11月26日
松任谷由実の名曲に、バブリーな時代の息苦しい記憶
28
1
 
 この日何の日? 
松任谷由実のアルバム「Delight Slight Light KISS」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
緑の髪の少女「グリーン・レクイエム」鳥居かほりと久石譲に魅せられて

嗄れた声は狂暴化、トム・ウェイツが最も過激で実験的だった時代

渋谷、西麻布、六本木… 新時代の到来を告げたバーシアとJ-WAVEの開局

氷室京介の本質、シングルB面はデヴィッド・ボウイとモップスのカヴァー

魁!!男塾、アニメの放送が『打ち切られちまった悲しみに…』!?

ガンズ&ローゼズがやって来た!女豹気分で挑んだ初来日公演はたったの…

もっとみる≫

photo:フォト蔵  

80年代は松任谷由実をよく聴いた。レコード(CD)も聴いたし、テレビでも、街にもよく流れていた。東京にいても海に行ってもスキーに行っても、ユーミンの声が聴こえてきた。ただ聴こえてきたということじゃなくて、彼女の歌詞は、届けたい相手をはっきり見定めて書かれているようなところがあるから、ストーリーが重なったときの「この歌!」感がハンパなくて、よけいに印象に残っているのかもしれない。

たとえば、もしあなたが「NO SIDE」を聴いた頃にラグビーに関係していたなら、その歌詞を聴いただけで心が熱くなっただろうし、「青春のリグレット」を聴いた頃につらい別れを経験していたならサビのフレーズが耳について離れなくなっただろうし、親友の結婚に寂しさを感じている頃に「続・ガールフレンズ」を聴いたら、わけもなく泣けてきたんじゃないかと思う。

ぼくのきわめつけは、「リフレインが叫んでる」だった。1988年11月28日に発売された『Delight Slight Light KISS』の最初に収録されていた曲だ。シングル曲でもないのに、とにかくよく耳にした記憶があるが、実際はどうなんだろう?

 どうして どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう ♪

マイナーでドラマチックなイントロに続いて、そんな歌詞が始まる。

 どうして どうして私達 離れてしまったのだろう ♪
 どうして どうしてできるだけ やさしくしなかったのだろう ♪

株価も土地もまだまだ値上がり続けていた脳天気でバブリーな時代だったが、そんな空気をよそに、息苦しい恋愛の記憶が、ユーミンの名曲とともに切なく胸に残っている。

2016.03.06
28
  YouTube / 松任谷由実


  YouTube / 松任谷由実


  YouTube / 松任谷由実
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1959年生まれ
藤本真
コラムリスト≫
33
1
9
8
0
【R.I.P.】時のないホテル、ユーミンが松原正樹に頼った動かぬ証拠がコレだ!
カタリベ / @0onos
48
1
9
8
2
1982年夏の最強タッグ、ユーミンと聖子がいなかったら夏休みは始まらない
カタリベ / 親王塚 リカ
17
1
9
8
1
日本の夏と、ユーミンと。「夕闇をひとり」は真夏の夜のミステリー
カタリベ / ミスターZ
20
1
9
8
4
ノストラダムスの大予言、恐怖の大王から僕を救ってくれたのはユーミン!?
カタリベ / 鎌倉屋 武士
43
1
9
7
8
ユーミンサウンドとオトナの胸キュンドライブ「埠頭を渡る風」
カタリベ / 稲田 雪路
27
1
9
8
0
まさかの出入禁止!ユーミンに怒られた「ワンダフルcha-cha」制作顛末
カタリベ / 福岡 智彦
Re:minder - リマインダー