5月28日

ボウイ × 坂本龍一 × たけし「戦場のメリークリスマス」はクロスオーバーの象徴!

41
0
 
 この日何の日? 
大島渚監督作品「戦場のメリークリスマス」劇場公開日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
総尺1分3秒、松田優作と薬師丸ひろ子の長すぎたキスシーン

山田太一脚本ドラマ「ふぞろいの林檎たち」に欠かせないサザンオールスターズの音楽

吉本ばなな短編集で出会った、エクソシストからのムーンライト・シャドウ

ブランキーも継承!過去の遺産から未来を描いたストレイ・キャッツ

禁じられた色彩、戦場のメリークリスマスと2人のデヴィッド

ボウイ、たけし、坂本の “原点” 「戦場のメリークリスマス」

もっとみる≫



photo:(C)大島渚プロダクション  

テレビの司会は “司会者” が務めていた時代


昭和の時代、テレビ番組の司会は、司会者が務めた。

―― と書くと、「お前は何を当たり前のことを言ってるんだ?」とツッコまれそうだが、よーするに、昔は “司会者” という肩書きの人がいたんですね。例えば、『アップダウンクイズ』(NET→TBS系)の小池清サン、『東芝ファミリーホール特ダネ登場!?』(日本テレビ系)の押坂忍サン、『クイズグランプリ』(フジテレビ系)の小泉博サン、『ロッテ歌のアルバム』(TBS系)の玉置宏サン――。

彼らの仕事は、正確な番組進行と、聴き取りやすいアナウンスでお茶の間に状況を伝えること。時おりウィットを挟みつつも、大きく番組が脱線することはなかった。毎週、同じ曜日の同じ時間に、ルーティンの仕事をこなすことに意味があった時代――。

それが、今やテレビ番組の司会と言えば、お笑い芸人が務めるのが定番である。要は、クイズ番組にしろ、音楽番組にしろ、バラエティ番組にしろ、今のテレビの見せ場は、出演者のフリートーク。司会者には、それをいかに面白く引き出せるかの技量が求められ、結果、アドリブの利く、回しの上手いお笑い芸人が重宝されるようになったのだ。

境界線を越え、新しい才能を開花させたエンターテイナーたち


ちなみに、冒頭に挙げた4番組は、大体、80年代のアタマに姿を消している(『アップダウン~』は83年に小池サンが勇退して事実上終焉)。その時代、テレビ界で何が起きたかというと―― それこそ “クロスオーバー” なんですね。従来のテレビ司会者の枠を超えた “才能” が出現したり、異業種から参入もあった。

例えば、『ザ・ベストテン』(TBS系)の久米宏サンは、それまでの音楽番組の概念を変え、ハプニングすら楽しむ徹底的なドキュメンタリー性を売りにした。『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日系)の古舘伊知郎アナは、スポーツ実況にエンタメ性を盛り込み、アンドレ・ザ・ジャイアントに “人間山脈” の異名をつけるなど、抜群のコピーライティングのセンスを発揮した。『世界まるごとHOWマッチ』(TBS系)の大橋巨泉サンは、クイズ番組に軽妙洒脱なトークを加味して、大人のバラエティショーを演出した。

異業種からのクロスオーバーもあった。異色の若者向けトーク番組『YOU』(NHK教育)は、コピーライター時代の糸井重里サンを司会に抜擢。何より、CMのないNHKに、広告界のスターを起用する発想が面白かった。実際、彼は若者たちをスタジオに入れ、ポップで自由に話せる空間を作った。あえて結論は出さず、従来のNHKの説教臭さを払拭した点が好感を持たれた。

一週間の放送を振り返る総集編『笑っていいとも!増刊号』(フジテレビ系)では、編集者の嵐山光三郎サンが “編集長” という肩書で初代の司会に起用された。テレビを雑誌目線で語る―― だから「増刊号」なのだ。レギュラー放送の『いいとも』とは目線が異なる、ちょっとインテリな味付けが楽しかった。

えーっと、何の話をしてるんだっけ?

