「輝く自分になる」ため。そして、素敵な恋をみつけるために。

そんなときに聴いていた曲。レベッカの「76th Star」。
イントロが短くて、すぐにインパクトのある歌詞が耳に飛び込んでくる。

 星くずたちよ聞いて 私 約束するよ
 世界中の誰より 輝いてみせるって

歌詞に自分の状況を重ねて妄想する。
“世界” = “私をとりまく世界” で輝きたい。

高校生の私たちが考える “輝き” は単純だ。かわいくなることが輝くことだと思ってる。友人たちから 「かわいい!」 という言葉を貰えたら、それだけですべてが上手くいく気にさえなってしまう。

恋をみつけるためには行動も必要だ。 
女子高生が考える出会いを求める行動なんて3つくらい。 

1)男子校の学園祭に行く
2)中学時代の同級生や先輩
3)合コン

1)学園祭は、開催される時期によっては定期試験と重なってしまい、あまり期待できない。
2)中学時代の交友関係を手繰り寄せる出会いは、選択率が低い。“過去” のイメージが強いんだよね、たぶん。
3)合コンは、“出会いに対して意識が高い人が参加するはず” との仮説から、「とりあえず、これに賭けてみよう」という気になる。出会いを求める者同士が協力し合い、あらゆるコネを駆使して合コンを設定。合コンの情報はクラス全員で共有する配慮を欠かさない。

―― さて、当日。
見様見真似でセッティングした高校生の合コンはというと、ジュースでカンパイ。かわいいもんだ。

しかし、3回目くらいでふと気づく。知り合いは増えても、ぜんぜん恋に発展しない。初対面の相手に気疲れもする。合コンに出合いがあるなんて錯覚だ。合コンなんて高校生にはまだ早すぎたのか、そもそもご縁がなかったのか。

歌詞はこう続く、

 アナタがアタシの総てを変えたわ
 探しつづけてた 心のカギ 扉をひらけば

このたった2行の歌詞から、深く愛され、満たされていて、この出会いで自分の可能性が広がったことが伝わってくる。そんな素敵な相手とどこで出会えるの? 誰か教えて欲しいもの。

出会う相手を妄想する。性格、ルックス、シチュエーション。友人たちと “妄想物語” を語り合うのはいつだって盛り上がる。そして、最後はいつも「恋したら、きっときらめくはずだよね」って笑いあう。

妄想物語を話せば話すほど、イメージがどんどん高まって、もう今日にでも出会っちゃうんじゃないかって、いやいや、もうすでに体験済なんじゃないかって思うくらい、そのイメージに深く馴染んでいく。

 暗い銀河さまよい やっと気づいたの
 トランジスタなBodyもみがけば光だすって
 ・・・世紀に一度舞いおりるエンジェル

ぽっちゃりとした今の体型は大嫌い。小鹿のようにスリムだった体型はどこへやら。もう一度、以前のようなスリムな美しいBodyを手に入れたい。この迷走状態を抜け出して、幸せになりたいよね。天使がいるのなら、どうか私に舞い降りて。

 もしもブルーな時は ほら想い出してごらん
 微笑みは永遠の チャンスの呪文だって

理想と現実ギャップに凹んでも、最後に歌詞が背中を押してくれる。“そうだ、笑顔でいよう。笑顔を忘れないようにしょう” って。

 信じてる何かを つぶやいたら 明日が見えるよ

...確かにそうだ。迷ったときほど前を向かなきゃ。
そして今日もまた、曲の世界に入り込む。曲の世界にイメージを重ね、幸せな気分に包まれる。理想が現実になる日を夢見て。


2017.03.05
27
  YouTube / foster5foster
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1967年生まれ
時の旅人
そうなんですよね。高校時代の合コンは、男女とも「どうやって格好良く見せるか」「どうやって可愛く見せるか」と自分に重点が置かれちゃうんですよね。甘酸っぱい想い出です。
2017/03/10 14:51
1
返信
カタリベ
 ポリ
コラムリスト≫
47
1
9
8
5
憧れの渋谷スクランブル交差点!ハーフポテトな俺たちとレベッカの関係
カタリベ / パックンチョ。
66
1
9
8
8
NOKKOも描いた母娘の確執。口づけをかわした時、ママが前から歩いてきた
カタリベ / かいなってぃー
42
1
9
8
5
切れ味鋭いコピーライター、NOKKOは作詞家としてもっと評価されるべき
カタリベ / スージー鈴木
40
1
9
8
5
レベッカの「フレンズ」は僕にとってサイコーのドライブミュージック!
カタリベ / 藤澤 一雅
32
1
9
8
8
MOON、幽霊の声が入っていると騒がれたティーンエイジの名曲
カタリベ / [edi]
51
1
9
7
8
渋谷の再開発とさらば宇宙戦艦ヤマト、今はさらばと言わせないでくれ…
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー