9月4日

浜田省吾「J.BOY」収録「遠くへ」学園紛争の中で愛をはぐくむ男女の物語

52
0
 
 この日何の日? 
浜田省吾のアルバム「J.BOY」がリリースされた日(遠くへ 収録)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
吉田美奈子「BELLS」第一線アーティストが自主制作盤をつくる意味

フュージョンファンクも悪くない「TUTU」は私にとっての初マイルス!

本田美奈子「愛の十字架」ゲイリー・ムーアの泣きメタル演歌に燃えあがる情念

浜田省吾「J.BOY」少年だった大人たちよ、今こそこのアルバムを!

私とハマショーのめぐり逢い、ガール・ミーツ J.BOY!

浜田省吾の神アルバム「J.BOY」すべては路地裏の少年から始まった!

もっとみる≫



photo:SonyMusic  

浜田省吾10枚目のオリジナルアルバム「J.BOY」


1986年9月4日浜田省吾10枚目のオリジナルアルバム『J.BOY』がリリースされました。当時僕が住んでいた札幌でも反響は大きく、大々的なプロモーションを行ってたレコード店に多くのファンが訪れ、リリースされたばかりのCDを手にする場面を目にしました。まだCDプレーヤーを持ってなかった僕は、『J.BOY』の発売と同時にプレーヤーを購入しました。

『J.BOY』リリース前の浜田省吾は、一部に熱狂的ファンはいるものの、ライブのチケットは比較的入手しやすいアーティストでした。しかし『J.BOY』リリース後は状況が変わります。数年後に行われたアリーナ会場のライブは、発売日の予約電話がつながらず、ようやく入手できた席は2階席の後方と、チケット入手が困難なアーティストになりました。

『J.BOY』は人気漫画のセリフにも影響を与えます。少年ジャンプで連載中だった『キャプテン翼』は、大空翼を擁する日本ジュニア代表が、イタリア、フランス、アルゼンチンなど強豪ジュニア代表を破り優勝するのですが、「J-BOY'sサッカー」というセリフが何度か登場します。きっと作家の高橋陽一さんは『J.BOY』を聴いていたのでしょうね。

さて、「A NEW STYLE WAR」「BIG BOY BLUES」とメッセージ色の強い曲から始まる『J.BOY』ですが、大人になった主人公が過去を振り返る曲も含まれています。「想い出のファイヤー・ストーム」「19のままさ」「路地裏の少年」など、誰もが持つ切ない想い出や、若き日の脆く危うい恋を振り返る、ちょっぴりセンチメンタルなアルバムでもあるのです。

このように多岐にわたる曲が収録された『J.BOY』ですが、今回はその中の1曲、「遠くへ - 1973年・春・20才」(以下「遠くへ」)を取り上げてみようと思います。

「遠くへ - 1973年・春・20才」に盛り込まれた時代背景


「遠くへ」は大学に合格した主人公が、キャンパスで見かけた一人の女性に恋をする、ごくありふれたストーリーですが、この曲には特別な時代背景が盛り込まれています。

 やっと試験に受かったと
 喜び勇んで歩く並木道
 肩にセーターと
 おろしたてのバスケット・シューズ
 髪をひるがえし駆け上がる校舎

 初めてあの娘に出会った朝は
 僕は20才で まだキャンパスも春
 赤いヘルメットの奥の瞳に
 見透されたようで 何とか照れ笑い

「遠くへ」は主人公が大学合格後に彼女と出会うシーンから始まります。歌詞の「赤いヘルメット」に違和感を持ったものの、浜田省吾は広島出身なので広島カープファンの赤ヘルを思い浮かべました。そして主人公と赤いヘルメットの彼女が恋に落ちるシーンが展開されます。

