11月1日
80年代ユーミン ー 珠玉かつ最高のクリスマス・パンチラインとは?
56
1
 
 この日何の日? 
松任谷由実のアルバム「昨晩お会いしましょう」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
80年代の金字塔、ストーンズ「スタート・ミー・アップ」は1位じゃない!?

ヴォーカリーズの草分け、観ても楽しい♪マンハッタン・トランスファー

孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット

日本の夏と、ユーミンと。「夕闇をひとり」は真夏の夜のミステリー

全国歌謡ベストテンにハマったラジオ少年と来生たかおの「夢の途中」

究極のラブソング、松任谷由実の「A HAPPY NEW YEAR」

もっとみる≫


はい。クリスマスということで、我々世代的には、クリスマスといえばユーミン。そこで、この2017年のクリスマスに、80年代ユーミンの珠玉のクリスマス・パンチラインを、今一度味わってみましょう。

パンチラインとは、ヒップホップ用語で、「曲のいちばん印象的な部分」のことです。転じてここでは、「歌詞の中のいちばん印象的なフレーズ」と解釈します。クリスマス・パンチライン、略して「クリパン」でどうでしょう。

例によって、コピーライター風に、四角で囲んで、句読点を足して、級数大きめの画像にして載せてみます。広告コピーを味わうように、読んでみて下さい。

まずはやはりこれ。1980年12月1日発売のアルバム『SURF&SNOW』のB面1曲目。



もう今や、スタンダードと化していますが、よくよく考えたら、この「サンタクロース=恋人」という発想はすごい。一種の「コロンブスの卵」ではないでしょうか。そしてこの発想が、ゆくゆくは、80年代後半の、あの恋愛一色のクリスマス騒ぎの「のろし」となったわけです。

そして時代は、そんな80年代後半に突入します。1986年11月29日発売の『ALARM à la mode』には、それほど有名ではないのですが、ユーミンのセンスがピリリと効いている「クリパン」があります。



設定は、女の子が、雪国にある実家に、彼と帰るところ。そのときに、列車の車窓から見える景色を「3-Dのクリスマスカード」と言い換えるセンス! 北海道・東北地方が実家の女の子たちが当時、この曲を聴いて狂喜したとか。「銀色野原」(ぎんいろのはら)というフレーズもいいですね。

しかし、80年代ユーミンの「クリパン」の最高峰はこれです。86年と87年のクリスマスイブにオンエアされた、日本テレビ系の特別番組『メリー・クリスマス・ショー』で発表された、この曲・この歌詞です。



それぞれ1番と2番の最後のフレーズ。語呂も含めて、完璧な文字列。80年代ユーミンを超えて、日本の「クリパン史」の中でも最高水準でしょう。のちに「桑田佳祐 & His Friends」名義でCD化されました。

そしてやがて、年は暮れていきます。ユーミンの凄いところは、クリスマスだけではなく、「年の瀬パンチライン」(年パン)でも、名作を作っているところです。1984年12月1日発売のアルバム『NO SIDE』より。



年の瀬のデートで、彼女がふと「さよならを云わなくていい方法」を思いつく。それは――「一緒に暮らそう」、と同棲の話に始まり、「二人同時に、年とってゆく」と宗教的な高みにまで立っている感じがします。

そして新年。1981年11月1日発売の『昨晩お会いしましょう』のラストを飾る。「新年モノ」の名曲中の名曲。このフレーズは、私のフェイバリット・ユーミン・パンチラインでもあります。



メリー・クリスマス&よいお年を!

2017.12.25
56
  YouTube / cozy7285


  YouTube / cozy7285
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
85
1
9
8
0
恐るべし松任谷由実、クリスマスを恋愛イベントに変えてしまったこの曲!
カタリベ / 藤澤 一雅
15
1
9
8
5
誰もが安心して聴けるクリスマスソング代表!サンタが街にやってくる
カタリベ / 時の旅人
24
1
9
8
4
幻の1曲、バンド・エイドの向こうを張ったクイーンのクリスマスソング
カタリベ /  白石・しゅーげ
24
1
9
8
7
クリスマスソングの裏名曲「ニューヨークの夢」を描くポーグス!
カタリベ / DR.ENO
50
1
9
8
2
松田聖子の「恋人がサンタクロース」その歌声は等身大の胸キュンXmas
カタリベ / 稲田 雪路
55
1
9
8
0
ウィンター・ガーデン、この曲こそ松田聖子初のクリスマスソング
カタリベ / 宮木 宣嗣
Re:minder - リマインダー