6月5日
追悼:永六輔、RCサクセションが蘇らせた日本の有名なロックンロール!!
49
3
 
 この日何の日? 
RCサクセションのライヴアルバム「ラプソディー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
デイヴィッド・カヴァデールは僕の中に君臨するNo.1ヴォーカリスト!

ジューシィ・フルーツのイリアは日本の女性ロック史におけるキーパーソン

キンクスのライヴ盤「ワン・フォー・ザ・ロード」に叱られた中学生!

名曲が生んだ、実在するリアル「順子」のハッピーエンドな物語

私の中の残念な記憶「コール・ミー」と「ワタシニ、デンワシテ、クダサイ」

【R.I.P.】時のないホテル、ユーミンが松原正樹に頼った動かぬ証拠がコレだ!

もっとみる≫

photo:OKMusic  

永六輔が亡くなった。

テレビ局や街角で何度かすれ違ったことはあるものの、当然話をしたことはない。だけれども僕は永六輔のことをずっと師匠だと思って生きてきた。そう、かなり一方的に。

永さんが活躍を始めたテレビ黎明期の話はいろんなところでチェックしていたし、永さんが出演したテレビ番組もほとんど見続けた。80年代でいうとNHKの「テレビファソラシド」、90年代なら日テレの「2×3が六輔」といったレギュラーは毎週欠かさなかったように思う。

そうは言っても、著書はありすぎて全部をフォローすることなどできず、ラジオに至ってはTBSの月-金ベルトが50年も続いていて、さすがに追いかけることなんて不可能。まあ、全くもって出来の悪い(勝手な)弟子ではあるのだが、永さんのヴァイタリティには頭が下がるどころの話ではない。向こうに行ってもゆっくりなんてしないんだろうな、この人は。

そんな永さんの功績は至る所で数多く語られるだろうが、やはり「上を向いて歩こう」について語らないわけにはいかない。作詞が永六輔、作曲は中村八大、歌が坂本九という、六八九トリオの作品である。

ご承知のこととは思うが、後にも先にも日本語でビルボードチャートの1位を獲得したタイトルはこの曲しか存在しない(このあたりの詳細については、佐藤剛さんの書かれた「上を向いて歩こう」という素晴らしい書籍が上梓されているので、興味のある方はぜひ手に取ってほしい)。

そして、この「上を向いて歩こう」を80年代に蘇らせてくれたのが、なんといってもRCサクセションの忌野清志郎。

僕より下の世代になると、オリジナルよりRCのカヴァーを先に聴いた人が圧倒的に多いのではないだろうか。初出は79年のシングル「ステップ!」のB面であったが、多くの人に知られるようになったのは翌年にリリースされたライヴアルバム『ラプソディー』に収録されてからだろう。

当時、破竹の勢いでライヴを重ねていたRCだけに当然と言えば当然かもしれないが、シングルのスタジオヴァージョンよりライヴ盤の方が断然カッコイイ。

なぜなら、清志郎はこの曲をライヴで歌う前に、必ずこんなMCをつけて歌い始めるからだ。


 日本の有名なロックンロール!!
 ワン!トゥー!ワン、トゥー、さん、し!

 ジャカジャーン! 


しかしながら80年当時、「え? この曲ってロックンロールなの?」という思いがあったことも少なからず事実である。時代が成熟していなかったせいもあるし、坂本九だって “芸能界の気さくなニキビおじさん” くらいにしか思っていなかった。

当時のロック的価値観と「上を向いて歩こう」をロックンロールで直結できたリスナーは少なかったはずだ。でも清志郎はそんな時代から「この曲の持つ底知れないパワー」を見抜き、その後30年にわたって、必ず「日本の有名なロックンロール!!」と叫んでから歌い続けた。

そんな清志郎がいたからこそ「上を向いて歩こう」はロックンロールであるというイメージが浸透し、この曲の持つ本来のポジションに収まっていったような気がする。他に素晴らしい名唱もたくさん存在しているが、そのほとんどがバラード調。未だかつてこのRCサクセション(忌野清志郎)のカヴァーを超える解釈に出会ったことはない。

2016年夏、清志郎はいない。坂本九も中村八大もそして永六輔も。でも、肉体は消えても名曲は残り、これからも多くのミュージシャンに歌い継がれていくはずだ。

2016.07.15
49
  YouTube / gucchi


  YouTube / Vinicio Arturo Báez Velásquez
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1984年生まれ
マイ
3.11のあと、サントリーがこの曲を使ってCMを流しましたね。タレントやミュージシャンがメドレーで曲を紡いでいくバージョン。賛否両論ありましたが、私はすごくいい試みだったと思っています。
https://www.youtube.com/watch?v=p8ZA3IvZnCo
2016/07/15 17:52
2
返信
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
テイストオブハニーがカヴァーしたスキヤキ(1981年、US最高位3位)を思い出しました。世界で最も知られている日本の名曲。1980年代に再びヒットし、その楽曲の良さを再認識させてくれました。ただ永六輔さんの歌詞が完全にラヴソングに変えられてしまっているナンチャッテ感にがっくり。そして、最後に「SA・YO・NA・RA」というセリフ。コチラは何気に演歌風の英語詞です。
https://www.youtube.com/watch?v=HwkKDyKqCQw

追記。2020年の開会式に是非使って欲しいですネ。
2016/07/15 07:38
0
返信
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
28
1
9
8
0
仲井戸麗市の「雨あがりの夜空に」RCサクセションの野音は特別だった
カタリベ / 佐々木 美夏
14
1
9
8
8
1988年、RCサクセション、ブルーハーツ、佐野元春、そしてミュートビート
カタリベ / 太田 秀樹
22
1
9
8
0
夏休みにRCサクセションを教えてくれたのは薬師丸ひろ子だった!
カタリベ / ソウマ マナブ
75
2
0
0
8
福生のテーラー「K.ブラザーズ」真っ赤な夕焼けと清志郎の後ろ姿
カタリベ / inassey
31
1
9
8
7
ヒルビリーバップスの宮城くん、51歳になったきみの歌を聴きたかったよ
カタリベ / 佐々木 美夏
20
1
9
8
4
LAメタルのいぶし銀、カヴァーも達者なグレイト・ホワイト
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー