3月31日

プリンスとは世界で最も過小評価されているギタリストのことである

49
3
 
 この日何の日? 
プリンスのアルバム「サイン・オブ・ザ・タイムズ」が米国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
もし力になれることがあれば… 友愛と助け合いの歌「リーン・オン・ミー」

僕にとって最も目ざわりなバンド、誰かJAGATARAをとっぱらってくれ!

約束の地はルーフトップ!? ロサンゼルスでの U2 ゲリラライブ

大学時代のバイト先、廃盤専門店・えとせとらレコードの思い出

イギ-・ポップ来日公演!半狂乱と化した指定席無効の大阪サンケイホール

T-スクエアと言えば、F1のトゥルース、ツール・ド・フランスのチェイサー

もっとみる≫






photo:Warner Music Japan  

僕は15歳でギターを始めたが、その頃ギターキッズが目標とするギタリストは、大体2つのジャンルに分かれていた。

1つめはハードロック / ヘビーメタルで、もう1つはクロスオーバー / フュージョンだ。この2つのジャンルには共通点があった。それは「演者と聴き手の趣味が一緒」なこと。ファンの中には自ら楽器を弾く人も少なくなく、聴き手も演者目線で(プレーヤーになったつもりで)演奏を聴く。

実は、同じ音楽ファンでも、聴き手目線で聴く人と演者目線で聴く人では全く違う。ポップスのヒット曲の多くは、聴き手目線の人にとって「素晴らしい」楽曲でも、演者目線の人にとっては「つまらない」楽曲だったりするのだ。もちろん、聴き手目線の人が圧倒的マジョリティだ。

これは「逆も真なり」で、先の2つのジャンルの音楽は、演者目線の人にとって面白くても、聴き手目線の人(つまり一般の音楽ファン)の興味をそそるものでないことが多い。これが、この2つのジャンルがメジャーになりにくい理由の1つなんじゃないかと思う。

前置きが長くなったが、要するに、聴き手目線と演者目線の両者を同時に満足させるというのは、とてつもなく難しいことなのだ。―― その点で、この条件を満たしている稀有な存在がプリンスである。

彼はあまりにもメジャーな存在であるが故に、演者目線の音楽ファンの興味の対象から「条件反射的に」外されてしまった感があるが、実はプレーヤーとしても超一流だ。そのことに気づいていない皆さんには、是非一度、ギタープレイだけに注目して彼のパフォーマンスを観て貰いたい。

例えば、2004年のロックの殿堂(Rock & Roll Hall of Fame)の式典でのことだ。プリンスは、ジョージ・ハリスンへの追悼パフォーマンスで、トム・ペティ、スティーヴ・ウィンウッド、ジェフ・リンらとザ・ビートルズの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」を演奏したが、後半のギターソロの場面(動画では3分27秒あたりから)では、ほとんど彼のワンマンショーと化していた。

2007年のスーパーボウルのハーフタイムショーも忘れがたい。史上初の雨中のパフォーマンスとしても印象に残っているが、激しい雨と風の中での「パープル・レイン」は何とも幻想的であった。曲の後半で「Can I play this guitar?」と言って始まったギターソロ(動画では5分56秒あたりから)はショーのクライマックスだったと言える。

米国の音楽誌『ローリングストーン』は2003年に「25 Most Underrated Guitarists」を発表したが、1位に選ばれたのがプリンスだった(2位はニルヴァーナのカート・コバーン)。「Underrated」とは「過小評価」されているということである。さらに、僕の好きなランキングサイト『WatchMojo.com』も「Top 10 Underrated Guitarists」の1位にプリンスを選んでいる(2位はラッシュのアレックス・ライフソン)。

2016年にプリンスが亡くなったからかもしれないが、今ようやく彼が素晴らしいギタリストだったことが世間に浸透してきた気がする。それはそれで喜ばしいことだが、その反面、少々寂しくもある。

もし皆さんがギタリスト・プリンスに興味を持ってくれるのなら、1987年にリリースされたアルバム『サイン・オブ・ザ・タイムズ』を聴いてほしい。シングルカットされたタイトル曲をはじめ、「ユー・ガット・ザ・ルック」、「プレイス・オブ・ユア・マン(原題:I Could Never Take The Place Of Your Man)」など、いくつもの曲でギターがフィーチャーされている。


※2018年9月17日に掲載された記事をアップデート

2019.06.07
49
  YouTube / Rock & Roll Hall of Fame


  YouTube / NFL
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
テレサ
ジョージ・ハリスンのクラウド・ナイン
2019/03/15 19:38
0
返信
1965年生まれ
中川 肇
アルバム『Sign 'O' The Times』収録曲のビデオクリップも併せてご覧下さい!

Sign 'O' The Times (1987年4月25日 全米3位)
https://youtu.be/8EdxM72EZ94
U Got The Look (1987年10月17日 全米2位)
https://youtu.be/_jCuroTbqBI
I Could Never Take The Place Of Your Man (1988年2月6日 全米10位)
https://youtu.be/t5Px4jY1TVc
2018/09/17 13:34
0
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
39
1
9
8
5
プリンス流儀のウッドストック、サイケでファンクな「ラズベリー・ベレー」
カタリベ / KARL南澤
41
1
9
8
4
縦横無尽なリズムの怪人、世界はプリンスに追走するのに必死だった
カタリベ / 山口 順平
16
1
9
8
7
リリックビデオのルーツ!殿下ことプリンスは映像作品でも我々を驚かす
カタリベ / DR.ENO
27
1
9
8
4
プリンスの紡ぐ「ビートに抱かれて」鳩が翼を広げて飛び立つとき
カタリベ / 宮井 章裕
39
1
9
8
9
80年代プリンスのラストアルバム「バットダンス」と真っ黒なゴミ袋
カタリベ / 太田 秀樹
16
1
9
8
6
新しい時代の幕を開けた「パレード」恐れを知らず、孤独だったプリンス
カタリベ / 宮井 章裕
Re:minder - リマインダー