12月6日

トム・クルーズ主演映画「トップガン」と「ハスラー2」で MA-1とビリヤードが大ブーム!

28
2
 
 この日何の日? 
映画「トップガン」が日本で劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
アニメは1部から3部がおススメ「ジョジョの奇妙な冒険」で洋楽を聴こう!

男心をズキュンと撃った、デビュー間もない今井美樹の “本気だったの”

明菜、ナンノ、ミポリン、おニャン子まで! 80年代アイドルのクリスマスソング

ボン・ジョヴィが愛したドリフト・アウェイは永遠に引き継がれていく名曲

フットルースとトップガン、サントラ発売から劇場公開までの時間差マーケティング

トップガン挿入歌、ベルリン「愛は吐息のように」はキング・オブ・エイティーズ!

もっとみる≫




公開間近「トップガン マーヴェリック」




2022年5月、映画『トップガン』の、じつに36年ぶりとなる続編『トップガン マーヴェリック』が劇場公開される。主演はもちろんトム・クルーズ。というか、「トム、もう59歳やん! まだ戦闘機パイロット役をやるんかい!!」…… と思ったら、前作の主人公マーヴェリックは、自身も学んだエリートパイロット養成所教官になっているとのこと。でもまあ、今なおハリウッドの最前線に位置するトムのことだから、老いたとはいえヒロイックな姿を見せてくれることだろう。

思い返せば、日本でトムが銀幕のヒーローとして認識されるようになったのは、まさに『トップガン』の頃だ。当時大学生だった自分も、それを皮膚感覚で覚えている。イケメン…… なんて言葉は、当時はなかったが、女子たちは「かっこいいよね~」と口をそろえていた。

右を見てもトム、左を見てもトム… 当時の若者が憧れた音楽とMA-1




ともかく、『トップガン』には当時の若者が憧れていたすべてがあった。イケメンのヒーローはもちろん、『フラッシュダンス』『ビバリーヒルズ・コップ』の仕掛け人ジェリー・ブラッカイマー&ドン・シンプソンの製作作品らしい流行の音楽。いまだによく耳にするケニー・ロギンス「デンジャー・ゾーン」、ベルリン「愛は吐息のように」などの挿入歌がビルボードのチャートを急上昇し、ラジオでもかかりまくっていた。

もうひとつ忘れてはいけないのが、ファッション。とくにトムが劇中で着ていたMA-1のフライトジャケットの人気は忘れ難い。ファッション誌に取り上げられたこともあるが、キャンパス内にこれを着ている人が日に日に増えていった。気づけばマーヴェリックのようなクルーカットも流行。右を見てもトム、左を見てもトム…… というと大げさだが、ブームであったのは間違いない。

もうひとつのトム・クルーズ主演映画「ハスラー2」




ブームや流行を冷ややかに見てしまう、へそ曲がりの大学生マナブは、正直、ケッ!と思っていた。そもそも戦闘機パイロットがヒーローになる映画がアメリカでヒットしたのは、「レーガン政権の右傾化の象徴じゃないか。けしからん!」…… などとリベラルを気取っていた時期。『トップガン』のようなメジャー作品よりも、ミニシアター映画を好んで観ていた生意気な学生である。まあ、今思えば、単に逆張りしていただけかもしれない。

そんなマナブも、同時期に公開されたトムのもうひとつの主演作『ハスラー2』は無視できなかった。マーティン・スコセッシ監督の新作となれば、映画好きとしては観ないわけにはいかない。これは1961年に製作された『ハスラー』の25年ぶりの続編で、同作の主演者ポール・ニューマンふんする初老のハスラーが、トム演じる若きビリヤード・プレイヤーに、持てるテクニックのすべてを仕込もうとする…… というお話。

トレンドセッター・トム・クルーズ、都内に続々とオープンしたブールバー


そしてこちらでも、トムは、ビリヤードという新たな流行を生んでしまう。都内に続々とブールバーがオープンし、興味をそそられ、恐る恐る覗きに行った。ここもまた、右を見てもトム、左を見てもトム。映画張りにキューをクルクルと回転させる人はさすがにいなかったが、この時期のトムが日本のトレンドセッターであったということは間違いない。

余談だが、『ハスラー2』は『トップガン』と同様、サントラはロックオムニバス。残念ながら『トップガン』ほどのヒットとはならなかったが、エリック・クラプトンが提供した「イッツ・イン・ザ・ウェイ・ザット・ユー・ユーズ・イット」をはじめ、スコセッシ作品らしい渋みのあるテイスト。クラプトンはこの頃、チャートに影響力を失いつつあったが、これを境に上昇カーブを描き、90年代への復活へとつながっていく。

MTV的センスが光る “スカイアクション” にして “青春ドラマ”


話を『トップガン』に戻そう。レーガン政権の時代も今や昔。右翼的先入観が抜け落ちてから見直した『トップガン』は、なかなか面白い。MTV的センスによってとらえられたスカイアクションは懐かしさを感じさせるし、何より青春ドラマとしてよくできている。

当時「かっこいいよね~」と言われたマーヴェリックも、よくよく見ると生意気な青二才。そんな彼の挫折と成長に、ドラマの肝がある。仲間の死のトラウマと格闘する主人公に、胸アツになってしまうではないか。

そんなワケで『トップガン マーヴェリック』をとても楽しみにしているのだが、今度はどんなドラマを見せてくれるのだろう? トレンドを追うほど若くない世代になってしまったが、劇中でトムがクールな老眼鏡をかけていたら、初老のマナブはつい買ってしまうかもしれない。

▶ 映画・ミュージカルに関連するコラム一覧はこちら!



2022.04.22
28
  Songlink


  Songlink


  YouTube / パラマウント・ピクチャーズ(日本版)
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
ゆきんこ
ブールバーではなく、
プールバーでは?
2022/04/23 09:54
0
返信
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
35
1
9
8
6
トップガン挿入歌、ベルリン「愛は吐息のように」はキング・オブ・エイティーズ!
カタリベ / 太田 秀樹
10
2
0
0
1
映画「ズーランダー」で免疫力アップ!全編に流れる80年代ミュージック♪
カタリベ / ユリンベ
20
1
9
8
1
映画「エンドレス・ラブ」ブルック・シールズが演じたのは80年代のジュリエット?
カタリベ / 高橋 みき夫
20
1
9
8
4
ふたつの「1984」サントラ、ユーリズミックスとドミニク・マルダウニー
カタリベ / 鎌倉屋 武士
30
1
9
8
8
映画「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」チャック・ベリーが死ぬもんか!
カタリベ / ソウマ マナブ
39
1
9
8
1
1982年のアカデミー歌曲賞は名曲「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」
カタリベ / DR.ENO