 ポケットの中 僅かなバイト料
 最終電車を待つプラット・ホームから
 あの娘に電話
 「やあ僕さ 元気かい」
 「今から出て来ないかどこかで飲もうぜ」

 駅前通りの馴染みの店で
 グラスを重ねて そして初めての夜
 その日 あの娘の恋が終ったとは
 知らない僕もひとり寂しかったし

勇気を出して彼女を呼び出した日、彼女の恋が終わったことを知ります。寂しい心を抱えた男女が恋に落ちるのは必然的だった、そんなストーリーを自分の青春時代と重ねた人もきっと多かったと思います。

失恋の歌? いや、学園紛争の中で静かに愛をはぐくむ男女の物語


ところが曲の後半はいきなり物語の展開が変わります。

 紺と銀色の楯の前で
 空を仰いで祈り続けた
 “神よ 僕らに力を貸して
 でなけりゃ今にも倒れてしまいそう”

 振り向くと 遠くにあの娘の眼差し
 笑っているのか 泣き出しそうなのか
 違う 違う こんな風に僕は
 打ちのめされる為に
 生きてきた訳じゃない

「遠くへ」は失恋の歌だと思っていました。

「紺と銀の盾」
「神よ!僕らに力を貸して」
「笑っているのか泣き出しそうなのか」
「打ちのめされる為に生きてきた訳じゃない」
―― これらは浜田省吾独特の言い回しと思ってましたが、たまたま放映してたテレビのドキュメンタリー番組を見て、曲の意味と時代背景を理解しました。

番組の映像は大学封鎖反対のデモを行う学生たちと、機動隊が激しく争う姿が描かれていました。一糸乱れぬ機動隊の銀色の盾、それを突破しようと衝突する学生たち。混乱の中で機動隊員の警杖に打ちのめされる学生、紛争後の道路には無残に割れた赤いヘルメット。そう「遠くへ -1973・春・20才-」は学園紛争の中で静かに愛をはぐくむ男女の物語だったのです。

自由な日々に感謝しながら聴きたい「遠くへ」


 “星がひとつ空から降りて来て
 あなたの道を照らすのよ”と
 話してくれた きっとそうだね
 いつまでたっても 石ころじゃないさ

 遠くへ
 遠くへと願った日々
 真直ぐに見ておくれ
 僕は泣いてる 君のために

曲はここで終わり、物語の続きは聴く人にゆだねられます。

僕が学生時代を過ごした70年後半~80年前半は学園紛争など過去の話。しかし、そのわずか10年前は多くの学生が紛争に巻き込まれ、血を流した時代でした。楽しいキャンパスライフどころか、理想を求める戦いに身を置き、それでも懸命に恋人と寄り添う切ないストーリーに胸が詰まりました。

21世紀の日本は平和です。コロナ禍でさまざまな制限はあるものの、若者の情熱はスポーツや音楽、はたまたアイドルの追っかけなど楽しいことに注げます。学園紛争の意義はわかりませんが、若者が情熱を戦いに向けてた時代があったのも事実。自由な日々に感謝しながら「遠くへ」、そしてアルバム 『J.BOY』をもう一度聴いてみようと思います。


2021.09.04
52
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1960年生まれ
工藤 大登
コラムリスト≫
163
1
9
8
6
浜田省吾「J.BOY」少年だった大人たちよ、今こそこのアルバムを!
カタリベ / 藤澤 一雅
95
1
9
8
6
浜田省吾の神アルバム「J.BOY」すべては路地裏の少年から始まった!
カタリベ / 藤澤 一雅
18
1
9
8
0
軸足ブレブレ、田舎モンのぼくを奮い立たせた浜田省吾の「終りなき疾走」
カタリベ / 藤本 真
34
1
9
8
2
浜田省吾の「マイホームタウン」 じゃあ、お前はどう生きるんだい?
カタリベ / 本田 隆
78
1
9
8
5
浜田省吾が癒してくれる「ひとりぼっちのクリスマス・イブ」
カタリベ / 藤澤 一雅
25
1
9
7
8
ハイ・ファイ・セット vs 浜田省吾、女と男のひとりぼっちのクリスマス
カタリベ / 鎌倉屋 武士