1993年 7月4日

90年代の萩原健一は普通のオジサン?日曜劇場「課長サンの厄年」でサラリーマンにエール!

42
0
 
 この日何の日? 
TBS系ドラマ「課長サンの厄年」放送開始日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1993年のコラム 
Jリーグ開幕30周年!当時のチェアマン 川淵三郎の開会宣言はなんとわずか30秒

90年代のR&B名盤!ジャネット・ジャクソンとジャム&ルイスの “ヒップホップ・ソウル”

ピチカート・ファイヴ「ボサ・ノヴァ2001」にみた “ほんの少し先の未来”

湾岸スキーヤー、タツローサウンドと眞木準さんの思い出(後篇)

PJハーヴェイ!一夜限りの来日公演決定、Tシャツ買わせてもらいます

伊藤銀次のラストアルバム?「LOVE PARADE」90年代はプロデューサーに転身!

もっとみる≫




モルツCMが評判となったことで生まれたドラマ「課長サンの厄年」


「♪モルツ モルツ モルツ モルツ」と、真心ブラザーズが歌う商品名連呼のCMソングをバックに、コミカルな演技を見せる萩原健一。短髪でサラリーマン風のショーケンが、ぐいっとビールを飲んで一言。「うまいんだな、これがっ」。

1992年から94まで放送された、サントリービール「モルツ」のCMを覚えている人は多いだろう。このCMが評判になったことがきっかけで生まれたのが、ショーケン主演ドラマ『課長サンの厄年』だ。単発ドラマ枠から連続ドラマ枠となった、TBS東芝日曜劇場の連続ドラマ第2弾として、93年7月から9月まで放送された。

80年代半ばにドラマ『傷だらけの天使』の再放送を観てショーケンファンになった私は、彼の危険な魅力に惹かれていた。だから、この時期の “お茶の間の人気者” 的なショーケンには正直戸惑った。『傷だらけの天使』や『前略おふくろ様』などの名作ドラマにもコミカルな要素はあったのだが、「モルツ」や『課長サンの厄年』はコミカルすぎではありませんかと。

ブラウン管の中にいたのは、“反逆のカリスマ” “狂気を秘めたアウトロー” からは、最も遠い小市民。丸い顔でおいしそうにビールを飲み、上司と部下の板挟みに悩み、家族の問題に右往左往する普通のオジサンだ。

多くの本物の課長に会って、役作りをしたショーケン


ⓒTBS



『課長サンの厄年』は、オープニングから、むむっ となる。布袋寅泰が歌う主題歌「さらば青春の光」をバックに、ショーケンだるまがころころ転がるのだから。人生は七転び八起きということなのだろうが、あのショーケンがだるまになるなんて。

とはいえ、部下たちにも敬語を使い、口癖は「まあ、いいか」の、アパレル会社の人の好い営業課長をショーケンが演じているのは新鮮だった。降りかかる災難に嘆く、困った顔がなんともかわいい。

自伝『ショーケン』(講談社刊)によると、役作りのために多くの営業課長に会って、話をしたのだそう。そのときに本物の課長たちに言われたのが、「商売っ気を表に出しすぎてはだめ。常にニュートラルな気持ちで」との言葉。

「この『ニュートラル』というのが難しい。(中略)やるからには、いきなりレッドゾーン、常にフルスロットルという演技ばかりやってましたから」

と振り返っている。

放送当時、団塊の世代は働き盛りの40代。日曜夜、厄年課長を演じるショーケンに共感しながら観ていたサラリーマンは多かったのでは。憂鬱になりがちな日曜夜、明日からも元気に働こうとサラリーマンにエールを送るドラマが、その後日曜劇場の定番となるが、今思えば『課長サンの厄年』がその先駆けだった気がする。

「課長サンの厄年」が倍賞美津子との別れの引き金に?




 さらば青春の光 あの頃俺とお前は
 傷つくのも恐れずに ただ走り続けていた
 夢見ることを夢見て 空を見上げる瞳は
 きまぐれ色だったけど 誰よりも輝いてた

「さらば青春の光」の歌詞には、『傷だらけの天使』の修と亨が重なる。そうそう、この曲のイントロには、『傷だらけの天使』のイメージが隠れているそうだ。

あんな穏やかな課長を演じていたショーケンだが、『課長サンの厄年』の撮影現場はいつもピリピリ。突如ものすごい剣幕になるショーケンに、スタッフはみんな戦々恐々だったというのだから、わからない。

妻役の石田えりとショーケンに熱愛の噂があったことも印象深い。自伝で、彼女との男女の関係を否定しているショーケンだが、これが原因で倍賞美津子と別れたことは認めている。怒った賠償は、マンションからショーケンをたたき出し、彼の荷物をすべて放り出したそうだ。

いやいや、絶対石田えりと関係あったでしょ。そりゃ倍賞美津子も疑うって。やっぱりショーケンは、90年代も “危険な男” であったことは間違いないようだ。

▶ 萩原健一のコラム一覧はこちら!



2024.03.26
42
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
平マリアンヌ
コラムリスト≫
39
1
9
9
1
作詞家 森雪之丞とロックアーティスト!布袋寅泰、氷室京介というBOØWYメンバーとの仕事
カタリベ / 馬飼野 元宏
26
1
9
8
3
平成生まれが感じたBOØWY、アルバム「INSTANT LOVE」に詰まった試行錯誤
カタリベ / アンチエイジ徳泉
33
1
9
8
6
脚が上がりすぎ!吉川晃司「キャンドルの瞳」見せつけられた身体能力
カタリベ / 鳥居 淳吉
11
1
9
8
5
プロデューサー佐久間正英の手腕、ロックの精神性とポップミュージックの彩り
カタリベ / 本田 隆
50
1
9
8
5
まるで80年代の神話 — 吉川晃司、尾崎豊、岡村靖幸、そして鈴木賢司
カタリベ / 吉井 草千里
107
1
9
8
6
贈られた曲は「わがままジュリエット」私がBOØWYワールドに陥落した瞬間
カタリベ /  ポリ