2019年 3月22日

甘酸っぱいキュンキュン映画「バンブルビー」80年代の名曲たちが甦る!

36
0
 
 この日何の日? 
80年代のファッションや音楽が全編で楽しめる映画「バンブルビー」が日本の劇場で公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2019年のコラム 
ユーミンが紡いできた歴史と文化、苗場の SURF&SNOW に行ってきた!

大滝詠一はグルーヴ感あふれる優れたロックンロールのヴォーカリストなのだ!

ウキウキ MAX! ペット・ショップ・ボーイズ、19年ぶりの単独来日公演

陣内孝則率いるザ・ロッカーズ、日立 Lo-Dプラザでの貴重なライブ!

浜田麻里  35周年武道館公演 ー 令和へと繋ぐ終わりなき物語の集大成

全部ラジオが教えてくれた!「RADIO」という名の BAR がオープン!

もっとみる≫



photo:UNIVERSAL MUSIC  

最近の映画で使われる音楽に心震えている方、多くないですか?

しかも『レディ・プレイヤー1』や『キャプテン・マーベル』みたいな大きな映画館でやる映画の中でニュー・オーダーの「ブルー・マンデー」やニルヴァーナの「カム・アズ・ユー・アー」が聴けちゃったりするなんて!

「アントマン」もモリッシー推しだったし、「ボヘミアン・ラプソディ」はもちろんクィーン推し! っていうか、クィーンの映画だし。私の心は震えまくってます。

そんな中での『バンブルビー』。先に観ていたカタリベの平マリアンヌさんから、『バンブルビー』でのザ・スミスの「ガールフレンド・イン・ア・コーマ」の使われ方が良かったよー! と伺っていたので楽しみにしてたのですが… もうもう、泣けました。

ネタバレになっちゃうので詳しく内容には触れませんが、マイケル・ベイのトランスフォーマーシリーズのスピンオフ映画は、2007年から始まった『トランスフォーマー』で活躍する正義の戦士「オートボット」達の一人バンブルビーが地球にたどり着いたのが80年代ということで、そのときにスポットを当てた映画となっており、80年代のファッションや音楽が全編で楽しめます。

ヘイリー・スタインフェルド演じる主人公のチャーリーが、若い頃の宮沢りえちゃんのような透明感と可愛らしさを見せつつ、スミスの大ファンっていうこじらせ少女なあたりが私的にツボ。

このこじらせ少女が大人になっていく青春映画プラス SFアクションになっている構成が泣かせるんですよ。異星人との心の通わせ方なんて、『E.T.』のファンタジー感すらあります。

こんな映画に80年代のヒット曲をうまい具合に絡めて魅せてくれちゃうんですよ!

遊園地のシーンのハワード・ジョーンズ、意地悪な女の子たちにいじめられるシーンではボン・ジョビの「夜明けのランナウェイ」(ここのシーン、大映テレビドラマのようで必見)そしてチャーリーが自分らしさの一歩を踏み出すシーンではティアーズ・フォー・フィアーズの「ルール・ザ・ワールド」。スミス「ガールフレンド・イン・ア・コーマ」でバンブルビーと心を通わせて(この曲がどんな風に使われているかは是非映画を観て!)シンプル・マインズの「ドント・ユー」でのお別れ。どのシーンも楽曲を効果的に使ってストーリーをより深めてくれてます。

ファッションや小物もダサいと格好良いを程よく絡めた80年代にグッときます。ガレージ、車、遊園地、バンドT、部屋のポスター、キッチンの小物。映画やドラマでしか知ることができなかった憧れていたアメリカが再現されてて… なんかね、コップとかソファとか、いちいち琴線に触れますよ。

自分がティーンエイジャーだった頃とこの映画の時代がちょうどマッチしているっていうのもあるかもですが、この時代のリアルを知らない若い子でも、80年代の格好良さってこんな感じ? って思わせる良い映画でありました。

細かいところもよく観たいので、これは DVD になったらマストバイ! 映画館で観ていない方も是非是非、鑑賞してみてください。80年代の甘酸っぱい気持ちを思い出してキュンキュンすること請け合いですよ!!

2019.05.24
36
  YouTube / TearsForFearsVEVO


  YouTube / Simple Minds


  YouTube / The Smiths
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
ユリンベ
コラムリスト≫
50
1
9
8
4
84年夏、高校生は神津島を目指す。BGMはもちろん絶対チェッカーズ!
カタリベ / 本田 隆
85
1
9
8
6
ボン・ジョヴィが勝負を賭けた名盤「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」
カタリベ / 藤澤 一雅
33
1
9
8
6
スミス・ミーツ・ピカソ ー「フェリスはある朝突然に」のメランコリー
カタリベ / 後藤 護
32
1
9
8
7
スラッシュとアクセル・ローズ、80年代が生んだ最高のコンビネーション!
カタリベ / 中塚 一晶
103
1
9
8
7
80年代を代表するクリスマスアルバムは「クリスマス・エイド」で決まり! #1
カタリベ / 中川 肇
28
1
9
8
7
80年代を代表するクリスマスアルバムは「クリスマス・エイド」で決まり! #3
カタリベ / 太田 秀樹