5月2日
サマー・フェアウェルズ、杏里と一緒に過ごした学生最後の特別な夏
34
0
 
 この日何の日? 
杏理のアルバム「サマー・フェアウェルズ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
ハロウィンといえばハロウィンだけど発音はヘロウィンで曲がハロウィン!?

トレンディをブッ飛ばした男たちの挽歌、テーマ曲がボクを熱くする!

音楽を奏でる心意気、それこそがブルーハーツのロックンロール

1987年5月、デイヴィッド・フォスター@昭和女子大学人見記念講堂

酔い覚ましのモトリー・クルー「ガールズ、ガールズ、ガールズ」

大映ドラマの主題歌にこの洋楽を使いたい、胸アツ!ランキング Part2

もっとみる≫

photo:Discogs  

7月に入ってそろそろ夏本番。僕にとって、“夏といえば” というアーティストはサザンオールスターズなんだけど、サザン以外でも、“夏といえば” というアーティストはもちろんいる。その一人が「杏里」だ。

1987年の5月に杏里の「SUMMER FAREWELLS」はリリースされる。彼女の11枚目のオリジナルアルバムだ。この年の夏は僕にとってちょっと特別な夏で、僕はこのアルバムと一緒に、このちょっと特別な夏を過ごすことになる。

1987年の夏が僕にとって何がちょっと特別だったかというと、学生最後の夏(夏休み)だったということ。来年からは社会人、小学校から大学まで続いたひと月を超えるような長い夏休みはもう無いんだなぁ〜という悲しみと、じゃあ最後の夏休みだから思いっきり遊ぼう〜と思っても就職活動でそうもいかないというもどかしさと、もちろん、いよいよ社会人かぁ〜という期待感もあったりして、もの凄く複雑な夏だったんだ。

そんな僕の複雑な心境とこのアルバムは、その「SUMMER FAREWELLS」というタイトルも相まって、見事にマッチしたんだと思う。つまり、子供から大人へと移り変わらないといけない、今までの人生に別れを告げて、新しい人生に向かい合わないといけないという僕の覚悟を、杏里は「夏よごきげんよう(さようなら)」と代弁してくれたんだ、と僕は勝手に思っている。いみじくも、この年の6月、サザンオールスターズは、2枚目のバラードベストアルバム「バラッド2 '83〜'86」をリリースしていて、僕のこの複雑な夏をバラードで演出してくれた、、、杏里もサザンもなんてお節介なんだろう。

杏里はこの「SUMMER FAREWELLS」で尾崎亜美や角松敏生によるプロデュースから卒業して、杏里本人によるプロデュース活動を開始しています。だから彼女も、1978年のデビューからこのアルバムをリリースするまでの杏里と別れを告げて、新しい杏里に “こんにちは” と言いたかったんじゃないかな。僕は、角松敏生プロデュース時代の洗練された都会のイメージの楽曲も好きだけど、このアルバム以降の杏里作曲の楽曲のほうが好きだ。このアルバムからのシングルカットは「HAPPYENDでふられたい」と「SURF & TEARS」の2曲。いづれもJTのサムタイムのCMソングに採用されています。夏を感じさせるダンサンブルなこれぞ杏里って感じがサイコーです。

2016.07.20
34
HAPPYENDでふられたい / 杏里



  YouTube / gucchi
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
33
1
9
8
2
ありがとう、ニッポンのお父さん!夏の海の思い出とサザンオールスターズ
カタリベ / Maria
23
1
9
8
5
鎌倉ラプソディvol.1 江ノ電 ~ サザンオールスターズの鎌倉物語
カタリベ / 時の旅人
46
1
9
8
3
J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.5
カタリベ / @0onos
55
1
9
8
3
J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.2
カタリベ / @0onos
25
1
9
8
1
伝説のゲリラライブを体験、原宿にサザンが響いた日
カタリベ / 鎌倉屋 武士
22
1
9
8
9
J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.3
カタリベ / @0onos
Re:minder - リマインダー