12月5日

キュートでセンチメンタル、80's アイドルのクリスマスソングは可愛さ満点!

32
1
 
 この日何の日? 
おニャン子5人娘の12インチシングル「MERRY X’MAS FOR YOU」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
51歳の岡村靖幸が真摯に歌う、21歳のデビュー曲「Out of Blue」

PUNKって何だ? その答えはラフィンノーズのDIY精神にあり

僕の二十歳は1986年、佐野元春は「カフェ・ボヘミア」をリリースした

男心をズキュンと撃った、デビュー間もない今井美樹の “本気だったの”

ボン・ジョヴィが愛したドリフト・アウェイは永遠に引き継がれていく名曲

フットルースとトップガン、サントラから公開までの時間差マーケティング

もっとみる≫







今年も訪れたクリスマスシーズン。バブル期を実体験した世代でありながら、個人的にクリスマスの甘美な想い出は皆無である。

もともとクリスマスは家族で過ごすイベントなのだから問題ないのだけれど。そんな私でも毎年クリスマスが近づくと高揚感が抑えられないのは、クリスマスソングとクリスマスケーキの存在である。ケーキの話はさておき、当然ここでは音楽の話を書かなければならない。

自分が最も好きなのは1950~60年代の海外のクリスマスソング。ビング・クロスビーにパット・ブーン、アンディ・ウィリアムスといったポピュラーシンガーによる甘くソフトな歌声は我々日本人にもすっかりお馴染みで、国内盤のアルバムも長年に亘って支持されている。

もう少しジャズ寄りだとフランク・シナトラやナット・キング・コール、女性ではエラ・フィッツジェラルドら、ロック方面ではエルヴィス・プレスリーにビーチ・ボーイズにザ・べンチャーズなどなど。クリスマス気分を盛り上げてくれる最高のアイテムなのだ。

一方、日本でも60年代はスタンダードカヴァーが主流で、フランク永井にマヒナスターズ、吉永小百合に坂本九にザ・ピーナッツと、すぐに名前が出てくるような歌手たちはほぼ例外なくクリスマスソングのレコードを出していた。「ジングルベル」や「ホワイト・クリスマス」「赤鼻のトナカイ」といった誰もが知る定番ソングを吹き込むことはスターの証しだったのである。その中で「ぼくのクリスマス」「クリスマス・イヴ」という、自作のオリジナルソングを出した加山雄三は正にレジェンドといえる。さすがは若大将!

70年代になるとクリスマスソングのレコードを出す歌手はグッと少なくなってしまう。アイドルでは南沙織が『シンシアのクリスマス』という4曲入りの EP を出したのと、フィンガー5のシングルおよび EP が目立つところ。あとは桜田淳子が非売品のシートで「サイレントナイト」を歌った『淳子のクリスマス』、ピンク・レディーが宣伝用のハガキ仕様シートでおしゃべりをしている『ピンク・レディーのハッピークリスマス』が作られたくらいだろうか。

アルバム曲では少し散見出来るものの、天地真理にも麻丘めぐみにもキャンディーズにも岡田奈々にも大場久美子にも、残念ながら正式なクリスマスソングは見当らない。自分がディレクターだったら『コメットさんが歌うクリスマスアルバム』なんていう LP を企画したかった。

さて、80年代に入るとアイドルのクリスマスソングが盛り返しを見せ始める。それは従来のスタンダードのカヴァーではなく、オリジナルソングという形が主流だった。

それでも80年デビューの松田聖子や柏原芳恵にはまだ70年代の名残があり、ふたりはスタンダードなクリスマスソングをカヴァー。松田聖子は82年12月にリリースした BOX 仕様の冬の企画アルバム『金色のリボン』で「クリスマスメドレー」と題して「赤鼻のトナカイ」や「ジングルベル」を歌い、さらにユーミンの「恋人がサンタクロース」を歌っている。この2トラックがカップリングされたプロモーション用シングルが作られたのだが、これはぜひとも市販して欲しかった。

柏原芳恵の EP『よしえのクリスマス』も同じシーズン、82年11月のリリースで、ホワイトレコード、クリスマスカード付きの凝った仕様だった。

オリジナルのクリスマスソングは80年代の後半になって量産された感が強く、中森明菜や南野陽子、中山美穂、渡辺満里奈らはクリスマスの企画盤(アルバム・ミニアルバム)も出している。特にクリスマスアルバムに拘った南野陽子には「イヴまでの恋人」「八重歯のサンタクロース」「憶病なトナカイ」など佳曲がたくさんあった。

そんな中で特に際立っていた名曲に、ソニーからソロデビューしたおニャン子クラブ5人による「MERRY X'MAS FOR YOU」がある。河合その子、国生さゆり、城之内早苗、渡辺美奈代、渡辺満里奈の豪華メンバーで、ピクチャー盤の12インチが発売されてかなり売れたはずだ。プロモオンリーで7インチも作られた。

―― ジャケットの写真は皆可愛さ満点で、現在に至るアイドルのサンタコスの原点はここにありそう。今年もビング・クロスビーの「ホワイト・クリスマス」と共にきっと聴くであろうアイドルのクリスマスソングきっての、今や定番である。

2018.12.19
32
  Apple Music


  Apple Music


  YouTube / Phah Kyuu
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
鈴木啓之
コラムリスト≫
55
1
9
8
0
ウィンター・ガーデン、この曲こそ松田聖子初のクリスマスソング
カタリベ / 宮木 宣嗣
50
1
9
8
2
松田聖子の「恋人がサンタクロース」その歌声は等身大の胸キュンXmas
カタリベ / 稲田 雪路
10
1
9
8
2
贈り物は「金色のリボン」俺が松田聖子を好きになった理由(わけ)
カタリベ / 小山 眞史
24
1
9
8
4
幻の1曲、バンド・エイドの向こうを張ったクイーンのクリスマスソング
カタリベ /  白石・しゅーげ
21
1
9
8
0
バブルとスキーとクリスマス、ゲレンデの松明滑走と恋人がサンタクロース
カタリベ / 時の旅人
41
1
9
8
9
ヘビメタクイーン浜田麻里、渾身のバラードは珠玉のクリスマスソング!
カタリベ / goo_chan
Re:minder - リマインダー