9月3日
ジョージ・マイケルから託された言葉「偏見を捨てよ、耳を澄ませ」
101
1
 
 この日何の日? 
ジョージ・マイケルのアルバム「リッスン・ ウィズアウト・プレジュディス VOL.1」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1990年のコラム 
CBSの「カープールカラオケ」番組ヒットの功労者はマライア・キャリー!

これぞパーティーロック、武道館でモトリー・クルーと踊りまくった夜

東京ドームのデヴィッド・ボウイ、これが最後の「ロックンロールの自殺者」

東京五輪に向け生まれ変わる街、消えゆく風景と井上陽水のTokyo

まさにやりたい邦題!リゲインブームからの「アゲイン/明日への誓い」

プリティ・ウーマンという映画、そしてプリティ・ウーマンという2つの曲

もっとみる≫

photo:georgemichael.com  

2016年のクリスマス、ジョージ・マイケルが主の御許へと旅立ってしまった。この「リマインダー」にも哀悼の言葉が並んでいることだろう。

もちろんジョージ・マイケルといえば『ラスト・クリスマス』であり、「ワム!」であり、80年代に彗星のように登場しポップスターの頂点を極めたことは、もはやここでは触れない。

エイティーズのアイコンになった彼が90年代の幕開けに放ったまさかのタイトルのアルバムが『LISTEN WITHOUT PREJUDICE VOL.1』である。

『聴け。偏見を捨てよ』とんでもない題名だ。前作『FAITH』で、この人は単なるアイドルではない、と誰もが知ったのだが、『FAITH』は彼のポップな顔とアーティスティックな側面がバランスし、全世界で2,500万枚も売れた。

だが、このアルバムで彼はジャケットにすら自分の肖像を使わせなかった。写真は、ウィージーという愛称で知られるアーサー・フェリグの、ニューヨークのコニーアイランドの海水浴場に集う人たちの古い作品だ。ウィージーは社会問題を捉え続けた写真家だ。なぜこんな写真がジャケットなのか、誰にもわからない。すべてにおいて先入観なしで聴いてもらいたい、そんな姿勢がここにも現れている。

結果、アルバムで大儲けする目論見が外れたレコード会社と彼は、長年にわたる裁判に突入する。この事実こそが、彼がこのアルバムを世に問うた意味を象徴している。

「偏見なく聴け」と問われるいきなりの一曲目『Praying For Time』。彼は歌う。YouTubeにもアップされ、もっとも再生されたのは「歌詞のみ」のビデオだ。ぜひ読んでほしい。


貧しき人と すべてを買える人間の時代
富める者は自らを貧しいと言い張り
どれだけ物を持っても それが必要なのかさえわからない
神は裁くことを諦め 裏口から出て行ってしまった
愛することはむずかしく 憎むことはたやすい
もう遅すぎるのか 祈るしかないのか


この険しさはどうだ。この厳しさはどうだ。魂の底が震えるような罪への意識はどうだ。神の裁きを待つ諦めは、その静かさはどうだ。贖いとは何か。祈りとは何か。

このアルバムが出た1990年、それは人類が最も幸福だった80年代が終わり、グローバリズムが世界を覆い始め、人間の心が自由を失い、精神の統合がはかれなくなる、終わりの始まりの年だった。

だが、2曲目の『Freedom!’90』を続けて聴き、そしてジャケット写真にもう一度目をやってほしい。そこに集う人間、人間、人間の表情。そしてどうすれば自分たちの自律を、個を取り戻すか。ジョージは全力の序破急を私たちに提示する。これは2017年にこそ、聴かなければならないアルバムだ。あれから四半世紀を経て、わたしたちの戦いは、より一層困難になり、わたしが誰であるか、あなたは誰であるか、そこに人間はいるか、それは統合されているのか、確かめることは険しさと厳しさを増している。

ジョージ自身が「偉大な作品を作りたかった」と率直に述べたこのアルバムを、のちにリアム・ギャラガーは「彼の中にジョン・レノンがいる」と言い、スティーヴィー・ワンダーは「神がくれた贈り物だ」と語っている。

ジョージは裏口から出て行った神を追いかけて去ってしまった。私たちの手にはそのバックドアからかすかに聴こえるこのアルバムが残されている。偏見を捨てよ、耳を澄ませと。

2017.01.15
101
  YouTube / georgemichaelVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1970年生まれ
ジャン・タリメー
稀代のメロディーメーカー、「エイティーズのアイコン」以上のものを見ていなかった自分が恥ずかしくなりました。ロックを真摯に捉え本質を見据える大切さを思い知らされました。すぐに聴いてみようと思います。有難うございました。
2017/01/15 22:53
1
カタリベ
1969年生まれ
田中泰延
コラムリスト≫
54
1
9
8
3
拝啓 ジョージ・マイケルさま、やっぱりあなたは天才でした
カタリベ / DR.ENO
12
1
9
9
7
時を止めるな!ビートルズ以降を鳴らそうとしたオアシスの世代
カタリベ / 浅井 克俊
46
1
9
8
5
きっかけはジョージ・マイケル、カープールカラオケはここから始まった!
カタリベ / 中川 肇
49
1
9
8
7
ただの色物ではない、ジョージ・マイケルは稀代の天才メロディメーカー
カタリベ / 中川 肇
21
1
9
9
1
スーパーソニックは僕らとオアシスのドキュメンタリー!
カタリベ / 浅井 克俊
25
1
9
8
7
ジョージ・マイケルとマイケル・ジャクソン、透明ランナーはどっち?!
カタリベ / 時の旅人
Re:minder - リマインダー