1月21日
スティングが歌う日本語、ドゥドゥドゥ・デ・ダダダは俺の言葉さ!
19
0
 
 この日何の日? 
ポリスの日本語シングル「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ」が日本でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.9

試合に勝って勝負に負けた「かっちゃん vs 横浜銀蝿」人生編

目指すはシーナ・イーストン! でも、モダンガールにはなれなかったよ…

10月11日生まれのスター、ダリル・ホールに垣間見るフィラデルフィア魂

ひと味違う「ジェラス・ガイ」ブライアン・フェリーは哀愁のダンディズム

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 矢野顕子と大滝詠一の因果な関係

もっとみる≫

photo:トホホレコード  

1980年、ポリスのリリースしたての新曲、しかも日本語ヴァージョンをテレビで偶然見た私は衝撃を受けた。当時小学生だった私は、洋楽に興味を持ち始めたころ。英語はわからないが、歌謡曲とは違うカッコよさに魅かれ始めていた時に聞いた曲が「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダは俺の言葉さ!」と歌うスティングの声。

妙な感覚を覚えたが、なんだか頭から離れなかった。そう、この曲は、ポリスのサード・アルバム「ゼニヤッタ・モンダッタ」(金をやったら、文無しになった、の意味らしい)からのファースト・シングル「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ」。

アーティスト本人が日本語詞で歌うのは、フランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」など珍しくなかったと思うけど、80年代には、英語の原曲に日本語を盛り込むアーティストも出てきた。カルチャー・クラブの「ウォー・ソング」では「戦争はんた~い!」、スティックスの「ミスター・ロボット」では「ドモアリガトー、ミスター・ロボット」など。今思えば、それらの楽曲は日本の小中学生まで魅了するパワーを持っていたということ。
 
ちなみに、スティングの息子さん、ジョー・サムナーはフィクション・プレインというバンドを率いて活躍してますが、日本に留学していたことがあるそうで、日本語が堪能。居酒屋好きで、来日時「一気!一気!」と言いながらビールを飲み干していたそうです。

2016.01.21
19
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
31
1
9
8
5
ポリス活動停止、ソロになったスティングの「ブリング・オン・ザ・ナイト」
カタリベ / 中川 肇
31
1
9
8
5
セット・ゼム・フリー!スティングがポリス解散後に得た自由
カタリベ / 宮井 章裕
25
1
9
8
0
おばちゃんとポリスの共通点、合言葉は「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ」
カタリベ / 時の旅人
56
1
9
8
0
高校教師を見つめていたい、ポリスを通じて英米音楽市場を比較する
カタリベ / 中川 肇
29
1
9
8
4
ジャンルを超えた「見つめていたい」メヌードからポリスに架けられた橋
カタリベ / clake
12
1
9
8
8
愛に溢れたスティングの声、この世の脆さや危うさを母のように訴える
カタリベ / ろーず真理
Re:minder - リマインダー