8月18日
スーパーソニックは僕らとオアシスのドキュメンタリー!
21
0
 
 この日何の日? 
マンチェスターのボードウォーククラブでオアシスがライヴデビューした日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1991年のコラム 
不朽の夏メロ「サマー・マッドネス」が導いてくれる心のエンドレスサマー

人生で初めてハマった恋ドラ主題歌「SAY YES」のミラクルヒット!

ALIVE 〜 グランジの絶望なんて大したことなかった

マライア・キャリー「エモーションズ」のルーツをたどってみたら…

GALA湯沢へ一直線!六本木から発車したZOOの「Choo-Choo-Train」

追悼:黒沢健一、こだわりの音世界が熱く迎えられたL⇔Rのデビュー

もっとみる≫

photo:SonyMusic  

oasisの映画『スーパーソニック』を観ました。イギリス・マンチェスターのいちインディーズバンドが、シーンを駆け上がり、2日間で25万人を動員し90年代最大と言われるネブワースパークでのライブに至るまでのドキュメンタリー。1994年−96年、わずか2年半の出来事です。

1994年というと僕は20歳。彼らの快進撃に熱病のようにうなされる日々で、oasisの曲を聴かない日なんてきっとなかったんじゃないかと思う。その熱病に冒されるがまま、僕はバックパックを背負い、96年にはひとりネブワースパークに行きました。

フジロックがはじまる1年前。まだ日本に今のようなロックフェスがなかったあの時代のネブワースの体験に「これがオレが憧れ続けたロックの歴史的瞬間ってやつで、オレはそれに今まさに立ち会っているんだ!」とひどく興奮して、その興奮のまま音楽業界に入りフジロックにも行き続けるということになったわけで、もしあの体験がなかったら、体のいい言い訳をして憧れの音楽の仕事につくのも諦めてったんじゃないかと思うし、きっとそこを離れて地方でベンチャーを起業するなんてこともなかったんじゃないかと思う。

後ろ盾もなくベンチャーなんてやっていると、ロックバンドみたいだなと年甲斐もなくワクワクします。「金はないけど夢はある」なんてね。いつケンカして解散するかわからないし、鳴かず飛ばずで終わるかもしれない。ちょっと売れたらメジャーからの投資なんて話もあるかもしれないから「魂を売るか否か」の選択を迫られたりするのかもしれない。

oasisを知らない人、興味がない人にはまったく退屈極まりない物語かもしれない。音楽に共時性は大切だ。あの時代、あの頃でなければ、oasisの音楽はあんなにも響かなかったのかもしれない。映画中でノエルはこんな風に言っていた「あの頃、俺達についてきてくれたファンたちの物語だ」。そういうバンドが同じ時代にいてくれたことが、正月早々たまらなくうれしい。

2017.01.25
21
  YouTube / 映画 KADOKAWA
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1974年生まれ
浅井克俊
コラムリスト≫
12
1
9
9
7
時を止めるな!ビートルズ以降を鳴らそうとしたオアシスの世代
カタリベ / 浅井 克俊
46
1
9
8
9
ティアーズ・フォー・フィアーズ、UKロックの結晶的作品がコレだ!
カタリベ / 中川 肇
61
1
9
8
6
ワン・ラヴ・マンチェスター 音楽は憎しみを越える。必ず越えられる。
カタリベ / 宮井 章裕
57
1
9
8
8
パティ・スミスの「People Have the Power」音楽が政治的で何が悪い
カタリベ / 浅井 克俊
104
1
9
9
0
ジョージ・マイケルから託された言葉「偏見を捨てよ、耳を澄ませ」
カタリベ / 田中 泰延
21
1
9
8
8
VIVA HATE! ザ・スミス解散半年で憎悪万歳!と叫んだモリッシー
カタリベ / 親王塚 リカ
Re:minder - リマインダー