10月21日

米米CLUB「浪漫飛行」を印象付けた傑作ベース・リフの<ファ>

57
4
 
 この日何の日? 
米米CLUBのアルバム「KOMEGUNY」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1987年のコラム 
超訳!イングリッシュマン・イン・ニューヨーク、スティングに憧れて

プリンス feat. シーナ・イーストン、典型的ミネアポリス・ファンクが炸裂!

静岡駅前のパルシェからスジャータに至る脳内再生のメカニズム!?

ユニコーンのキラーチューン「Maybe Blue」のイントロが連れてくる風景

米米CLUBのブレイク前、ライブでしか聴けなかった「浪漫飛行」

あこがれの存在、近寄り難きアーティスト=土屋昌巳に近寄ってみた

もっとみる≫



photo:SonyMusic  

1~2本目は佐野元春の「譜割り」の話、3本目はオフコースの「転調」の話と、ちょっとマニアックで専門的な話が続いたので、今回は、もうちょっとだけ分かりやすい「リフ」の話としましょう。

「リフ」=「リフレイン」の略。

曲の中で、何度も繰り返される(=リフレイン)1~2小節くらいの短いフレーズのことです。

では、有名なリフは何か。「ロック史における最も偉大な『ギター・リフ』ベスト50」という、ごくろうさんなランキングがありまして、その1位は、ザ・ローリング・ストーンズ『サティスファクション』のイントロから流れる、あの「♪じっ・じー・じじ・じ~」のようです。

80年代で言えば、ガンズ・アンド・ローゼスの『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』のイントロのリフ「♪ちゅい・ちち・ちゃい・ちゃい~」が、7位に選ばれています。

で、これらはギターによるリフですが、ベースのリフもあります。80年代で言えば、何といってもマイケル・ジャクソンの『ビリー・ジーン』。あのイントロのベース・リフを、簡易的な譜面で書けば、このようになります。



「♪ラミ・ソラ・ソミ・レミ」(キーはF#m)。マイケルのムーンウォークが、脳裏にくっきりとよみがえる傑作リフです。

そして、その『ビリー・ジーン』の影響も少しあったかもしれない、80年代の日本における傑作ベース・リフが、米米CLUBの『浪漫飛行』です(シングルヒットしたのは1990年でしたが、その前に、アルバム『KOMEGUNY』の中の1曲として、1987年に発売されています)。これも簡易譜面で書けば、こんな感じ。



「♪ドド・ソソ・ファファ・ドド」(キーはB)。イントロから歌メロに入っても、ベースはずっとこの「♪ドド・ソソ・ファファ・ドド」を刻み続けます。

その上に乗るメロディやコード進行は、やたらとドラマティックで、饒舌なものですが(「元祖Jポップ」という感じ)、その下では、このベース・リフが、淡々と機械的な繰り返されます。

特に「ファ」が効いていますね。これが「ド」とか「ミ」だったら、かなりストレートで、ややマヌケな感じになるのですが、「ファ」にしたことで、いい意味での浮いている感じというか、斬新な引っかかりが生まれています。

繰り返せば(=リフレイン)、この曲の、カラオケ映えするしつこいメロディは、「元祖Jポップ」という感じがするのですが、最近のJポップには、音楽的なチャレンジ精神 ー つまり、『浪漫飛行』における「ファ」ー が足りないという感じがします。だからその殆どが、引っかかりが無く、聴いたそばから流れて去ってしまうと考えるのです。

最近の多くのJポップに感じる、あの物足りない感じを、「歯抜け」ならぬ「ファ抜け」と呼びたいと思います。

2017.04.30
57
  Apple Music


  YouTube / Thealessandro360live
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田 秀樹
スージー鈴木の音楽解体新書、本当にコンパクトにまとまっていて分かりやすい。譜割り、転調、リフと来て次はいったい何だろう。早くも次作が楽しみすぎる。
2017/04/30 07:46
6
返信
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
18
1
9
8
3
僕たちムーンウォーカー世代、マイケルとブルース・リーが神だった
カタリベ / 鎌倉屋 武士
25
1
9
8
5
インエクセス ー マイケル・ハッチェンスの急逝とシングルカットの記憶
カタリベ / ソウマ マナブ
25
1
9
8
7
イジー・ストラドリン、ガンズ・アンド・ローゼズの曲作りの中心にいた男
カタリベ / 宮井 章裕
30
1
9
9
1
レニー・クラヴィッツ、オッサンの背中を押してくれるご機嫌なロックンロール!
カタリベ / 岡田 浩史
60
1
9
8
5
切れ味鋭いコピーライター、NOKKOは作詞家としてもっと評価されるべき
カタリベ / スージー鈴木
43
1
9
8
8
米米CLUBの「BEE BE BEAT」ー カールスモーキー石井の血液型は?
カタリベ /  ポリ