7月15日
サタデーナイトフィーバー、僕は迷うことなくビージーズの扉に鍵をかけた
30
0
 
 この日何の日? 
映画「サタデー・ナイト・フィーバー」が日本で劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1978年のコラム 
今だから話そう「新人バンドの見つけ方」ルールよりも情熱が勝つ!

すすめ!!パイレーツとマカロニほうれん荘、漫画がロックになった日

恐るべし夏のお嬢さん、僕の深層心理に住みつき夏の到来を教えてくれる曲

井上陽水とwhite、忘れられないあの日のキャッチボール

ヒットスタジオの醍醐味!岩崎宏美 with ダン池田とニューブリード

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 君のひとみは10000ボルト

もっとみる≫

photo:Spotify  

外国映画で一番最初に好きになったのが『小さな恋のメロディ』だ(1971年公開)。と言っても、初めて見たのは映画館ではなく、1976年に『日曜洋画劇場』で放送された時なので、僕は中学生になったばかりの頃。映画を観終わってすぐにもう一度観たい! と思った。でも当時はビデオデッキもなければTSUTAYAもない。中学生にできることと言えばひたすら再放送を待つのみ。

この映画をもう一度観たいと思った理由は、メロディ役のトレイシー・ハイドを見たかったから。メロディに一目惚れする少年を自分に置き換えて、まるで自分が一目惚れしたかのように観ていたのかもしれない。それはトレイシー・ハイドの魅力なのか、吹き替えの杉田かおるの魅力なのかよくわからないが、とにかくメロディの魅力にやられてしまったのだ。

そしてそんな気持ちを盛り上げたのが、劇中で流れるビージーズの音楽だ。とにかくすべての曲が綺麗で瑞々しい。今聞いてもその印象は全く変わらない。“エバーグリーン” とはこういう曲のことを言うんだろうな。再放送があるまで映画を観られないならサントラだけでも聴くしかない。とにかく映画を思い出そうと聴いて聴いて聴き倒していた。

劇中での曲の使い方もちょっと変わっていて、テーマ曲の「メロディ・フェア」をはじめ合計5曲、Aメロやサビだけでなく、どの曲もほぼ一曲丸ごと使われている。さらに曲が流れるシーンにはセリフが一切ない。まるでビデオクリップ。セリフがなくても曲と映像だけで、登場人物の気持ちや関係性が伝わってきてグッと魅力溢れるものになっている。このビデオクリップ的なシーンがなければきっと僕はこの映画をそれほど好きになってないだろう。

1978年に『サタデー・ナイト・フィーバー』が公開された。この映画にもビージーズの曲がサントラとして使われていると聞き、またあの瑞々しいサウンドが聴けるのかと楽しみにしていたのだが……

「ステイン・アライブ」を聞いた時は耳を疑った。

 ディスコ!?
 いやいや、そんなことよりその声どうしちゃったの!
 声変わり? 逆だろ!
 他の曲は?
 恋のナイト・フィーバー?
 これも声がヘ〜ン!
 あのエバーグリーンはどこ?

僕は迷うことなくビージーズの扉に鍵をかけたのだった。

そして今年。フジテレビNEXTで放送していた『グラストンベリー・フェスティバル2016』でコールドプレイとバリー・ギブが「ステイン・アライブ」を共演していた。声に衰えは感じるものの、なんかいいぞ。もう一回見直し。隣で一緒に歌うクリス・マーティンがとても楽しそうだったせいもあって、もう一回見直し。い〜じゃん!

あれから40年近くが過ぎ、残るメンバーもバリー・ギブひとり。長いこと閉ざしていた扉を開けて他の曲も聴いてみよっと。

2016.12.05
30
  YouTube / TheJennyiLove


  YouTube / Julio Citarella


  YouTube / ParSur Announcement PSA
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1963年生まれ
やっすぅ
コラムリスト≫
48
1
9
7
8
合言葉は「グリース」、大人への入り口だったミュージカル映画の傑作
カタリベ / 藤澤 一雅
30
1
9
8
5
80'sの象徴「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「パワー・オブ・ラヴ」
カタリベ / 太田 秀樹
18
1
9
8
5
グーニーズ、シンディ・ローパーの歌声が残した濃密なキスマーク
カタリベ / 藤本 真
24
1
9
8
1
80年代の奇才、ジム・ジャームッシュ「パーマネント・バケーション」
カタリベ /  白石・しゅーげ
22
1
9
9
3
聖なる夜に響くゴスペル「天使にラブ・ソングを…」からパワーをもらって
カタリベ / Maria
26
1
9
8
4
80年代ポールの最高傑作「ノー・モア・ロンリー・ナイツ」の不遇
カタリベ / 宮井 章裕
Re:minder - リマインダー