6月9日

アダム&ジ・アンツからTFF経由でポール・マッカートニーへと繋がる道

38
1
 
 この日何の日? 
ポール・マッカートニーのアルバム「フラワーズ・イン・ザ・ダート」が日本で発売された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1989年のコラム 
1989年の佐野元春「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」世界は少しずつ形を変えていく

ボン・ジョヴィ、アジア公演に向けて公開したのはテレサ・テンの名曲

マーティン・スコセッシの「最後の誘惑」サントラはピーター・ガブリエル

新入社員の僕が背中を押されたポールの「フィギュア・オブ・エイト」

不幸続きのヘビメタバンド、デビューが13日の金曜日だったライオン

to 90's — 渋谷系の裏で何があったのか:ロカビリー篇

もっとみる≫



photo:Discogs  
photo:Discogs  

別稿で書いた通り、1989年6月8日にポール・マッカートニーの『フラワーズ・イン・ザ・ダート』の日本盤CDをフラゲした僕は、耳に入って来た「フィギュア・オブ・エイト」に涙ぐみ、結局アメリカ盤のカセットも買い早速ウォークマンで聴き始めたのだった。

その僕が渋谷ハチ公前で再び涙ぐんだ曲があった。アルバムの最後を飾るバラード「モーター・オブ・ラブ」である。

当時の妻、故リンダに捧げられた美しいバラードで、「どん底から救い出してくれた」と感謝の意が歌われているのだが、サビでは「父なる神(Heavenly Father)よ、天より見下ろし給え」と、幼い頃に母を亡くしたポールには珍しく父性が歌われる。ポール復活を高らかに告げる名バラードだ。

しかしそのアレンジはエレクトリックできらびやか。いかにも’80年代の音であった。それでもこのバラードは強い説得力を有し、僕の心を動かしたのであった。

曲毎にプロデューサーの異なる『フラワーズ・イン・ザ・ダート』。「モーター・オブ・ラブ」はこのアルバムで唯一、クリス・ヒューズ、ポール、ロス・カラムの3人による共同プロデュースの曲であった。

ヒューズとカラムはティアーズ・フォー・フィアーズ(以下TFFと略)の’83年の1stアルバム『ザ・ハーティング』をプロデュース。ヒューズは’85年の2ndアルバム『シャウト』もプロデュースし、「ルール・ザ・ワールド」と「シャウト」を相次いで全米No.1に送り込んだ。

いずれの曲でもドラムも叩き、前者では何と作曲にも加わっている、正に立役者。TFFのプロデュースを気に入っていたポールは、自らでは上手く行かなかった「モーター・オブ・ラブ」のプロデュースを2人に任せ、「よりモダンでハイテクに仕上げてくれた」とその結果に満足していた。

「モーター・オブ・ラブ」でもヒューズはコンピューターとドラムのプログラミングも担当。この曲にTFFの面影が感じられるのは何も不思議なことではないのだ。

しかしヒューズのキャリアはこれだけに留まらなかった。今回改めて調べて初めて知ったのだが、彼は’80年代初頭イギリスで旋風を巻き起こしたアダム&ジ・アンツの全盛期のドラマーであり、また3枚のアルバム全てをプロデュースしていた。そしてカラムも3枚めにエンジニアとしてクレジットされていたのである。

生憎僕は寡聞にしてアダム&ジ・アンツは全く聞いたことが無いのだが、解散後の1982年のアダム・アントのソロデビューシングルにして全英No.1ヒット「グッディ・トゥー・シューズ」は瞬く間に好きになった。

日本のCMでもお馴染みのこの曲のUKシングルヴァージョンでドラムを叩き共同プロデュースに名を連ねていたのがヒューズだったのである。ほーら、アダム&ジ・アンツからポール・マッカートニーまで繋がっちゃったでしょ。

別稿の「フィギュア・オブ・エイト」はフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのプロデューサー2人とポールによるもの。この2人は他にもアルバムの3曲をプロデュース。『フラワーズ・イン・ザ・ダート』は’80年代中盤以降試行錯誤を続けたポールが、ようやく’80年代の才能との共同作業を結実させたアルバムだったのである。

しかし1993年の次作『オフ・ザ・グラウンド』ではこれらの才能と早くも袂を分かち、ほぼ単独でプロデュース。この変わり身の早さ、そして潔さもポールらしい。

ポール・マッカートニーもまた、絶えず変化を求める人なのである。

2017.04.19
38
  YouTube / nowhereman113


  YouTube / TearsForFearsVEVO


  You Tube / AdamAntVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
宮木 宣嗣
『フラワーズ・イン・ザ・ダート』では「プット・イット・ゼア」もポールの父ジムの言葉を元に作ったであり、この頃ポールは何らかの理由で父性を意識していたのかもしれません
2017/04/19 12:28
2
返信
カタリベ
1965年生まれ
宮木宣嗣
コラムリスト≫
10
1
9
8
7
村上春樹のノルウェイの森を読み、ビートルズのノルウェーの森を聴いた夜
カタリベ / 太田 秀樹
27
2
0
1
6
バンドこそはすべて!リンゴとオール・スター・バンド最新日本公演!
カタリベ / 宮木 宣嗣
41
1
9
8
1
日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その2)
カタリベ / スージー鈴木
35
1
9
8
2
教養としてのポップミュージック【デュエットソング TOP10】多様性の時代が始まった!
カタリベ / 中川 肇
45
1
9
8
3
オーストラリアの大逆襲、もう「ダウン・アンダー」とは言わせない!
カタリベ / 中川 肇
31
1
9
8
3
ポール・マッカートニーの最高傑作「パイプス・オブ・ピース」は誰も褒めない?
カタリベ / ジャン・タリメー