そうそう、クロスオーバー。少々前置きが長くなったが、今回のテーマが、まさに「黄金の6年間」のクロスオーバーの象徴とも言える渾身の一作。それが、1983年5月28日に封切られた映画『戦場のメリークリスマス』である。

クロスオーバーの象徴、映画「戦場のメリークリスマス」


監督・大島渚。出演は、デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし―― トップクレジットの3人は、役者が本業じゃない。この映画の公開時点で、世界的ロックスターに、“YMO” の教授に、漫才師である。3人とも本業においては、いずれも紛うことなき天才だった。

この異例のキャスティングに、世間は大騒ぎになった。ちなみに、大島渚監督については、あの『愛のコリーダ』(76年)を監督して裁判沙汰になった人―― というのが、当時の世間一般の認識。ただ、それで拍がついて、世界的に名の売れた日本人監督と、皆が一目置いていたのは事実である。

僕が、同映画を観に行く理由は、至ってシンプルだった。当時、僕は高校1年で、同世代の男子の8割はたけしサンに心酔していた。要は、教祖が出演するので信者は行く―― それだけのこと。毎週、『オールナイトニッポン』で聴かされる撮影の裏話に爆笑し、どうやらカンヌ国際映画祭のパルム・ドールも取れるらしいという前評判も手伝い、僕らは盛り上がっていた。

残念ながら、公開前に「カンヌ」は同じ日本映画の『楢山節考』(今村昌平監督)に持っていかれるんだけど、逆に、それすら笑い話として盛り上がり(結果オーライ)、僕らの期待は更に高まった。公開を今か今かと待ち受けた。

そして、封切り初日―― 福岡・中洲の映画館は超満員だった。僕らはちょっと出遅れ、館内に入ると既に座席は埋まっていた(当時の映画館は自由席である)。それでも通路の階段に腰掛け、場末のスナックあたりのCM(昔の映画館のCMって妙な “場末” 感がありましたよね?)を見ていると、フツフツと期待が高まってきた。

始まった。タイトルは『Merry Christmas Mr.Lawrence』と、英語表記。そう言えば、日英とオーストラリア、ニュージーランドの合作だっけ。ファーストカットは軍服姿のたけしサンだ。ここで館内が軽くざわつく。遠くの席で笑い声も聞こえる。続いて画面は引きになり、捕虜収容所の外をたけしサンが歩いている。ここで、坂本龍一渾身のテーマ曲が流れる。オリエンタルチックな旋律が印象的だ。もう、何度もCM(当時は映画のCMがテレビでよく流れましたナ)で聴いていたが、改めてスクリーンを通して聴くと、ゾクゾクと得も言われぬ感動が押し寄せてきた。



1978年に始まった「戦メリ」企画、紆余曲折のキャスティング


ここで、映画『戦場のメリークリスマス』の成り立ちについて、少し解説しておく。
同映画には原作があり、劇中に登場するイギリス人のロレンス中佐(トム・コンティ)のモデル、ローレンス・ヴァン・デル・ポストが1954年にイギリスで刊行した『影さす牢格子(A Bar of Shadow)』と1963年発表の『種子と蒔く者(The Seed the Sower)』に基づいている。それらをまとめたものが日本では78年に翻訳出版され、同年、大島監督が映画化に名乗りを上げた。

そう、『戦メリ』の企画は78年に始まっていた。ここがミソだ。つまり「黄金の6年間」の初年である。当初、のちにデヴィッド・ボウイが演じるセリアズ少佐の役は、ロバート・レッドフォードが検討されたという。また、坂本龍一サンが演じたヨノイ大尉は沢田研二、たけしサンが演じたハラ軍曹は勝新太郎がそれぞれ候補に挙がったが、いずれもスケジュールやギャランティが折り合わず、流れたとか。実現したら、これはこれで面白かっただろう。

結局、主役のセリアズの役は、大島監督自らニューヨークに出向き、ブロードウェイの舞台『エレファント・マン』に出演中のデヴィッド・ボウイに声をかけたところ、逆に「大島監督のファンだ」と快諾されたという。この時点で1980年。そこからボウイは2年間、スケジュールを空けてクランクインを待っていたとか。まぁ、リップサービスだろう。

また、教授へのオファーは、 “音楽” を担当する条件で折り合った。当時、教授は映画音楽の経験がなく、自身のキャリアアップのためにも、是が非でもやりたい仕事だった。むしろ、音楽がメインで、役者がサブというスタンスだったのかもしれない。実際、クランクイン初日、教授は全く台詞を覚えずに現地入りした。

最後に決まったハラ軍曹=たけしの配役


そして、たけしサンへのオファーは最後に行われた。
当時、既にテレビ界の大スターである。だが、演技的にはほぼ未経験。その起用に、製作サイドは大反対したという。実際、観客動員に期待が持てる反面、ハラ軍曹は重要な役だけに、映画のクオリティを落としかねない。しかし、大島監督はたけしサンの目を見て、「瞳だけは美しく輝いている」と、全責任を負って起用を決めた。結果的に、この直感が、あの名ラストシーンを生むのだから、やはり大した監督である。
なぜ、『戦メリ』は78年に企画を立ち上げてから、82年のクランクインまで時間がかかったかというと、当時の映画界にありがちな話で、要は資金難である。600万ドルとも言われる資金集めに難航し、その間、スケジュールが再三延期され、キャスティングも二転三転。異分野からの起用となった次第。そして、クランクインの82年8月を迎えた。しかるに、同映画の今日の評価の半分がこのキャスティングにあることを思えば―― それに費やされた時間は、むしろ必然だったのかもしれない。クロスオーバーの時代「黄金の6年間」がもたらした恩恵とも。

デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし… 魅力的なキャラクター


映画に戻ろう。
ストーリー自体は、さして難解ではない。1942年、ジャワ島の日本軍俘虜収容所を舞台に、捕虜となったイギリス兵たちと、それを監視する日本兵たちとのやりとりを描いたもの。設定そのものは、あの「クワイ河マーチ」の『戦場にかける橋』(57年)とよく似ている。

坂本龍一演ずるヨノイ大尉がここの所長で一番偉い。一方、たけしサン演ずるハラ軍曹は、いわゆる現場の担当者。ハラのほうが年上に見えるが、ヨノイの階級が上なのは、キャリアとノンキャリの違いである。エリート上官と鬼軍曹――よくある設定だ。

物語は、ある日、デヴィッド・ボウイ演ずるセリアズ少佐が被告として収容所に送られてきたのをキッカケに、徐々に動き出す。裁判所で彼を尋問したヨノイは何を思ったのか、セリアズを銃殺刑に処すと見せかけ、空砲で命を救う。

一方、ハラは捕虜たちに粗暴に振る舞いつつも、日本語を話せるロレンス中佐にだけは気を許し、何かと重宝する。いつしか2人の間には、敵味方を超えた友情が芽生えたように見えた。

しかし―― 一度乱れ始めた調和のうねりは、やがて兵士たちの暴走を生む。ヨノイは自らの心の乱れを打ち消すように捕虜たちに辛く当たる。その最中―― なんとセリアズがヨノイの気を静めようと、彼の両頬にチークキスをする。

予期せぬ出来事に言葉を失い、その場に倒れ込むヨノイ。翌日、新しい所長が赴任し、セリアズは生き埋めの刑に処せられる。ある晩―― 月明かりの下、絶命寸前のセリアズの前にヨノイが現れる。そして髪を一束切り、ポケットに仕舞った。



この映画で真に評価すべきポイントは?


1946年―― 戦争は終わり、ハラは戦犯となり、囚われの身となっていた。刑の執行前夜、ロレンスが面会に訪れる。旧交を温め合う2人。収容所で過ごしたクリスマスの思い出話で盛り上がる。帰り際、「ロレンス」と呼び止めるハラ。ここで彼の顔がアップになる。笑顔だ。

「メリー・クリスマス。メリー・クリスマス、ミスターロレンス」

映画はここで終わる。流れるメインテーマ。正直、もう少し難解な映画を予想していたが、意外と普通だった。この映画自体、難解な大島映画と普遍的な戦争エンタメとのクロスオーバーだったのかもしれない。事実、大島映画史上最高額となる興行収入がそれを物語る。「黄金の6年間」が、監督の軸足を若干マーケット(市場)に引き寄せ、その分、カンヌから遠のかせたとも。


1つだけ確かなことがある。

この映画で真に評価すべきは、後日談である。アフターストーリー。但し、物語の中ではなく、外の話だ。

坂本龍一はこの4年後、『ラストエンペラー』でアカデミー作曲賞を受賞した。
ビートたけしは6年後、映画監督になり、やがて「世界のキタノ」と呼ばれることになる。

――いずれも『戦メリ』が起点になったのは言うまでもない。



2020年5月28日に掲載された記事をアップデート


m

▶ 坂本龍一のコラム一覧はこちら!



2023.05.28
41
  YouTube ムービー
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
17
1
9
8
7
1987年ベルリン、デヴィッド・ボウイが送り続けた自由へのメッセージ
カタリベ / ユリンベ
14
1
9
8
1
マッドチェスターの源流? ロンドン発のニューウェーヴ、パッションズ
カタリベ / moe the anvil
13
1
9
8
3
伝説のギタリスト、テキサス・ハリケーンことスティーヴィー・レイ・ヴォーン
カタリベ / KazーK
62
2
0
2
2
「ザ・ベストテン」と「黄金の6年間」の驚くべき関係!素晴らしきエンタメ青春時代
カタリベ / 指南役
68
1
9
8
0
黄金の6年間:中島みゆき「ひとり上手」フォークからポップミュージックへ
カタリベ / 指南役
31
2
0
2
2
ポッドキャストになった「⻩金の6年間」Spotify での独占配信がスタート!
カタリベ / 指南役