10月12日
80年代の大学音楽サークルでチャカ・カーンがもてはやされた理由は?
37
4
 
 この日何の日? 
チャカ・カーンのシングル「I Feel for You」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
六本木心中、素直になれなかった80年代とリアルにヤバかったゼロ年代

スクール☆ウォーズ、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌

運動会を休んでまで観た「炎のキン肉マン」最高にカッコよかったぜ!

ラブホテル「1983」の出現とブラック・コンテンポラリーの使い方

ジュリアン・レノン、えっ???あの人に生き写しの名曲!

青い瞳の聖ライフ&乳姉妹、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌

もっとみる≫

photo:The FlinterFiles  

チャカ・カーンの名前を聞いたら、多くの人が「フィール・フォー・ユー(I Feel For You)」を思い出すだろう。この曲は、今は亡きプリンスのカバーであり、今は亡きアリフ・マーディンがプロデュースした彼女の最大のヒット曲である。そしてこの曲のイントロには、もの凄く印象的な2つのポイントがある。

1つ目は、ヒップホップのオリジネーターの一人であるメリー・メルによる「Ch-ch-ch-chaka-chaka-chaka Khan……」というラップだ。これはアリフ・マーディンのアイデアだったが、この曲によってラップがメインストリームに持ち込まれたとも言われている。

2つ目は、このラップに続くスティーヴィー・ワンダーのハーモニカである。実はチャカとスティーヴィーには縁があって、彼女のキャリア初のトップ10ヒットが、ルーファス時代に発表されたスティーヴィー書き下ろしの「テル・ミー・サムシング・グッド」であった。

いずれにせよ、この曲はヒップホップの先駆けとも言える先進的なサウンドで、デイヴィッド・フォスター作のバラード「スルー・ザ・ファイア」と共にヒットした。しかし、当時、僕たち音楽サークルの人間にとってのチャカ・カーンとは、決してこの頃の完成度の高いポップス作品を指してはいなかった。

もしかしたら僕の大学だけだったかもしれないが、当時の音楽サークルのおそらく半数位の人間が、クロスオーバー、フュージョン系の音楽を志向していた。その手の音楽は聴き心地が良いこともあるが、それ以上にプレーヤーにとっては技術的にチャレンジングな曲が多く、コピーに成功した時に快感を得られるということも大きかった。

ところが、殆どの曲がインストゥルメンタルだったから、ライブや学園祭で演ってもイマイチ盛り上がりに欠けてしまう。そこでセットリストにボーカルものを入れようと考えた時に、チャカ・カーンが選ばれることが多かったのだ。例えば、ルーファス時代にクインシー・ジョーンズ軍団の支援を得た『マスタージャム』や、ソロとして発表した『恋のハプニング(What Cha' Gonna Do For Me)』などは、演奏欲求を掻き立てるのに十分な作品だったし、インスト曲に挟んでも違和感がなかった。

とは言え、日本にチャカ・カーンのように歌えるボーカリストが、ましてアマチュアの中にいるはずはない。つまり、いつも女子の誰かが無理を強いられていたことになるが、それはそれでやむを得なかったということだろう。


I Feel for You / Chaka Khan
作詞・作曲:Prince
プロデュース:Arif Mardin
発売:1984年10月12日


脚注:
■ Rufus featuring Chaka Khan
「Tell Me Something Good」(74年8月24日3位)
『Masterjam』(79年11月24日 14位)※アルバム

■ Chaka Khan
『What Cha' Gonna Do For Me』(81年5月16日 17位)※アルバム
「I Feel For You」(84年11月24日3位)
「Through the Fire」(85年5月25日 60位)

2016.09.30
37
  YouTube / Yigal Classa


  YouTube / PyroCham
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1967年生まれ
時の旅人
中川さん 博識!
2016/10/04 17:27
1
返信
1966年生まれ
太田 秀樹
まさに飛んでイスタンブール。
2016/10/03 05:39
3
返信
1965年生まれ
宮木 宣嗣
イスタンブール出身とは!これまた懐が深いですね(汗)
リンゴ・スターもこんな人にプロデュースされてよかったです
2016/09/30 18:20
1
返信
1965年生まれ
中川 肇
いやぁ、本当にそうですね。ところで、彼がイスタンブール出身だって知ってました? バークリー音楽院の「Quincy Jones Scholarship」第1号に選ばれて、米国に移って来たらしいですよ。
2016/09/30 17:49
4
返信
1965年生まれ
宮木 宣嗣
プロデュースのみならずあのラップのアイディアもアリフ・マーディンだったとは!
そのめくるめく才能にクラクラしてしまいます
2016/09/30 11:27
3
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
39
1
9
9
0
ただの色物ではない、プリンスは稀代の天才メロディメーカー
カタリベ / 中川 肇
10
1
9
8
2
プリンスとマイケルはコインの裏表、その始まりは「1999」!?
カタリベ / ジャン・タリメー
88
1
9
8
5
スティーヴィー・ワンダーはポップミュージックにおける唯一絶対の正解!?
カタリベ / 中川 肇
16
1
9
8
4
双璧だったマイケルとプリンス、そしてスリラーとパープル・レイン
カタリベ / ジャン・タリメー
14
1
9
8
9
プリンスのバットダンス、ゴミ袋かぶって踊りまくった奴がいた!
カタリベ / 太田 秀樹
110
1
9
8
4
中学時代の英語教師はミネアポリス出身でプリンスの同級生だった!
カタリベ / 瑠璃土
Re:minder - リマインダー