3月21日
デビュー曲のどアタマの音符に込められた佐野元春の大発明(前篇)
62
0
 
 この日何の日? 
佐野元春のデビューシングル「アンジェリーナ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
大好きだったビリー・ジョエル、誕生日のプレゼントは「グラス・ハウス」

ガラスのニューヨーク52歳、ビリー・ジョエルの目力でパワー注入中!

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.4

デビュー曲のどアタマの音符に込められた佐野元春の大発明(後篇)

サイボーグ009と共に。いま爆音で響かせたいアニソン「誰がために」

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.5

もっとみる≫

photo:佐野元春データベース  

こんにちは。今回からこちらで連載を始めさせていただきます、スージー鈴木と申します。音楽評論家として、地味にいろいろとやっております。よろしくお願いします(新刊『1984年の歌謡曲』 ―イースト新書―、宜しくお願いします)。

テーマ的には、「80年代音楽解体新書」という感じで、懐かしいあの曲この曲の魅力を、音楽的な分析を加えながら、「解体」していきたいと思っています。その第1回は、「佐野元春のデビュー曲のどアタマの音符に込められた大発明」。

デビュー曲は、あの『アンジェリーナ』。その歌い出しの歌詞は「♪シャンデリアの~」。「どアタマの音符」は、「♪シャン」。これを画像で表現すると、こうなります。



「どこが大発明なんだ?」と思われるかもしれません。でも、ちょっと考えてください。普通の歌詞の感覚だと、こうなりませんか? 「♪シャ・ン」と。



さらに言えば、「♪シャンデリアの~」について、普通の日本語の歌詞だと、「♪シャ・ン・デ・リ」となるはずです。それを若き佐野元春は、ちょっと無理矢理に「♪シャンデリアの」まで、詰め込んだのですね。



細かく見ていくと、「シャ・ン」を「シャン」とするのはまだ分かるのですが、「デ・リ」を「デリ」とまとめるのは、なかなかにインパクトがあります。

これがデビュー曲の『アンジェリーナ』(80年)、そして9枚目のシングル『スターダスト・キッズ』(82年)には「♪本当の真実がつかめるまで」というフレーズがあります。これの歌い方は、こんな感じ。



「ほん」と「しん」を1つの音符に詰め込んでいます。さらには「つか」も詰め込んでいます。「シャンデリア」は英語(chandelier)なんで、まだ分かるのですが、「つかめる」という日本語も、詰め込んでしまう。

そしてその結果として、日本語の歌詞なのに、英語の歌詞のようなビート感が発生していると思いませんか? 実はここに、若き佐野元春のラジカリズムがあったわけですね。

では、この方法論が、80年代の音楽シーンの中で、どう広がっていったかを、後編で見ていきたいと思います。


(明日につづく)

2017.03.31
62
  YouTube / fujimitsu2
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
23
1
9
8
2
SOMEDAY、佐野元春が喚起したちょっと困った工作魂
カタリベ / ソウマ マナブ
54
1
9
8
0
デビュー曲のどアタマの音符に込められた佐野元春の大発明(後篇)
カタリベ / スージー鈴木
107
1
9
8
1
ベタでもいい!佐野元春「サムデイ」は私にとってかけがえのない名曲
カタリベ / 稲田 雪路
16
1
9
8
2
But it's alright! 僕が佐野元春のダウンタウンボーイから教わったこと
カタリベ / 太田 秀樹
42
1
9
8
6
僕の二十歳は1986年、佐野元春は「カフェ・ボヘミア」をリリースした
カタリベ / 太田 秀樹
43
1
9
8
3
僕の前にいきなり現れたロック・シンガー、佐野元春で忙しかった夏
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー