12月12日
80年代のジャクソン・ブラウン、デュオの相手はクラレンス・クレモンズ
31
1
 
 この日何の日? 
クラレンス・クレモンズのシングル「フレンド・オブ・マイン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
シンデレラ・エクスプレスの物語、0系新幹線がカボチャの馬車だったころ

ヤヌスの鏡、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌

グーニーズ、シンディ・ローパーの歌声が残した濃密なキスマーク

藤波辰巳「ドラゴン・スープレックス」は不滅の大技であり、名曲である。

全米ナンバー1のシンガーソングライターが河合奈保子に提供した王道AOR

SMAP以前、独断!80年代ジャニーズソングランキング!

もっとみる≫

photo:Discogs  

アメリカを代表するシンガーソングライターであり、イーグルスの「テイク・イット・イージー」をつくり、自身も70年代は名盤を連発したジャクソン・ブラウン。

そんな彼も80年の「ホールド・アウト」以降、80年代はあまり大きなヒットに恵まれませんでした。派手なファッションやミュージックビデオに象徴される80年代の音楽シーンにボブ・ディラン同様乗り切れなかったのかもしれません。

そんな80年代のジャクソン・ブラウンの作品で私が忘れられない、大好きな曲があります。それがクラレンス・クレモンズとのデュエット「フレンド・オブ・マイン」です。

クラレンス・クレモンズは残念ながら2011年に亡くなりましたが、晩年にはレディー・ガガとも共演(「ジ・エッジ・オブ・グローリー」のPVにも出演)した名サックスプレイヤーで、ブルース・スプリングスティーンのバンド、Eストリート・バンドのメンバーでもありました。リンゴ・スターのオール・スター・バンドにも参加したり、反アパルトヘイトのサン・シティにも参加してましたね。

クラレンスの84年ソロアルバム『ヒーロー』に収録、シングルカットされたの「フレンド・オブ・マイン」。そんなにヒットはしなかった記憶がありますが、全米チャートでは18位を記録しています。

ジャクソン・ブラウンとデュエットしてはいるものの、曲を書いたのはアルバムのプロデューサー、ナラダ・マイケル・ウォルデンです。

とはいえこの曲、随所にジャクソン・ブラウン節が効いていて本当にいい曲なんです。タイトル通り友情がテーマの詩もどこかジャクソン・ブラウンっぽい。しかもPVには当時の恋人、ダリル・ハンナも登場してまさに主役はジャクソン・ブラウン、バックにクラレンス・クレモンズというような構図になってしまってます。

印象的なギターイントロ、ダブルサビ、デュエットスタイル、歌いまくるサックス、そして艶のあるサウンドアレンジが光るナラーダ・マイケル・ウォルデン・サウンド。もう条件的にも必然のいい曲! こういった客演の作品にもジャクソン・ブラウンのミュージシャンとしてのセンスは窺えるんですね。

名義としてはクラレンス・クレモンズの作品なのでジャクソン・ブラウンのベスト等には収録されませんし、80年代オムニバスにもなかなか収録されない、隠れた名曲。

こういう曲、中古レコード屋で7インチ盤で見つけた時、つい買っちゃうんですよね。

2017.07.06
31
  YouTube / Stevenarada


  YouTube / RichardAllStarrBand
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
中川 肇
この曲、ビルボードで18位まで行ってるんですね。完全に見逃してました。
しかも、楽曲づくりに関わっていないはずのJackson Browneの雰囲気がちゃんと出ていて素敵です。
貴重な情報ありがとうございました :D
2017/07/07 10:27
0
返信
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
17
1
9
8
6
ジャクソン・ブラウンの反戦メッセージ、危うい状況におかれた命がある
カタリベ / 宮井 章裕
24
1
9
8
9
ビートルズのソロで初めて武道館のステージに立ったのはリンゴ・スター!
カタリベ / 宮木 宣嗣
60
1
9
8
0
【R.I.P.】安らかにグレン・フライ、イーグルスよ永遠に!
カタリベ / 藤澤 一雅
45
1
9
7
9
ジャケットはまるで墓標、イーグルス解散を予言していた「ロング・ラン」
カタリベ / 藤澤 一雅
24
1
9
8
4
ブルース・スプリングスティーン、ボスのシングルカットに泣き笑い
カタリベ / ソウマ マナブ
17
1
9
7
9
サマーといえばドナ・サマー、涙が出るほどカッコいいデュエットライブ!
カタリベ / ミスターZ
Re:minder - リマインダー