2021年 7月7日

RCサクセション「ラプソディー ネイキッド」完全版ライブのリマスターを聴いて驚け!

46
0
 
 この日何の日? 
RCサクセションのライブアルバム「ラプソディー ネイキッド・デラックスエディション」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 2021年のコラム 
氣志團から筒美京平へのラブレター、トリビュートアルバムにして集大成!

沢田研二ソロ活動50周年記念ライブ、歌われなかった「ロンリー・ウルフ」

田原俊彦「HA-HA-HAPPY」100%のエンターテイナーが放った74枚目のシングル!

亀田誠治の手腕、懐メロにはならない松本隆トリビュート「風街に連れてって!」

田原俊彦の飽くなき探究心、レーベルを超えた初のオールタイムベストがすごい!

伊藤蘭の “今” を表現した「Beside You」アグレッシブに攻めた本気のソロ活動

もっとみる≫



photo:UNIVERSAL MUSIC JAPAN  

リマスター&未発表音源集「ラプソディー ネイキッド」リリース


夜中に原稿仕事をしている。以前は週に一、二度くらい聞こえる程度だった救急車のサイレンの音が、今は夜ごと聞こえてくる。日中に聞く回数はもっと多いし、慣れたといえば慣れたのだが、それでも深夜にあの音が耳に飛び込んでくると胸騒ぎを覚えるし、搬送されている方の無事を祈らずにはいられない。

そんな2021年の夏、何かと落ちがちな気持ちをアゲてくれたのは、RCサクセション『ラプソディー ネイキッド・デラックスエディション』のリリースだ。

1980年、当時上り調子だったRCはキティ・レコード移籍後の最初のアルバム『ラプソディー』をリリース。これは同年4月の公演の模様を収めたライブアルバムで、当日演奏されたナンバーから9曲が収録された。その後、2005年にはこのライブを完全収録した『ラプソディー ネイキッド』がCD2枚組(プラス、このときのライブ映像を収めたDVD付き)でリリースされる。

『ラプソディー ネイキッド・デラックスエディション』は、この完全版ライブのリマスター2枚に、未発表音源集1枚を加えたCD3枚組だ。

衝撃的だった「ブン・ブン・ブン」勢いのある音はライブで収録!


中学生だった1980年に、映画『翔んだカップル』を見てRCを知ったのは、以前リマインダーに書かせていただいたとおり。そこにホンの一瞬流れていた「ブン・ブン・ブン」は本当に衝撃的だった。こんなにも攻撃的な歌い方をするシンガーが日本にいたのか! 歌っている忌野清志郎の名前も、このときインプットされた。

「ブン・ブン・ブン」を収めているアルバム『ラプソディー』は、ライブアルバムではあるが、同時にオリジナルアルバムでもあった。キティでシングル3枚をレコーディングしたものの、どうしてもライブの時のような勢いのある音にならない。ならばいっそのこと、ライブでレコーディングしてしまおうと、清志郎が考えたという。

アルバムは、まさに勢いのある音。ファンにはおなじみのオープニング曲にしてメンバー紹介曲「よォーこそ」からして前のめりだ。そして、それ以上に清志郎がつくる歌詞の世界に驚いた。“ダチ” “チキショー” “調子に乗ってるぜ”―― それまで音楽の教科書に載ってる歌やアニメソング、歌謡曲、せいぜいニューミュージック…… しか聞いたことがなかった中坊には、こんな言葉が歌詞として機能することに驚きを禁じ得なかった。

RCサクセション「ラプソディー」を卒業することなどできない


そんな中坊も2005年には中年に両足を突っ込もうとしていたが、『ラプソディー』を卒業することなどできやしない。

あのライブが完全版で出るなら、買うしかない! 買って聴いたら、さらに驚きがあった。ギターのチャボこと、仲井戸麗市による冒頭のMCが長い! 清志郎に “僕のGFです” と紹介されるソウルシスター、金子マリとの共演がスゴい! 後にレコーディングされた「お墓」が、この頃からすでに演奏されている!

…… とまあ、ビックリマークを打つのが疲れてくるほど、エキサイトさせられた。付属のDVDは、1994年にVHSでリリースされた映像のDVD化だが、こちらも改めて見ると、会場の異様な熱気が伝わってくる。当たり前だが、清志郎もチャボも若い!

ちなみに、オリジナル『ラプソディー』のレコードの帯には「こんなイカシタやつらと同じ時代、同じ国に生きてるなんて素敵じゃないか!」というキャッチコピーが記されていた。

25年を経て『ラプソディー ネイキッド』で初めて聴いた曲「まりんブルース」で、金子マリは「こんな素敵なやつらが、そばにいるんだぜ」と歌っているが、このコピーはここから拝借され、アレンジされたのか!と、目からウロコでもあった。

デラックスエディションのお蔵出し音源も驚きの連続


そして今、2021年の『ラプソディー ネイキッド・デラックスエディション』だ。正直、我が家にはポンコツオーディオしかないので、リマスターで聴くことには、あまりこだわりがない。が、『ラプソディー ネイキッド』で世に出た「スローバラード」をはじめ、音数の少ないゆったりしたナンバーほど音がくっきりと聞こえ、叙情を盛り立てる。まあ、これはあくまでポンコツオーディオで聴いた感想ですが……。

それより何より、お蔵出し音源のディスク3は、またも驚きの連続。『ラプソディー』と同年の東京・晴海でのライブ音源「よォーこそ」はスタッフが興奮した観客を制止するMCも入っており、当時のRCがどれほど勢いづいていたがうかがえる。「ボスしけてるぜ」が有線で放送禁止になった話を語る清志郎の反骨MCも、「キモちE」の替え歌「いそがC」も面白い。

この原稿を書きながら、改めて『ラプソディー ネイキッド・デラックスエディション』を深夜に鳴らしているが、今の気持ちにいちばん引っかかったのは、問答無用の名曲「スローバラード」だ。

 カーラジオからスローバラード
 夜露が窓を包んで
 悪い予感のかけらもないさ

悪い予感のかけらもない、そんな夜はずいぶんとご無沙汰になってしまった。でも、ありがたいことに、この原稿を書いている今夜はまだ救急車のサイレンの音を耳にしていない。


2021.08.30
46
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
12
2
0
0
8
RCサクセションが聴こえる — 2008年の奇跡、忌野清志郎 完全復活祭
カタリベ / 海老沼 大輔
35
1
9
8
0
仲井戸麗市の「雨あがりの夜空に」RCサクセションの野音は特別だった
カタリベ / 佐々木 美夏
29
1
9
8
8
RCサクセション「COVERS」忌野清志郎の作詞家としての力量をみよ!
カタリベ / 前田 祥丈
60
1
9
8
0
永六輔と忌野清志郎、80年代に蘇った日本の有名なロックンロール!
カタリベ / 太田 秀樹
31
1
9
8
1
RCサクセション「BLUE」ー 熱狂と孤独、その向こう側にある一筋の光
カタリベ / 本田 隆
49
1
9
8
8
空腹との戦い。ジョニー・サンダースと忌野清志郎と五目あんかけラーメンと
カタリベ / ロニー田中