3月24日

これぞ親の七光り?最盛期のMJを客演させたロックウェルのオヤジは誰?

22
0
 
 この日何の日? 
ロックウェルのシングル「ウォッチング・ミー」がビルボードHOT100で2位になった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
映画「フットルース」の勢いを利用して、ケニー・ロギンスのブレイクを狙え!

みんなの洋楽ナイト — 80's の空気感、時代を席巻した煌びやかな LAメタル

これぞ80年代!若い世代に聴いて欲しい【LAメタル】名曲ランキング

航空ドラマに駄作なし! スチュワーデス物語の主題歌にみる本当の主役とは?

早見優「誘惑光線・クラッ!」衝撃を受けたタイトルと歌い出し、なんだこの曲は!

音楽が聴こえてきた街:新宿ロフトで観た「暴威 BOØWY」と一筋の光

もっとみる≫



photo:Discogs  

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味vol.36
Somebody’s Watching Me / Rockwell


親が超有名人、あるいは著名な成功者・功労者で、その息子や娘がミュージシャンデビューする際に、“親の七光り” アーティストと揶揄されるのは、いつの世にもしばしば見られる現象だ。

もちろんナタリー・コール(父親がナット・キング・コール)のように確たる実力の下に七光りを払しょくして大成したアーティストもいるが、親がビッグネームであればあるほど、残念ながらそのようなケースには至っていない場合が多い。そして80年代最大の “親の七光り” ヒットといえば、ロックウェルの右に出る者はいない。

80年代ならば、かのジョン・レノンの第1子ジュリアン・レノンを思い出す方も多いかもしれないが、彼は「ヴァロッテ」(85年9位)、「トゥー・レイト・フォー・グッバイ」(85年5位)といったトップ10作品を筆頭に、80年代を通していくつかのヒットソングを残している。

そしてジュリアンは、最初こそ “ジョンの息子” という鳴り物入りデビューだったかもしれないが、ほどなくして実力派シンガーソングライターの立ち位置を自らの手で手繰り寄せていたといえよう。

だとすれば、80年代34番目に誕生したナンバー2ソング、ロックウェルの「ウォッチング・ミー(Somebody’s Watching Me)」(84年3~4月3週2位)は、やはり80年代最大の “親の七光り” ヒットということになるだろう。

ロックウェルことケネディ・ゴーディは、かのモータウン・レコードの創設者ベリー・ゴーディJr.の息子である。モータウン創立25周年(1983年)に合わせたかのようにお披露目され、デビューシングル「ウォッチング・ミー」は結果としてビルボードのシングルチャート最高位2位の大ヒットとなった。

正直、シンガー、タレントとしては中庸レベルのロックウェルが、名門モータウンからリリースされたのは、七光りが発動された以外の何物でもない。

そしてこの曲のヒット要素として避けては通れないのが、サビで印象的フレーズを歌うマイケル・ジャクソンことMJの客演参加だ。クレジットがあるわけではないものの、いちばん目立つサビの歌声は誰が聴いてもMJとわかる。

84年の1月~2月、ロックウェルの「ウォッチング・ミー」がチャートを上昇していた頃といえば、MJの「スリラー」のPVが公開された時期と重なる。

アルバム『スリラー』は、史上最大のセールス記録を打ち立てつつあり、ポール・マッカートニーとのデュエット「セイ・セイ・セイ」がぶっちぎりのナンバーワンとなった直後、MJがスーパースターとして君臨したある意味ピークともいえる時期であった。

そんなタイミングで、新録されたマイケルの歌声が投下されたのだから…「ウォッチング・ミー」のヒットは、ある程度約束されたようなものだった。

もちろん、イギリス訛り風に歌ったロックウェルのアイディア(出自を隠すため)や、楽曲自体の雰囲気が時代にマッチしていたという側面もあるが、「ウォッチング・ミー」のヒットには、MJの参加を含む “親の七光り” が少なからず機能していたのは明白だ。

6歳年上のマイケルとは幼馴染であり、ロックウェルの音楽的才能を見抜いたマイケルがデビューにあたって客演に至ったというストーリーもまた大きな意味で “親の七光り” がいろいろな場面で利いていたということだ(兄・ジャーメインも参加)。

ロックウェルは、もう1曲「オブシーン・フォン・コーラー」(84年35位)がトップ40ヒットを記録、80年代に3枚のアルバムを残している。


■Somebody’s Watching Me
(84年3~4月3週2位)

■Thriller
(84年4位)

■Say Say Say
(83年12月~84年1月1位)

2017.08.25
22
  YouTube / RockwellVEVO 
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
23
1
9
8
7
YMOのビハインド・ザ・マスク、エリック・クラプトンが何故?
カタリベ / 鎌倉屋 武士
31
1
9
8
5
大切な音楽の記憶、父と聴いたあの曲とタワーレコード横浜元町店
カタリベ / ユリンベ
47
1
9
7
9
MTV誕生前夜、プロデューサー「クインシー・ジョーンズ」の面目躍如
カタリベ / 中川 肇
9
1
9
8
7
松田聖子も選んだロビー・ネヴィル、決して「セ・ラ・ヴィ」だけじゃない!
カタリベ / KARL南澤
36
1
9
8
4
マイケル・ジャクソンのアルバム「スリラー」から生まれた名作ミュージックビデオ
カタリベ / DR.ENO
49
1
9
8
0
80年代は洋楽黄金時代【ギターリフ TOP5】ギターはまだ終わってない!
カタリベ / 中川 肇