3月21日

デビュー曲のどアタマの音符に込められた佐野元春の大発明(前篇)

70
2
 
 この日何の日? 
佐野元春のデビューシングル「アンジェリーナ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1980年のコラム 
ダン・フォーゲルバーグ「ロンガー」長く愛される人気の秘密

ドラえもん誕生50周年、劇場版アニメ第1作「のび太の恐竜」から40年!

さだまさし「道化師のソネット」名曲の中で生き続ける “栗原徹” なるピエロ

EPO「DOWN TOWN」から始まってアイズレー・ブラザーズへと続く音楽旅路

デビュー曲のどアタマの音符に込められた佐野元春の大発明

特別だった土曜日の夜、オレたちひょうきん族と EPO の DOWN TOWN

もっとみる≫



photo:佐野元春データベース  

こんにちは。今回からこちらで連載を始めさせていただきます、スージー鈴木と申します。音楽評論家として、地味にいろいろとやっております。よろしくお願いします(新刊『1984年の歌謡曲』 ―イースト新書―、宜しくお願いします)。

テーマ的には、「80年代音楽解体新書」という感じで、懐かしいあの曲この曲の魅力を、音楽的な分析を加えながら、「解体」していきたいと思っています。その第1回は、「佐野元春のデビュー曲のどアタマの音符に込められた大発明」。

デビュー曲は、あの『アンジェリーナ』。その歌い出しの歌詞は「♪シャンデリアの~」。「どアタマの音符」は、「♪シャン」。これを画像で表現すると、こうなります。



「どこが大発明なんだ?」と思われるかもしれません。でも、ちょっと考えてください。普通の歌詞の感覚だと、こうなりませんか? 「♪シャ・ン」と。



さらに言えば、「♪シャンデリアの~」について、普通の日本語の歌詞だと、「♪シャ・ン・デ・リ」となるはずです。それを若き佐野元春は、ちょっと無理矢理に「♪シャンデリアの」まで、詰め込んだのですね。



細かく見ていくと、「シャ・ン」を「シャン」とするのはまだ分かるのですが、「デ・リ」を「デリ」とまとめるのは、なかなかにインパクトがあります。

これがデビュー曲の『アンジェリーナ』(80年)、そして9枚目のシングル『スターダスト・キッズ』(82年)には「♪本当の真実がつかめるまで」というフレーズがあります。これの歌い方は、こんな感じ。



「ほん」と「しん」を1つの音符に詰め込んでいます。さらには「つか」も詰め込んでいます。「シャンデリア」は英語(chandelier)なんで、まだ分かるのですが、「つかめる」という日本語も、詰め込んでしまう。

そしてその結果として、日本語の歌詞なのに、英語の歌詞のようなビート感が発生していると思いませんか? 実はここに、若き佐野元春のラジカリズムがあったわけですね。

では、この方法論が、80年代の音楽シーンの中で、どう広がっていったかを、後編で見ていきたいと思います。


(明日につづく)

2017.03.31
70
  YouTube / fujimitsu2
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
84
1
9
8
0
松田聖子最初のピークは「風は秋色」サードシングルで初のオリコン1位!
カタリベ / 宮木 宣嗣
49
2
0
1
8
変わり続ける 変わらない男。ボーカリスト佐野元春の変遷史
カタリベ / 山口 順平
52
1
9
8
3
1983年夏、夏期講習の帰りに聴いた松田聖子の天国のキッスなどなど
カタリベ / 太田 秀樹
55
1
9
8
3
日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その1)
カタリベ / スージー鈴木
116
1
9
8
0
効果絶大!オフコースの「Yes・No」は歌い出しからいきなり#転調
カタリベ / スージー鈴木
107
1
9
8
5
メロディーメーカーとしての尾崎豊論 ー あれ? なんか新しい
カタリベ / 指南役