6月25日
日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その3)
30
1
 
 この日何の日? 
サザンオールスターズのシングル「ミス・ブランニュー・デイ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
ドッキリ!夢・体・験 安田成美の魅力を開花させた初主演映画

緊急発売体制! BORN IN THE U.S.A.の国内盤が店頭に並ぶまで

1984 ー 風営法改正直前のギラギラした歌舞伎町で親父の逆噴射!

原宿 伝説の理容店、一世風靡セピアとリーゼント

縦横無尽なリズムの怪人、世界はプリンスに追走するのに必死だった

高3の夏、前略、ステージの上より愛を込めて

もっとみる≫


今回のジャケットは、サザンオールスターズの『ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)』(84年)です。この曲も歌い出しが「カノン進行」ですので。

さて、日本「カノン進行」浸透史の第3回目です。ここまでのまとめは、『青い影(A Whiter Shade of Pale)』(67年)、『男が女を愛する時(When a Man Loves a Woman)』(66年)、『レット・イット・ビー』(70年)の洋楽ヒットの土壌の上に、赤い鳥『翼をください』が登場。音楽教育現場から「カノン進行」が、ジワジワと浸透したという話でした。

参考:『日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その2)』

しかし『翼をください』だけでは、やはり爆発力に欠けます。日本で「カノン進行」が愛されることになった背景には、もっと爆発的なヒットが存在していたはずです。

そこで、日本における「カノン進行」宣教師とでも言えそうな、このバンドをご紹介したいと思います。

チューリップ――。

驚くべきことに、70年代前半における、彼らの初期のヒット曲の多くで「カノン進行」が使われているのです。そして、その中の代表曲と言える『心の旅』は、何と51.4万枚という大ヒットとなったのです。

では具体的にコード進行を見ていきます。前回同様、分かりやすくするために、キーはすべてCに移調しています。


『魔法の黄色い靴』(1972 / 6 / 5) 0.2万枚

【C】→【G/B】→【Am】→【G】→【F】→【B♭】→【G7】→【G7】

「♪ Oh! そうだよ」からのサビの部分です。極めてビートルズ的な「カノン進行」でありながら、ここでもまた、後半に【B♭】が出て来ていて、このあたりには『翼をください』の直接的な影響を感じさせます。


『心の旅』(1973 / 4 / 20) 51.4万枚

【C】→【Em7/B】→【Am】→【Em】→【F】→【G】→【C】→【G7】

「♪ あーだから今夜だけは」の歌い出しのところ。シンプルな「カノン進行」で、『男が女を愛する時』とほぼ同じ進行。これが50万枚を超える大ヒットとなったわけですから、さしずめ「日本初のカノン・ヒット」になります。


『夏色のおもいで』(1973 / 10 / 5) 12.2万枚

【C】→【Em7/B】→【Am】→【Am7/G】→【F】→【B♭】→【G7】→【G7】

「♪ きみをさらっていく」の歌い出し。これはまぁ、いわゆる「二番煎じ」ですね。『心の旅』の半年後に、二匹目のドジョウ狙いでリリースされたことがバレバレです。またここでも、『翼をください』影響下の【B♭】が出てきます。ちなみに作詞は松本隆。


『青春の影』(1974 / 6 / 5) 7.3万枚

【C】→【C/B】→【Am】→【Em】→【F】→【F/E】→【Dm7】→【G7】

「♪ 君の心へ続く」の歌い出し。コード進行もほぼ純正な「カノン進行」で、またピアノの弾き語りで始まるあたり、日本「カノン進行」史の初期における、抜群の正統派・優等生です。なおサビでは「後ろ髪コード進行」が出てきます。


『ぼくがつくった愛のうた』(1974 / 10 / 5) 8.4万枚

【C】→【Em7/B】→【Am】→【Em】→【F】→【Em】→【Bsus4】→【E7】

まだあります。「♪ ふたりの愛があるかぎり」のところ。これは最後【E7】になり、そこから【Am】に展開していきますので、循環コードではないという点において、やや亜流なのですが。


さぁ、いかがでしょうか。もしかしたら若い方々の中には、「『心の旅』以外大して売れてないじゃないか」と思われる方も多いかも知れませんが、70年代前半という時代を考えると、フォーク / ニューミュージック系の音楽としては、『心の旅』以外も、なかなかの売上枚数だったと言えることを補足しておきます。

そして、これで主要な登場人物が出揃った感じがあります。

■ 60年代後半:『青い影』『男が女を愛する時』『レット・イット・ビー』という洋楽によって、日本人が「カノン進行」の魅力に気付き始めた時代。

■ 70年代:『翼をください』と、『心の旅』を代表とするチューリップのヒット曲によって、日本製の「カノン進行」が浸透した時代。

■ 80年代:そして、松任谷由実『守ってあげたい』(81年)、山下達郎『クリスマス・イブ』(83年)、サザンオールスターズ『ミス・ブランニュー・デイ』(84年)によって、日本製の「カノン進行」が確立した時代。

という流れを経て、90年代前半の、KAN『愛は勝つ』(90年)、槇原敬之『どんなときも。』(91年)、大事MANブラザーズバンド『それが大事』(91年)、ZARD『負けないで』(93年)、岡本真夜『TOMORROW』(95年)という、「がんばろう系カノン」の百花繚乱時代を迎え入れます。

では、あと1回だけお付き合いください。最終回は、「がんばろう系カノン」生成の理由分析と、あと「カノン進行」ぽくないけれど実は「カノン進行」だったという、いわゆる「隠れカノン」の名曲の紹介をしてみたいと思います。

2018.05.13
30
  YouTube / 岩垣博之


  YouTube / お宝禅寺


  YouTube / muratti1998
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
55
1
9
9
0
日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その4)
カタリベ / スージー鈴木
54
1
9
8
3
日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その1)
カタリベ / スージー鈴木
39
1
9
8
1
日本における「カノン進行」の源流を探る旅(その2)
カタリベ / スージー鈴木
80
1
9
8
0
山下達郎がもたらした響き、80年代を彩るメジャーセブンス(その1)
カタリベ / スージー鈴木
86
1
9
8
0
恐るべし松任谷由実、クリスマスを恋愛イベントに変えてしまったこの曲!
カタリベ / 藤澤 一雅
29
1
9
8
3
バンド解散の危機!平成の中学生が選んだ安全地帯とチューリップ
カタリベ / 古城戸 大輔
Re:minder - リマインダー