7月22日

マッシュアップでお祝い、サタデー・ナイト・フィーバー上陸40周年!

105
1
 
 この日何の日? 
映画「サタデー・ナイト・フィーバー」が日本で劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1978年のコラム 
ついに日本で封切られた「スター・ウォーズ」それは黄金の6年間が幕を開けた年

6歳の頃に聴いた衝撃「THRILL」いくつになっても CHAR を語りたい

黄金の6年間:若者の風俗を劇的に変えた「サタデー・ナイト・フィーバー」

サタデーナイトフィーバー、僕は迷うことなくビー・ジーズの扉に鍵をかけた

ターニングポイントは「white」真の超人に変わっていく井上陽水

井上陽水とwhite、忘れられないあの日のキャッチボール

もっとみる≫






photo:UNIVERSAL MUSIC  

早いもので2018年も終わりが近づいているが、どうやら今年はダンス映画の先駆け『サタデー・ナイト・フィーバー』が日本に上陸して、ちょうど40年に当たるようだ。これを記念して、レコード会社各社が様々なキャンペーンを行ったりしていたらしいが、迂闊なことに全く気がつかなかった。

思い起こせば、この映画は1977年12月に全米で封切られると、たちまち世界中で大ヒット。日本も例外ではなく、翌78年7月に公開されると空前のディスコブームが巻き起こり、「フィーバーする」なんて流行語も生まれた。

加えて、この映画は音楽の世界にも大きな爪痕を残している。サウンドトラックは全米アルバムチャート(Billboard 200)で24週連続1位を記録し、7曲を提供したビー・ジーズにも「この世の春」が訪れた。

彼らがこの年に発表したシングル「愛はきらめきの中に(How Deep Is Your Love)」「ステイン・アライヴ」「恋のナイト・フィーバー(Night Fever)」はすべて全米シングルチャート(Top 100)で1位を獲得し、更には他のアーティストにもヒット作を提供するという、まさに快進撃であった。

ビー・ジーズとは、英国生まれ・豪州育ちのギブ三兄弟を中心とするボーカルグループのことで、8つのグラミー賞を獲得し、ロックの殿堂(Rock&Roll Hall of Fame)入りも果たした偉大なアーティストだ。にもかかわらず、日本の音楽ファンの評価がイマイチな気がするのは、『サタデー・ナイト・フィーバー』の色物感が半端なかったからだろうか。

ところで、どうして僕が急にビー・ジーズのことを思い出したかと言うと、たまたま「ステイン・アライヴ」を使ったマッシュアップ(Mashup)をいくつも見つけて感動したからだ。ちなみに、音楽ファンの皆さんには釈迦に説法だが、マッシュアップとは複数の曲を合成して1つの曲にする手法のことである。どんな形であれ、何度も再利用されるということは、耐久性があるというか、使い減りしないというか、とにかく楽曲のクオリティを証明する根拠の一つになると思う。

そこで、今日は僕がインターネットで偶然見つけた2組のマッシュアップ・アーティストの作品を紹介したい。まずは豪州を拠点とする Wax Audio の作品を2つ。

1つめはピンク・フロイド「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パート2)」とのマッシュアップという、全く真逆の世界観を持つ2曲の組み合わせ。

ジョン・トラボルタがダンスフロアで踊っている映像と、子供たちが「We don't need no education」と合唱する映像が交互に流れるのは何ともシュールであるが、これを聴けば、「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」がディスコビートだったことに気づくはずだ。

2つめは AC/DC「バック・イン・ブラック」とのマッシュアップ。これも一見不思議な組み合わせだが、ビー・ジーズと AC/DC という豪州出身2大アーティストの共演になっているのが、何とも微笑ましい。

次に紹介したいのは、アメリカ西海岸出身のデュオ、パンプルムースの作品で、ジャミロクワイ「ヴァーチャル・インサニティ」とのマッシュアップだ。彼らの場合、素材をリミックスするのではなく、自分たちで実演しているのが特長。この作品では8割方がジャミロクワイでビー・ジーズの印象はかなり薄いが、サウンドのアナログ感がとてもいい耳心地だ。

… ということで、同じ過去曲の再利用であっても、合法的なカバーやサンプリング、はたまた非合法なパクリだけでなく、マッシュアップという楽しみ方もあるんだということを、この機会にぜひ皆さんに知って頂きたいと思う。


Song Data
■Stayin' Alive / Bee Gees
■作詞・作曲:Barry Gibb, Robin Gibb, Maurice Gibb
■プロデュース:Bee Gees, Albhy Galuten, Karl Richardson
■発売:1977年12月13日


Billboard Chart&Official Charts
■Stayin' Alive / Bee Gees(78年2月4日 全米1位、78年3月4日 全英4位)
■Another Brick In The Wall (PartⅡ)/ Pink Floyd(79年12月15日 全英1位、1980年3月22日 全米1位)
■Back In Black / AC/DC(81年2月21日 全米37位、2012年12月1日 全英27位)
■Virtual Insanity / Jamiroquai(96年8月31日 全英3位)


2018.12.27
105
  YouTube / Wax Audio


  YouTube / Wax Audio


  YouTube / PomplamooseMusic
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
中川 肇
コラムに登場するマッシュアップの元ネタです↓

Bee Gees - Stayin' Alive [Version 1] (Video)
https://youtu.be/fNFzfwLM72c
Pink Floyd - Another Brick In The Wall, Part Two (Official Music Video)
https://youtu.be/HrxX9TBj2zY
AC/DC - Back In Black (Official Video)
https://youtu.be/pAgnJDJN4VA
Jamiroquai - Virtual Insanity (Official Video)
https://youtu.be/4JkIs37a2JE
2018/12/27 09:05
0
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
42
1
9
7
8
サタデーナイトフィーバー、僕は迷うことなくビー・ジーズの扉に鍵をかけた
カタリベ / やっすぅ
70
1
9
7
8
黄金の6年間:若者の風俗を劇的に変えた「サタデー・ナイト・フィーバー」
カタリベ / 指南役
52
1
9
7
8
合言葉は「グリース」、大人への入り口だったミュージカル映画の傑作
カタリベ / 藤澤 一雅
65
1
9
8
1
悪魔の招待状、新生AC/DCはこのアルバムから始まった!
カタリベ / 藤澤 一雅
36
1
9
8
3
オーストラリアの大逆襲、もう「ダウン・アンダー」とは言わせない!
カタリベ / 中川 肇
30
1
9
7
9
ピンク・フロイド「ザ・ウォール」はプログレ時代の終わりの始まり
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー