2022年 6月22日

新曲「ロマンティストでいいじゃない」田原俊彦はいつだってエンターテイナー!

58
0
 
 この日何の日? 
田原俊彦のシングル「ロマンティストでいいじゃない」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2022年のコラム 
小田和正「early summer 2022」オフコース時代からつながるそれぞれの “今”

田原俊彦インタビュー ② 歌って踊って魅せること。それが僕の一番大好きな仕事だからね

田原俊彦インタビュー ③ 田原俊彦という商標登録をステージで輝かせないと

増田惠子「こもれびの椅子」不思議と沁みてくる魅惑の歌声

夏だ!ギターだ!エレキの神様だ!寺内タケシとブルージーンズは時代を超える

田原俊彦インタビュー ① 田原俊彦は常にキラキラしていなくてはいけない

もっとみる≫




いつだって全力投球! 田原俊彦のダンディズム


田原俊彦は、稀有な人だ。自分がスターであることを全肯定し、そう呼ばれるに相応しい行動をつねに心掛け、自らを律して生きている。アイドルとしてデビューしてから40年以上、ずっと。

一時代を築いたスターなのだから、別にそんな疲れることをする必要はないのだ。ある程度の年齢になれば、しんどいステージは極力減らし、名前だけでできるもっと楽な仕事をこなしていけばいい。

たまに行うライブは、黙ってついてきてくれる “太客” のファンを相手に、往年のヒット曲を楽なキーで歌い、キツい踊りは若いダンサーたちに任せ、メイン部分だけ踊ってお茶を濁す…… そんなズルはいくらでもできる。

だが田原は、絶対にそんな手抜きはしない。エンターテイナーとしてつねに第一線にいて、ほぼ毎年新曲をリリースし、ツアーを行う。 その現役感こそ「田原俊彦であること」の条件なのだ。

還暦を過ぎても、脚が高く上がることなど当たり前。ライブでは往時と同じキー、同じ振り付けで歌い “全力投球” でファンをきっちり満足させて帰す。それが、トシちゃん流ダンディズムなのだ。

待望の新曲「ロマンティストでいいじゃない」




そんな田原が6月22日にリリースした通算78枚目の新曲が「ロマンティストでいいじゃない」。もうタイトルからして全肯定だ。サウンドはわかりやすく豪華絢爛、田原が憧憬するブロードウェイの世界。"いかにも" なのだが、その「"いかにも" をやっている田原俊彦」を田原自身が楽しんでいる、というメタな構造が面白い。

これは1月に出した還暦記念写真集『DOCUMENTARY』(講談社)にも言えることで、赤ふんどし一丁の “還暦ヌード” は大きな話題を呼んだ。あれを見て「おー、トシちゃん、やっとるなー!」とつい嬉しくなってしまったが、いちばん喜んでいたのは、他ならぬ田原自身だと思う。

あんなことができるのは、不断の努力で引き締まった肉体を維持しているからこそだが、その身体を普通にカッコよく撮っても、それはただの若さ自慢にしかならない。

「赤ふんどし」という、下手をするとお笑いになりかねないアイテムをあえて身にまとい、ギリギリの線で勝負する。これこそ、エンターテイナー・田原俊彦に課せられた使命だ。どうよ?…… そう顔に書いてある。もう拍手喝采しかない。

オトナの余裕を醸し出す松井五郎の詞


話を新曲に戻そう。作詞は松井五郎。「いかにも」な枠の中で、オトナの余裕を醸し出すには最適の人選だ。冒頭、

 One more time
 月のシャワー浴びて
 今夜どんな夢を見ようか

… という超甘フレーズを還暦過ぎてもサラッと歌えるのは田原しかいない。

そのあとも、直接田原の歌で聴いてほしいのであえて書かないが、歯の浮くようなフレーズが満載。そんな中、一瞬ハッとしてグッとくるのが、2番のこの歌詞だ。

 Doorがあるのは向こうに
 知らないことがある証拠
 ずっと二人 言い訳はしない
 いつだってロマンティストでいい

ぶっちゃけこの歌詞、ちょっとエロくないっすか? 直接的な言葉は一切入ってないのに、田原が歌うと「Doorの向こうで、知らないことを体験してみない?」という “お誘い” にも聴こえてドキッとする。

そう聴こえるのは、本人も公言しているように、今もプライベートで(妻帯者なので、あくまで許される範囲で)若い女性とのデートを楽しんでいる “現役選手” だからだ。

そんなこんな、遊び心が随所に感じられる「ロマンティストでいいじゃない」。作曲は前作シングルのカップリング曲「夢幻LOVE」を手掛けた青葉紘季・大山聖福コンビに依頼。

青葉はAKBグループや坂道グループにも曲を提供している作曲家で、編曲は安定の船山基紀に任す一方で、しっかり新しい血も入れている。このへん、ただの「ベタな曲」にはしないぞ、という心意気が見て取れる。

ミュージックビデオに垣間見るトシちゃんらしさ


本曲のミュージックビデオについても触れておこう。ヨーロッパの城を思わせる館の中を、ボルサリーノハット+ワイドパンツ姿の田原が駆け回り、タップダンスなど小粋なパフォーマンスを見せてくれる。しかも1カメ、編集点ナシの長回しだ。

なんでも、10回以上リハを繰り返して撮影したそうで、この過剰なサービス精神こそ田原の真骨頂。そして彼は、ついそんなことをしてしまう「お茶目な自分」が大好きなのだ。この気概がある限り、彼がステージを降りることはない。「ずっとエンターテイナーでいいじゃない」…… この曲、私にはそう聴こえた。

特集! 田原俊彦

▶ 田原俊彦のコラム一覧はこちら!



2022.06.22
58
  YouTube / 田原俊彦オフィシャルYouTubeチャンネル


  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
チャッピー加藤
コラムリスト≫
30
1
9
8
1
芸能界賞レース夏の陣、日本テレビ音楽祭「金の鳩賞」ハイライト!
カタリベ / 古木 秀典
64
2
0
2
0
森川美穂デビュー35周年、ガールポップシーンをけん引した真の歌姫
カタリベ / goo_chan
25
1
9
8
2
凝縮されたお祭り騒ぎ、トシちゃんの「原宿キッス」と原宿ドッグ
カタリベ / 本田 隆
37
1
9
8
5
キレッキレ? 船山基紀アレンジと高橋幸宏アレンジの共通点は?
カタリベ / KZM-X
45
1
9
8
7
こんな時代にあなたは「どうする?」太陽のような男、田原俊彦からの問いかけ
カタリベ / KZM-X
45
1
9
8
0
松田聖子の世界をつくった作詞家【追悼:三浦徳子】キラキラが80年代の扉を開けた!
カタリベ / 鈴木 啓之