8月1日
80年代カラオケの実情:大人の香りと甘い歌声、SWEET MEMORIES
23
3
 
 この日何の日? 
松田聖子のシングル「ガラスの林檎 / SWEET MEMORIES」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
マドンナとライ・クーダーに想う、あっちこっちのボーダーライン

過去に戻ってアドバイス!?「あの娘にアタック」と「ライオンは寝ている」

長く暑い夏、東京の酷暑を乗り切るためのスタイル・カウンシル活用法

アイドルマニア垂涎の逸材!多彩な顔ぶれ、83年デビュー組アイドル

80年代の松田聖子でいちばん売れたシングル ー「ガラスの林檎」の変態性

夏に恋する女たち、アーバンな大人たちのひと夏を描いた傑作ドラマ主題歌

もっとみる≫

photo:ORICON STYLE  

「80年代 カラオケ」などのキーワードで検索すると、リアルタイムのカラオケではほとんど聴いたことがない曲まで現れます。当時、京都木屋町のカラオケスナックでほぼ毎日働いていた自分にとっては相当な違和感があるのです。そこで、この連載では「80年代、本当に歌われていた曲だけ」を取り上げてみようと思います。

バーのステージで歌う歌姫とそれを見つめる男。ハードボイルドのワンシーンにありそうな「イキな大人の香りがするシーン」をペンギンが演じる。それが、サントリーCANビールのCMで注目されました。

あまりにも有名なこのCMで一世を風靡したのが松田聖子さんの『SWEET MEMORIES』。当初は、アーティスト名が公開されず、「誰が歌っているの?」と話題になりました(所ジョージさんのMCもよかった)。

CMがあまりに人気だったのか、その後ペンギンが缶にも描かれ、さらには、「ペンギンズバー」という名のビールも発売されたのです(実際の飲み屋もオープンした)。

その頃、旅行代理店にお勤めのTさんは、夏場の外回りの最中、のどが渇いたらミニCANを飲むといっていました。「仕事中に飲んでいいんですか?」と驚く私に、「夏ならば、酔う筈がない。むしろ栄養補強としてビールは最高」と豪語していたのを覚えています。

しかしこの曲、本当によくカラオケで歌われました。女性が来店すると、ほぼ2人に1人の割合ぐらいだったと思います。当時は、8トラのテープが基本でしたが、常にそのテープを用意していた記憶が蘇ります。


SWEET MEMORIES / 松田聖子
作詞:松本隆
作曲・編曲:大村雅朗
発売:1983年(昭和58年)8月1日

2016.02.29
23
  YouTube / CM boogie
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田秀樹(ohtachan)
そもそもがノスタルジーを刺激するように創られたものでしょうけど、35年近く経った今なお郷愁感を誘うのは凄いことのような気がします。こういうのがエバーグリーンなのか。
2017/08/02 00:08
0
返信
カタリベ
1964年生まれ
小山眞史
コラムリスト≫
59
1
9
8
2
松田聖子の歌詞をもっと楽しむ196通りの方法 ー 松本隆 篇
カタリベ / スージー鈴木
59
1
9
8
4
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 松田聖子が覆したコスメ界の常識
カタリベ / @0onos
30
1
9
8
3
80年代の松田聖子でいちばん売れたシングル ー「ガラスの林檎」の変態性
カタリベ / スージー鈴木
51
1
9
8
1
おでこが眩しかったぁ!松田聖子の初主演映画「野菊の墓」舞台挨拶
カタリベ / 宮木 宣嗣
37
1
9
8
3
1983年夏、夏期講習の帰りに聴いた松田聖子の天国のキッスなどなど
カタリベ / 太田 秀樹
94
1
9
8
0
初期・松田聖子は爆発的声量で叫び、吠えた。
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー