1月

【R.I.P.】ブラック逝去、ワンダフル・ワンダフル・ライフをもう一度…

25
0
 
 この日何の日? 
ブラックのデビューアルバム「ワンダフル・ライフ」がリリースされた月
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1987年のコラム 
中森明菜出演!留守電付きのステレオコンポ「パイオニア プライベートCD」

瓶入りコーラと松本孝美、思い出の味は「I Feel Coke」

80年代のコーラ戦争、デヴィッド・ボウイとティナ・ターナーのペプシCM

カラヤンとキャスリーン・バトル、87年のニューイヤー・コンサート

スタイル・カウンシルよりずっとクールだったブロウ・モンキーズ

デュラン・デュランとナイル・ロジャース、30年以上前からの蜜月関係

もっとみる≫



photo:Amazon  

モーターヘッドのレミー、デヴィッド・ボウイ、グレン・フライといった音楽界の巨星が逝っていくなか、巨星とはいえないですが、一人のミュージシャンがこの世を去りました。その人はブラック(Black)ことコリン・ヴァーンコム。今月巻き込まれた事故の影響で2週間後に亡くなったそうです。まだ53歳だったということです。

ブラックといえば当時サントリーが流通させていたバーボン・ウィスキー、オールド・フォレスターのCMに使用され日本でもヒットした「ワンダフル・ライフ」が有名です。いわゆる一発屋扱いにされることも多い方ですが、実に地道に音楽活動を続けてきた方です。

そのシングル「ワンダフル・ライフ」が収められたアルバム「ワンダフル・ライフ」は個人的に超愛聴盤で来日時にはライヴにも行きました。当時私が住んでいた関西でのライヴは神戸のフィッシュダンス。彼の人柄が伝わる暖かいステージでした。セカンド・アルバム「コメディ」もなかなかの佳作でこれも愛聴してました。ちなみにブラックというのはコリンが3人で組んでいたバンド名で、後に2人が抜け、ひとりでブラックを名乗っていたということらしいです。

「ワンダフル・ライフ」以外にもいい曲はたくさんあるのですが、彼を語る上ではこの曲以外にありません。言わば“心に残るこの1曲”っていうやつです。彼のHPには曲の一節が追悼メッセージとして記されてます。


No need to laugh or cry
It’s a wonderful, wonderful life

2016.02.06
25
  YouTube / Jampa Web Jornal


  YouTube/plantfolklore
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
8
1
9
8
1
ボニー・タイラーと葛城ユキ、共通点がありすぎる本家とカバー歌手の場合
カタリベ / goo_chan
39
1
9
8
3
80年代カラオケの実情:大人の香りと甘い歌声、SWEET MEMORIES
カタリベ / 小山 眞史
69
1
9
8
8
EPICソニー名曲列伝:岡村靖幸「だいすき」が好き過ぎた平成最初の夏
カタリベ / スージー鈴木
17
1
9
8
5
アースシェイカーがリリースした、ウィスキーとの相性バツグン決定版!?
カタリベ / 時の旅人
28
1
9
8
5
これがホントのまさかのシック、春の失意に角松敏生の「スカイ・ハイ」
カタリベ / 小山 眞史
41
1
9
8
0
ブランデー、水で割ったら、アメリカン。チャーリーズ・エンジェルとVSOP
カタリベ / 平マリアンヌ